女子7人制日本代表「中国遠征」参加選手・スタッフ

財団法人日本ラグビーフットボール協会(会長:森喜朗)では、女子7人制日本代表の中国遠征(3月20日 - 4月1日)の参加選手14名を決定しました。

本遠征で、女子7人制日本代表は「香港女子セブンズ」と「IRB女子セブンズワールドシリーズ(IRB Women’s Sevens World Series)第三戦・中国大会」の2大会に出場します。このうち、IRB女子セブンズワールドシリーズ第三戦・中国大会の試合スケジュールも併せてお知らせします。

◎女子7人制日本代表・浅見敬子ヘッドコーチのコメント

「IRB女子セブンズワールドシリーズ第二戦・アメリカ大会に続き、女子7人制日本代表は第三戦・中国大会に参加します。アメリカ大会ではボウル決勝でブラジルに敗れ、10位に終わりました。この大きな反省を踏まえ、翌週のラスベガス招待大会では、遠征のターゲットだった自分たちのアタックに大きな自信を持って戦うことができました。強みである運動量で相手よりも早く良いポジショニングを取り続け、これをベースに『継続』の形を多く生み出すことができました。今遠征でも引き続き『アタック』にフォーカスしていきます。
コンタクト、特にタックルの課題はスキルとフィジカルの両面があり、トレーニングスコッド(ワールドカップ・セブンズ2013女子7人制日本代表第2次候補選手)の現在の重要項目はストレングスです。ウェイトトレーニング、食事の量・質、休養のバランスを重視しており、先月末の沖縄合宿では練習量と食事の量をしっかりコントロールすることで、選手の体重が増えました。香港と広州での2大会でストレングス強化の成果を発揮出来るよう、14日からの遠征直前合宿に取り組んでいきます。
中国遠征のメンバーはアメリカ遠征メンバーを基本に選考し、怪我から復帰した大黒田裕芽を加えました。彼女にとっては高校生最後の国際大会であり、ベストのパフォーマンスを発揮できるよう、チームでしっかりサポートしていきます。
IRB女子セブンズワールドシリーズは世界の強豪国と対戦できる大会であり、ワールドカップ・セブンズに向けた大事な遠征となります。皆様の日ごろのご声援にお応えできる結果を出すために、日本らしさを発揮し、精一杯戦います。引き続き、温かい応援をよろしくお願い致します」

■女子7人制日本代表 中国遠征関連スケジュール
3月14 - 20日
遠征直前合宿(立正大学)
3月20日
出国
3月22日
香港女子セブンズ
(香港・香港フットボールクラブ/Hong Kong Football Club)
3月27日
広州に移動
3月30 - 31日
IRB女子セブンズワールドシリーズ第三戦・中国大会
(広州・広州大学街体育場/University town main stadium)
4月1日
帰国

女子7人制日本代表「中国遠征」参加選手・スタッフ

2013/3/6 現在

ポジ
ション
Position
名前
Name
所属チーム
Club Team
年齢
Age
在籍先
High School/
Univ./Company
身長
cm
体重
kg
生年月日
D・O・B
PR 片嶋 佑果
Yuka KATASHIMA
Rugirl-7 23 (株)購買戦略研究所 165 70 1989/10/3
PR 竹内 亜弥
Aya TAKEUCHI
世田谷レディース 26 (株)新潮社 168 63 1986/8/5
PR 桑井 亜乃
Ano KUWAI
Rugirl-7 23 (株)購買戦略研究所 171 67 1989/10/20
PR/HO 冨田 真紀子
Makiko TOMITA
世田谷レディース 21 早稲田大学3年 170 62 1991/8/2
PR/HO 鈴木 実沙紀
Misaki SUZUKI
関東学院大学ラグビー部 20 関東学院大学2年 163 64 1992/4/9
PR/HO 横尾 千里
Chisato YOKOO
世田谷レディース 20 早稲田大学2年 164 58 1992/5/22
SH 鈴木 陽子
Yoko SUZUKI
立正大学ラグビー部 19 立正大学1年 151 49 1993/6/23
SH/SO 井上 愛美
Chikami INOUE
RKUラグビー龍ヶ崎 21 流通経済大学3年 166 59 1991/4/10
SO/CTB 中村 知春
Chiharu NAKAMURA
PHOENIX 24 (株)電通東日本 162 63 1988/4/25
SO 大黒田 裕芽
Yume OHKURODA
市立船橋高校 18 市立船橋高校3年 155 59 1994/7/6
CTB 鈴木 彩香
Ayaka SUZUKI
立正大学ラグビー部 23 立正大学大学院1年 168 62 1989/9/30
WTB 谷口 令子
Noriko TANIGUCHI
世田谷レディース/
東京学芸大学ラグビー部
20 東京学芸大学2年 168 64 1992/9/7
WTB 山口 真理恵
Marie YAMAGUCHI
Rugirl-7 23 (株)購買戦略研究所 159 55 1989/10/22
WTB 伊藤 絵美
Emi ITO
名古屋レディース 28 三重県立朝明高等学校 165 63 1985/1/19

=キャプテン

■メンバー変更(3月25日発表)

【追加招集】

兼松 由香 名古屋レディース
※ 27日から合流予定

■メンバー変更(3月24日発表)

【不参加の選手】

横尾 千里 世田谷レディース 理由:コンディション不良のため
谷口 令子 世田谷レディース/
東京学芸大学ラグビー部
理由:コンディション不良のため

■メンバー変更(3月20日発表)

【不参加の選手】

片嶋 佑果 Rugirl-7 理由:負傷のため
■マネージメント
役職 氏名 所属
ヘッドコーチ
Head Coach
浅見敬子
Keiko ASAMI
(財)日本ラグビーフットボール協会
Japan Rugby Football Union
ストレングス&コンディショニングコーチ
Strength & Conditioning Coach
宮崎善幸
Yoshiyuki MIYAZAKI
立正大学
Rissho University
総務
Team Manager
香川あかね
Akane KAGAWA
(財)日本ラグビーフットボール協会
Japan Rugby Football Union

RELATED NEWS