プレーヤーのジャージに関する形状について(通達)

平成20年2月7日
日本ラグビーフットボール協会

副会長・専務理事 真下昇


昨年4月12日付日ラグ協発第07-027で前立のない形状のジャージ着用については認めておりませんでしたが、平成20年4月から下記の通り着用も可といたします。ただし、襟は従来通りの形状を厳守するようご指導ください。
なおプレーヤーの服装につきましては、競技規則第4条を遵守のうえでのご対応いただけますようお願い申し上げます。



【ジャージの襟】

  • ジャージの襟は、縦型の場合、高さを35mm以上とする。(厳守)

【ジャージの前立】

  1. 前立のないジャージも着用可とする。(新規)
  2. 前立のある場合は、従来通り長さは100mm〜150mmとする。(厳守)

【ジャージの素材】現規定通り

  • 着用するジャージの素材については、衣類として使用できうるものであれば可とする。

【ジャージの前立付きボタン】【ジャージのサイズ】については規定を設けない。

参考図

前立のないジャージの形状(襟は従来通り)
前立のないジャージの形状(襟は従来通り)

従来ジャージの襟・前立の形状
従来ジャージの襟・前立の形状

(2008.2.14)

RELATED NEWS