招致委員会会長・森喜朗の声明

11月18日未明、アイルランド・ダブリンにてIRB(国際ラグビーボード)は、「2011ラグビーワールドカップ」の開催国がニュージーランドに決定したことを発表いたしました。

(財)日本ラグビーフットボール協会は、2011ラグビーワールドカップの開催権をニュージーランド(NZ)が獲得されたことに同じゲームを戦ったプレーヤーとしてお祝いを申し上げます。

また、残念な結果となりましたが、これまで日本の招致活動をご支援いただいた多くの関係者、スポンサーの皆様、そしてラグビーファンに改めて感謝する次第です。

この結果を受けて日本ラグビー協会2011ラグビーワールドカップ日本招致委員会会長・森喜朗は以下のように声明しております。

「私たちは、ニュージーランド(NZ)が開催権を得られたことにお祝い申し上げます。そして、私たち日本がNZのような伝統のある偉大なラグビーの国と競い合えたことを、大変光栄に思います。
しかしながら、IRB(国際ラグビーボード)が、ラグビーがグローバルスポーツになる大きなチャンスであり、世界がそのことを強く求めていたこの招致において、私たち日本を選ばなかったことには大変残念に思っております。私たちは、招致活動の機軸としました、この素晴らしいラグビーを世界のスポーツに成長させる営みは今後も力強く継続して参ります。
今回の経験も糧としまして、日本代表チームの強化、日本、そしてアジアでのラグビーの発展、私たちのスクラムに加わってくれる新しいラグビーファンを作るための努力をして参ります。
今回の結果にうつむくことなく日本ラグビーは世界のラグビーの未来を歩んでいきます」

RELATED NEWS