国内初のデフラグビー国際試合「日本選抜 vs 豪州選抜」開催のお知らせ

「日本聴覚障がい者ラグビー連盟」より、国内初のデフラグビー国際試合、日本選抜「クワイエット・タイフーン」対 豪州選抜「サイレント・ナイツ」戦開催について発表がありましたので、ご紹介します。

ろう・難聴など聴覚に障がいを持つラガーマンでプレーされる、デフ(聴覚障がい者)ラグビー。今年11月、国内初となるデフラグビーの国際試合が開催されます。
ラグビー強国の豪州全土から選抜されたデフラガーマンで構成される選抜チームが初来日、日本聴覚障がい者ラグビー連盟(JDRU)の所属選手を主体とする日本選抜チームが迎え撃ちます。

日本ラグビーフットボール協会とジャパンラグビートップリーグのご協力により、第1戦が11月5日に名古屋・瑞穂競技場で、第2戦は12日に大阪・花園ラグビー場で、いずれもトップリーグの前座試合として実施されます。豪州側は東日本大震災への支援にも大きな関心を寄せており、チャリティーマッチとして2試合が行われます。

日豪の選抜チームの愛称はそれぞれ、「クワイエット・タイフーン(静かなる台風)」と「サイレント・ナイツ(静かなる騎士)」。ラグビーは、健聴者でも高度なコミュニケーションを必要とする競技です。日豪のデフラガーマンたちが手話やブロックサインで意思疎通を図りながら、「音のないフィールド」で戦う姿をご覧下さい。

実施概要 ラグビー日本選抜「クワイエット・タイフーン」対豪州選抜「サイレント・ナイツ」

●主催 日本聴覚障がい者ラグビー連盟(JDRU)
●協力 日本ラグビーフットボール協会、ジャパンラグビートップリーグ、関西ラグビーフットボール協会、愛知県ラグビーフットボール協会、大阪府ラグビーフットボール協会
●試合日程 【第1試合】
11月5日(土)11時30分キックオフ 名古屋市瑞穂公園ラグビー場
トヨタ自動車ヴェルブリッツ対ホンダヒートの前座試合)
【第2試合】
11月12日(土) 11時キックオフ  大阪・近鉄花園ラグビー場
近鉄ライナーズ対ヤマハ発動機ジュビロの前座試合)

◎日本聴覚障がい者ラグビー連盟 ホームページはコチラ


RELATED NEWS