東日本大震災による練習環境の変化に対しての安全対策について

安全対策委員長
渡辺 一郎

この度の東日本大震災で被災された皆様に、深甚なるお見舞いを申し上げますとともに、尊い命を失われた方々と、そのご家族の皆様に対し心からお悔やみ申し上げます。また、救援並びに被災地復興にご献身されておられる皆様に深く感謝し、敬意を表するものです。

地震津波による練習場被災に加え、その後、併発した原発事故に起因する電力不足も加わり、多くの自治体・学校関係のグラウンド使用や夜間使用が制限されております。

日本ラグビーフットボール協会はラグビーを競技する人たちの安全対策の視点から、こうした練習環境が万全でない状況下での練習中や試合中の怪我・傷害を危惧しております。どうか練習および試合に際しては、充分な準備の上でプレーに臨まれますよう、お願い申し上げます。

重傷事故を減少すべく、皆様のさらなるご努力とご協力を再度お願いいたします。

RELATED NEWS