平林レフリーの「コブラ国際テンズ」リポート

11月1日・2日にマレーシアにて行われました「コブラ国際テンズ」にて、決勝戦のレフリーを担当した平林泰三(日本協会A級)レフリーからコブラテンズのリポートが届きましたので、ご紹介いたします。「コブラ国際テンズ」は、10人制ラグビーの国際大会のひとつです。
11月2日にマレーシアで行われた「コブラ国際テンズ、カップ決勝」で笛を吹いてきました。 本大会は、世界3大テンズ大会のうちの1つで、16チームが参加。2008年エアニュージーランドカップを優勝したばかりのカンタベリー(NZ)や、南アフリカのボーダコムカップレベルのチームなど、強豪チームが40度を超える気温の灼熱環境の中で熱戦を繰り広げました。 私が担当した決勝の対戦は、コブラ・インビテーションズ対ノースハーバー。非常にフィジカルでスピーディーな決勝で、レフリングの観点からも非常にマネジメントが難しい試合でした。(結果:12-5) この結果により、ホストチームのコブラクラブは、国際テンズ初のカップ優勝を果たしました。
コブラ国際テンズ
 
コブラ国際テンズ
 
コブラ国際テンズ
 
コブラ国際テンズ
 
コブラ国際テンズ
 

RELATED NEWS