3月31日から2日間開催!「HSBCセブンズワールドシリーズ 東京セブンズ2012」大会概要

東京セブンズ2012 HSBCセブンズワールドシリーズ
2012年3月31日~4月1日、東京・秩父宮ラグビー場にて開催される「HSBCセブンズワールドシリーズ 東京セブンズ2012」の大会概要についてお知らせします。

HSBCセブンズワールドシリーズは、1999-2000年シーズンに「IRBセブンズワールドシリーズ」として始まった7人制ラグビーの世界サーキットです。世界各地で行われる大会ごとの成績をそれぞれポイントに換算し、総合成績でシーズンのセブンズ世界チャンピオンを決定します。日本での開催は 1999-2000年、2000-2001年シーズン以来で、11年ぶりとなります。

チケット情報はこちらをご覧ください。

HSBCホールディングスplc ジャイルズ・モーガン グループヘッド・オブ・スポンサーシップ

「HSBCは、新たに東京でシリーズを開催できることを非常に嬉しく思います。HSBCセブンズワールドシリーズとして2年目を迎える今シーズンでは、ここまでの3大会で毎回違うチームが優勝してきました。また、新たな開催都市として加わったオーストラリアと南アフリカの2大会も成功裏に終えることができ、素晴らしいスタートを切っています。セブンズに対する関心は世界中で高まっています。東京が仲間入りしたことで、HSBCセブンズワールドシリーズは、5大陸にまたがる9つの都市で開催されることになり、計50万人を超える観客を魅了することでしょう」

日本ラグビーフットボール協会 矢部専務理事

「日本ラグビーフットボール協会は、7人制ラグビー、セブンズ、のシーズン世界チャンピオンを決める『HSBCセブンズワールドシリーズ』の日本ラウンドを、本年2012年3月31日、4月1日の2日間にわたり、東京・秩父宮ラグビー場にて『東京セブンズ2012』として開催いたします。
我々は、この2日間、世界のトップチームばかりが参加する世界大会を、11年ぶりに開催することに、非常に身の引き締まる思いです。
世界大会特有の華やかな雰囲気や飲食などの多彩なサービスを通じ、『こんなに楽しいラグビーイベントがあるのか』と思っていただけるような、素晴らしい大会にしていきたいと考えています」

HSBCセブンズワールドシリーズ 東京セブンズ2012 大会概要

■大会名称:
日本語表記:HSBCセブンズワールドシリーズ 東京セブンズ2012
英語表記:HSBC Sevens World Series Tokyo Sevens 2012
■主催:
IRB(国際ラグビーボード)
■主管:
財団法人日本ラグビーフットボール協会、関東ラグビーフットボール協会
■大会期間:
2012年
3月31日(土)予選プール/24試合 10:00~(予定)
4月1日(日)決勝トーナメント/20試合 9:00~(予定)
■試合会場:
東京都港区・秩父宮ラグビー場
■大会フォーマット:
16チーム参加 総試合数44試合
第1日 予選プール
第2日 決勝トーナメント カップ/プレート/ボウル/シールド 各トーナメント

※両日 国内女子エキシビションマッチ(第1日2試合、第2日1試合)実施予定

■出場予定チーム(16):
フィジー、ニュージーランド、南アフリカ、イングランド、フランス、オーストラリア、ウェールズ、サモア、アルゼンチン、スコットランド、アメリカ、ポルトガル、ケニア、香港、ロシア、日本
■大会ロゴ
東京セブンズ2012 TOKYOの「O」をラグビーボールに置き換え、日本で行われるラグビー大会であることを表現しています。カラーニングは日本を象徴する赤が映えるシンプルな色を使用しました。

※今後協賛等により大会ロゴが変更になる場合もあります。

RELATED NEWS