レフリー活動報告2008-1

レフリーの「HSBCアジア五カ国対抗」 日本協会所属の各レフリーも、海外の様々な大会で活躍中です! 今後その活躍を随時皆様にもご紹介してまいります。 まずは、現在行われている「HSBCアジア五カ国対抗」で、アラブ首長国連邦(UAE)に派遣された谷口レフリーの状況をご報告します。 谷口かずひとレフリーがアジア五カ国対抗のレフリーに選出され、4月23日から27日までアラブ首長国アブダビにアジアパネルレフリーとして派遣されました。試合はアラビアンガルフ代表対香港代表のレフリーを努めました。 試合当日の気温は15時現在で41.5度とラグビーの試合をする環境としては最悪の状況でしたが、谷口レフリーは事前に現地の気候状況を調査したり、現地到着後直ちに暑さになれるためのトレーニングを行ったりして無事に試合を担当することができました。 結果は12対20で香港代表が勝利を収めましたが、レフリングに対しては両チームから賞賛を受けたとのことです。また、今回、この大会は第一回目ということもあり、様々なハプニング続きであったようですが、見事な対応能力でレフリングのパフォーマンスを落とすことなくゲームのコントロールができていたようです。 アジア五カ国対抗には谷口レフリーのほか、相田レフリー、平林レフリー、原田レフリーがレフリーとして、麻生レフリー、大槻レフリーが第1TJとしてアポイントされており、レフリーも国際舞台での活躍が増えつつあります。 今後もこのような活躍をどんどんお伝えします!!
 
U20の合宿に合わせて、レフリーも研修 去る、3月29日、鹿児島にて行われたU20の第一次セレクション合宿の機会を利用し、現地の若手レフリーを対象に、IRBパネルレフリーである平林レフリーを講師に迎え、レフリング研修を下記のよう実施いたしました。 今回の取組は、三地域とATQプロジェクトの連携の一貫として企画実施したものであり、地方の若手レフリーにとっては、トップレフリーとの情報・意見交換の場として非常に有意義なものでした。 今後も各種機会をとらえ、このような取組を継続してゆく予定です。
<研修会の概要>
会場: 鴨池運動競技場内 1階会議室
日時: 2008年3月29日 9:00から12:00
参加: 鹿児島県レフリー 9名宮崎県レフリー  1名
研修内容:
  1. ゲーム理解 ・ラグビーの原理原則・ラグビー憲章・安全対策
  2. レフリング技術 ・タックルについて・ラックについて・レフリーポジショニング・レフリーコミュニケーション
  3. 実技セレクションマッチにて、A2レフリー細樅氏がレフリー担当し、その他のレフリーにてタッチジャッジを担当し、室内講義にて習得した知識について確認した。
今回の研修会については、U20日本代表のセレクション合宿と並行して鹿児島県ラグビー協会からのリクエストがあり、実現した。 参加者の中には、これからレフリー活動に専念しようと志す自衛官も参加し、非常に熱心な取り組みが印象深かった。 また、研修会の最後には、引き続き他の項目についてや、今回参加できなかったレフリーたちのためにも継続して研修会を実施して欲しいとの要望があった。
講義をする平林レフリー 実際のゲームの映像を使って
講義をする平林レフリー 実際のゲームの映像を使って
 
実演も交えながら説明する 今回の参加者(U20スタッフ)
実演も交えながら説明する 今回の参加者(U20スタッフ)
 

RELATED NEWS