8.21「日本代表 vs アメリカ代表」日本代表出場予定メンバー

RWC2011NZ大会壮行試合  対アメリカ代表戦
(8月21日 19時00分KO)
日本代表出場予定メンバー
ポジ
ション
posi
tion
選手名
Name
所属チーム
Club Team
年齢
Age
出身校
Graduate
身長
HT
(cm)
体重
WT
(kg)
生年月日
D.O.B
キャ
ップ
Caps
1 川俣直樹
Naoki KAWAMATA
パナソニック ワイルドナイツ
Panasonic Wild Knights
25 明治大学
Meiji Univ.
184 118 1985/10/31 16
2 青木佑輔
Yusuke AOKI
サントリーサンゴリアス
SUNTORY Sungoliath
28 早稲田大学
Waseda Univ.
176 95 1983/6/19 20
3 藤田 望
Nozomu FUJITA
ホンダヒート
HONDA Heat
26 中央大学
Chuo Univ.
191 118 1984/10/2 9
4 大野 均
Hitoshi ONO
東芝ブレイブルーパス
TOSHIBA Brave Lupus
33 日本大学
Nihon Univ.
192 105 1978/5/6 50
5 トンプソン ルーク
Luke THOMPSON
近鉄ライナーズ
KINTETSU Liners
30 リンカーン大学[NZ/日本]
Lincoln Univ.
196 109 1981/4/16 33
6 バツベイ シオネ
Sione VATUVEI
パナソニック ワイルドナイツ
Panasonic Wild Knights
28 拓殖大学[TGA/日本]
Takushoku Univ.
189 100 1983/3/14 4
7 西原忠佑
Tadasuke NISHIHARA
パナソニック ワイルドナイツ
Panasonic Wild Knights
23 明治大学
Meiji Univ.
183 97 1988/1/2 2
8 菊谷 崇
(キャプテン)
Takashi KIKUTANI
トヨタ自動車ヴェルブリッツ
TOYOTA Verblitz
31 大阪体育大学
Osaka University of
Health And Sport Sciences
187 100 1980/2/24 43
9 吉田朋生
Tomoki YOSHIDA
東芝ブレイブルーパス
TOSHIBA Brave Lupus
29 東海大学
Tokai Univ.
172 78 1982/2/22 23
10 マリー・ウィリアムス
Murray WILLIAMS
豊田自動織機シャトルズ
TOYOTA Industries Shuttles
29 オークランド大学[NZ]
Auckland Univ.
180 86 1982/6/27 2
11 小野澤宏時
Hirotoki ONOZAWA
サントリーサンゴリアス
SUNTORY Sungoliath
33 中央大学
Chuo Univ.
180 85 1978/3/29 63
12 ニコラス ライアン
Ryan NICHOLAS
サントリーサンゴリアス
SUNTORY Sungoliath
32 オタゴ大[NZ/日本]
Otago Univ.
192 100 1979/5/23 31
13 アリシ・トゥプアイレイ
Alisi TUPUAILAI
キヤノンイーグルス
CANON EAGLES
30 リンウッド高[SAM]
Linwood College
187 116 1980/9/28 15
14 宇薄岳央
Takehisa USUZUKI
東芝ブレイブルーパス
TOSHIBA Brave Lupus
25 同志社大学
Doshisha Univ.
180 88 1985/9/28 5
15 上田泰平
Taihei UEDA
ホンダヒート
HONDA Heat
29 福岡大学
Fukuoka Univ.
180 89 1982/3/3 4
16 堀江翔太
Shota HORIE
パナソニック ワイルドナイツ
Panasonic Wild Knights
25 帝京大学
Teikyo Univ.
180 104 1986/1/21 13
17 畠山健介
Kensuke HATAKEYAMA
サントリーサンゴリアス
SUNTORY Sungoliath
26 早稲田大学
Waseda Univ.
178 116 1985/8/2 22
18 北川俊澄
Toshizumi KITAGAWA
トヨタ自動車ヴェルブリッツ
TOYOTA Verblitz
30 関東学院大学
Kanto Gakuin Univ.
195 110 1981/2/7 37
19 谷口 到
Itaru TANIGUCHI
神戸製鋼コベルコスティーラーズ
KOBE STEEL Kobelco Steelers
26 筑波大学
Tsukuba Univ.
188 105 1984/10/1 6
20 日和佐 篤
Atsushi HIWASA
サントリーサンゴリアス
SUNTORY Sungoliath
24 法政大学
Hosei Univ.
166 71 1987/5/22 5
21 平 浩二
Koji TAIRA
サントリーサンゴリアス
SUNTORY Sungoliath
28 同志社大学
Doshisha Univ.
185 94 1983/1/12 29
22 ウェブ将武
Shaun WEBB
コカ・コーラウエストレッドスパークス
COCA-COLA West Red Sparks
29 リンカーン大学[NZ]
Lincoln Univ.
180 90 1981/12/30 30

ジョン・カーワンヘッドコーチ◎ジョン・カーワン ヘッドコーチ
「アメリカ代表戦は、ワールドカップ前最後のテストマッチとなる重要な試合です。アメリカ代表はフィジカル的にタフな相手ではありますが、良い内容が求められます。80分間を通してジャパンスタイルで戦い抜きたいと思います。
イタリア代表戦から、大幅に出場メンバーを入れ替えていますが、これは代表選手全員にチャンスを与え、持っているもの全てをこの試合で見せてくれることを期待しています。また、ワールドカップに向けた最後のセレクションマッチでもあり、初戦となるフランス代表戦に向けて、選手には最高のパフォーマンスを発揮してもらい、積極的にアピールして欲しいです」

菊谷キャプテン◎菊谷崇キャプテン
「アメリカ代表戦は、イタリア戦で出場したメンバー外を中心としたチームで戦います。チャレンジ精神を忘れずに期待以上の良い成果が出せるようにチーム一丸となって試合に挑みたいと思います。またワールドカップに向けた壮行試合となりますので、ラグビー日本代表のファンの皆様に安心して送り出してもらえるような試合をしたいと思います。引き続き、応援よろしくお願いいたします」

RELATED NEWS