麻生彰久レフリー(日本協会公認 A級)ご子息「修ちゃんを救う会」募金活動開始のお知らせ

麻生修希くんへの募金活動にご協力お願いいたします。

日本協会公認A級・麻生彰久レフリー(コカ・コーラウエスト所属)のご子息、修希くん(2歳)は、2008年10月に誕生、生まれつき心疾患があり、総動脈幹症と診断されました。その後、2回の手術を何とか乗り越えたものの拡張型心筋症の状態となり、今年8月には重度の心不全におちいりました。

拡張型心筋症は、心臓の筋肉が拡張し薄くなり心機能が悪化し続け、やがては死に至る特定疾患指定の難病で、修希くんのように病状が進めば、心臓移植以外に助かる途がありません。修希くんはこれまで幾度となく入退院を繰り返し、現在はうっ血性の心不全の状態が続き、水分の摂取制限と薬物投与にて九州大学病院に通院、加療しています。しかし、病状は日に日に悪化しており、早急な心臓移植が必要です。

2010年7月の改正臓器移植法施行で、日本でも15歳未満の臓器提供が法的に認められるようになり、修希くんも日本循環器学会から心臓移植適応患者の認定を受けました。しかし、修希くんの心臓移植には、修希くんとドナーの心臓の大きさが同等でなければなりません。小児のドナーがまだ1例も出ていない日本で移植を待機していて、修希くんが助かる可能性は殆どありません。そこでやむを得ず、米国のロマリンダ大学小児病院へ修希くんの救済をお願いしました結果、受け入れの内諾を頂くことが出来ました。

米国での心臓移植は、1億円を超える費用がかかりますが、健康保険などの公的サポートが一切ないため、とても個人でまかなえる金額ではありません。

財団法人日本ラグビーフットボール協会としては、ラグビーの「仲間」として、そして、「FOR ALL」の精神のもと、修希ちゃんの命をつなぐため、元気になってもらいたく、『修ちゃんを救う会』の募金活動に協力していきます。

募金活動は、10月30日(土)に、秩父宮ラグビー場(東京都港区北青山)で開催いたします「リポビタンDチャレンジ2010 日本代表対サモア代表」戦を皮切りに開始いたします。
今後の活動としては、日本協会主催試合(ジャパンラグビー トップリーグ、全国大学選手権、日本選手権他)、また、関東協会、関西協会、九州協会主催試合会場にて募金活動を実施していく予定です。

会場内にて、募金活動を行いますので、是非、ご観戦されるお客様にもご協力を賜りたく存じます。何卒宜しくお願い申し上げます。

■修ちゃんを救う会
修ちゃんを救う会
 公式サイト

http://syu-chan.com/index.php
 チラシをダウンロード(PDF)
修ちゃんを救う会事務局 〒813-0018
福岡県福岡市東区香椎浜ふ頭1丁目2番8号
TEL.FAX. 092-672-4107

お振込みでの募金も可能となっております。
是非、ご協力くださいますよう、お願い申し上げます。
口座名「修ちゃんを救う会」 シュウチャンヲスクウカイ
ゆうちょ銀行 記号 17450 口座番号 93472931
ゆうちょ銀行
※他金融機関からの振込
店番748 普通 口座番号 9347293
西日本シティ銀行 本店営業部 普通 口座番号 2471345
福岡銀行 本店営業部 普通 口座番号 6085455
三菱東京UFJ銀行 福岡支店 普通 口座番号 0422346
三井住友銀行 福岡支店 普通 口座番号 7454743

10月30日、日本代表 vs サモア代表戦が行われた秩父宮ラグビー場での募金の様子。左から、日本代表の立川選手(東芝ブレイブルーパス)、日本代表の田邊選手(三洋電機ワイルドナイツ)、コカ・コーラウエストレッドスパークスの向井監督、相田レフリー
10月30日、日本代表 vs サモア代表戦が行われた秩父宮ラグビー場での募金の様子。左から、日本代表の立川選手(東芝ブレイブルーパス)、日本代表の田邊選手(三洋電機ワイルドナイツ)、コカ・コーラウエストレッドスパークスの向井監督、相田レフリー

RELATED NEWS