【セブンズブロックパートナー】第一回北海道バーバリアンズ7’sトーナメント開催

セブンズブロックアカデミーのパートナークラブである「北海道バーバリアンズラグビーアンドスポーツクラブ(北海道バーバリアンズ)」が去る7月21日と22日の2日間にわたり、同クラブのホームグラウンドである札幌市「定山渓グラウンド」にて、記念すべき「第一回北海道バーバリアンズ7’sトーナメントを実施いたしました。

 
RKU龍ヶ崎対川南クラブ戦 秋田ノーザンブレッツ対専修大学戦
 
北海道バーバリアンズDiana対上磯バンビ戦 神奈川タマリバクラブ対釜石シーウェイブス戦

この大会は、セブンズブロックアカデミーのパートナークラブとして、セブンズの普及と強化の場の確保の観点から北海道バーバリアンズが企画調整を行い、他の多くのパートナークラブの賛同と協力を受け実現に至ったものです。当日は全13チームあるパートナークラブのうち、実に7チームが参加し、北は北海道から南は宮崎県まで合計10チームのクラブチーム、大学、社会人チームが集まる盛大なトーナメントとなりました。またこの機会を利用し、一日目の午前中に女子のトライアウトを実施したほか、高校生と成人の女子ラグビーの試合、年代別の不惑ラグビーの試合も盛り込まれ、選手の発掘、育成、強化とセブンズの普及、地域ラグビーの活性化全ての要素を盛り込み、老若男女が一堂に集う素晴らしいラグビーの祭典となりました。

 
JR北海道対名古屋クラブ戦 釜石シーウェイブスとマスコット「なかぴー」
 
不惑選手も元気にプレー 釜石シーウェイブス対北海道バーバリアンズ戦
東田・村田、日本ラグビーレジェンド対決

パートナークラブや前男子7人制日本代表監督である村田亙氏が率いる専修大学など、セブンズにも力を入れているチームが揃っただけあり、いずれの試合もハイレベルかつ非常に激しい試合となり、会場のギャラリーをうならせます。北海道バーバリアンズのロテ・トゥキリ選手、釜石シーウェイブスのピエイ・マフィレオ選手など7人制日本代表の経験もある選手や、先日のパシフィックネイションズカップにトンガ代表として出場していた秋田ノーザンブレッツのアラスカ・タウファ選手などトップクラスのプレーヤーが「さすが」と思わせるプレーを見せれば、六甲ファイティングブルの東田哲也GMや専修大学の村田亙監督など日本ラグビーのレジェンド達も試合に出場し年齢を感じさせない激しいプレーを披露し、ひときわ観客をわかせました。

激戦を制したのはホストチームである北海道バーバリアンズ。決勝トーナメントでは強豪釜石シーウェイブス、秋田ノーザンブレッツを連続撃破し、特に決勝の秋田戦では後半終了間際に同点に追いつき、その後の延長戦サドンデスのファーストプレーで劇的なサヨナラトライを上げて優勝という劇的な幕切れ。その瞬間、会場のファン、関係者の興奮はピークに達しました。

 
決勝戦、秋田ノーザンブレッツ対北海道バーバリアンズ 北海道バーバリアンズのサヨナラトライ
優勝はホストチームの北海道バーバリアンズ

大会終了後、定山渓グラウンド恒例のバーベキューによるアフターマッチファンクションと表彰式が行われ、参加者同士が交流を深めると同時に、日本ラグビーあるいは日本の7人制ラグビーの今後について熱く意見交換を行いました。

当日は太田・7人制日本代表チームディレクター、瀬川・男子7人制代表ヘッドコーチも視察に訪れ、選手のスカウティングを行うと同時に、代表者会議で今後のパートナークラブ事業の方向性のプレゼンを行ったほか、表彰式でのプレゼンターや総評を行いました。
「こうやってラグビーを愛する者が一堂に集い、大会の準備・運営から試合、アフターマッチファンクションまで手作りで作り上げ、そして心からラグビーを楽しむ。これがラグビーの原点だと思います。この素晴らしい大会が開催されたことに感謝すると同時に、この中から一人でも多く日本代表選手が生まれることを期待しています」
瀬川ヘッドコーチのこの言葉で2日間の大会は締めくくられ、参加者は再会を約束しそれぞれの地元へ帰ってゆきました。

今回初めて全国のパートナークラブの多くが一堂に会し、試合を行う機会を得られたことは非常に大きな意義があり、今後のこの事業の発展に寄与するものです。今回本当に大変なご努力とご尽力をいただきました北海道バーバリアンズ関係者、地元定山渓の関係者、北海道地区のすべてのラグビー関係者、そして遠方からも足を運んでいただいた参加チームの皆様に、厚く御礼を申し上げます。

 
日本協会から今後のパートナークラブに関する方向性案も示された 定山渓の素晴らしいグラウンド
 
大会MVP(=「松尾孝志」賞)は、北海道バーバリアンズの君嶋選手が獲得 瀬川・男子七人制代表HCより総評

【大会参加チーム】

★男子
<7’sトーナメント>
1. 秋田ノーザンブレッツ(パートナークラブ・秋田県)
2. 釜石シーウェイブス(パートナークラブ・岩手県)
3. RKUラグビー龍ケ崎(パートナークラブ・茨城県)
4. 神奈川タマリバクラブ(パートナークラブ・神奈川県)
5. 専修大学(神奈川県)
6. 名古屋クラブ(愛知県)
7. 六甲ファィティングブル(パートナークラブ・兵庫県)
8. 川南クラブ(パートナークラブ・宮崎県)
9. JR北海道(北海道)
10. 北海道バーバリアンズ(パートナークラブ・北海道)

<不惑(15人制:混合チーム)>
1.札幌有惑ラグビーフットボールクラブ
2.不惑倶楽部
3.北海道バーバリアンズオーバー40

★女子
高校生
1.秋田ノーザンブレッツプレアデス
2.北海道選抜

18歳以上
1.北海道バーバリアンズレディース(Diana)
2.上磯ラガー(バンビ)

 
1日目午前に女子のトライアウトが行われた 定山渓名物?羊の丸焼き

RELATED NEWS