「ラグビー日本代表 リポビタンDツアー2013」第1戦 対スコットランド代表 日本代表試合登録メンバー


11月9日(土)にエジンバラ・マレーフィールドで行われる「ラグビー日本代表 リポビタンDツアー2013」第1戦、対スコットランド代表の試合登録メンバー23名およびヘッドコーチ代行、キャプテンらのコメントをお知らせします。

日本代表試合登録メンバー
No 名前
Name
所属チーム
Club Team
出身校
Graduate
身長
(cm)
体重
(kg)
生年月日
D.O.B
キャ
ップ
Caps
1 三上 正貴
Masataka MIKAMI
東芝ブレイブルーパス
TOSHIBA Brave Lupus
東海大学
Tokai Univ.
178 115 1988/6/4 10
2 堀江 翔太
Shota HORIE
パナソニック ワイルドナイツ
PANASONIC Wild Knights
帝京大学
Teikyo Univ.
180 105 1986/1/21 24
3 畠山 健介
Kensuke HATAKEYAMA
サントリーサンゴリアス
SUNTORY Sungoliath
早稲田大学
Waseda Univ.
178 115 1985/8/2 47
4 トンプソン ルーク
Luke THOMPSON
近鉄ライナーズ
KINTETSU Liners
リンカーン大学[NZ]
Lincoln Univ.
196 108 1981/4/16 40
5 真壁 伸弥
Shinya MAKABE
サントリーサンゴリアス
SUNTORY Sungoliath
中央大学
Chuo Univ.
192 118 1987/3/26 17
6 ヘンドリック・ツイ
Hendrik TUI
サントリーサンゴリアス
SUNTORY Sungoliath
帝京大学
Teikyo Univ.
189 107 1987/12/13 15
7 マイケル・ブロードハースト
Michael BROADHURST
リコーブラックラムズ
RICOH BlackRams
キヤンピオン高校[NZ]
Campion College
196 111 1986/10/30 13
8 ホラニ 龍コリニアシ
Ryu Koliniasi HOLANI
パナソニック ワイルドナイツ
PANASONIC Wild Knights
埼玉工業大学
Saitama Institute of
Technology Univ.
188 112 1981/10/25 26
9 田中 史朗
Fumiaki TANAKA
パナソニック ワイルドナイツ
PANASONIC Wild Knights
京都産業大学
Kyoto Sangyo Univ.
166 71 1985/1/3 38
10 小野 晃征
Kosei ONO
サントリーサンゴリアス
SUNTORY Sungoliath
クライストチャーチボーイズ高校[NZ]
Christchurch Boys HS
171 83 1987/4/17 19
11 福岡 堅樹
Kenki FUKUOKA
筑波大学 (2年)
Univ.of Tsukuba
福岡高校
Fukuoka HS
175 83 1992/9/7 8
12 クレイグ・ウィング
Craig WING
神戸製鋼コベルコスティーラーズ
KOBE STEEL Kobelco Steelers
ニューサウスウェールズ大学[AUS]
Univ. of New South Wales.
180 90 1979/12/26 6
13 マレ・サウ
Male SAU
ヤマハ発動機ジュビロ
YAMAHA Jubilo
タンガロア高校[NZ]
Tangaroa College
183 97 1987/10/13 10
14 廣瀬 俊朗 ◎
Toshiaki HIROSE
東芝ブレイブルーパス
TOSHIBA Brave Lupus
慶応義塾大学
Keio Univ.
173 82 1981/10/17 16
15 五郎丸 歩
Ayumu GOROMARU
ヤマハ発動機ジュビロ
YAMAHA Jubilo
早稲田大学
Waseda Univ.
185 99 1986/3/1 30
16 青木 佑輔
Yusuke AOKI
サントリーサンゴリアス
SUNTORY Sungoliath
早稲田大学
Waseda Univ.
176 97 1983/6/19 29
17 長江 有祐
Yusuke NAGAE
リコーブラックラムズ
RICOH BlackRams
京都産業大学
Kyoto Sangyo Univ.
171 107 1985/7/19 14
18 山下 裕史
Hiroshi YAMASHITA
神戸製鋼コベルコスティーラーズ
KOBE STEEL Kobelco Steelers
京都産業大学
Kyoto Sangyo Univ.
183 122 1986/1/1 26
19 大野 均
Hitoshi ONO
東芝ブレイブルーパス
TOSHIBA Brave Lupus
日本大学
Nihon Univ.
192 106 1978/5/6 74
20 菊谷 崇
Takashi KIKUTANI
トヨタ自動車ヴェルブリッツ
TOYOTA Verblitz
大阪体育大学
Osaka University of
 Health and Sport Sciences
187 106 1980/2/24 64
21 日和佐 篤
Atsushi HIWASA
サントリーサンゴリアス
SUNTORY Sungoliath
法政大学
Hosei Univ.
166 72 1987/5/22 27
22 田村 優
Yu TAMURA
NECグリーンロケッツ
NEC Green Rockets
明治大学
Meiji Univ.
181 92 1989/1/9 14
23 藤田 慶和
Yoshikazu FUJITA
早稲田大学 (2年)
Waseda Univ.
東福岡高校
Higashi Fukuoka HS
184 90 1993/9/8 10

※ ◎はキャプテン

スコット・ワイズマンテル ヘッドコーチ代行

「日本国外で世界のトップ10チームであるスコットランド代表と戦えるのは、とても貴重な機会です。現時点でのベストメンバーを選出しました。ニュージーランド代表戦から両ロックをトンプソンと真壁に入れ替えたのは、より重量のあるロックのコンビネーションにするためです。また立川が負傷で離脱したので、今までも良い働きをしてくれている小野を入れました」

廣瀬俊朗キャプテン

「歴史ある聖地マレーフィールドでスコットランド代表と対戦できることに、とても興奮しています。ヨーロッパで自分たちの『Japan Way』を見せて、日本代表として初めてアウェーの地で世界トップ10のチームから勝利を収めたいと思います。現地だけでなく、日本からも一緒に戦いましょう」

トンプソン ルーク

「日本代表の試合に出場できるのは、とても喜ばしいことです。日本代表としてのプライドを持って、スコットランドのホームであるマレーフィールドでの試合を楽しみたいと思います。自分にとって今年初めてのスターティングメンバーでの出場となるので、少し緊張はしていますが楽しみです」

真壁伸弥

「ヨーロッパで格上の相手に勝ちにいくチャレンジができるのは、ラグビーをやっている中で一番の楽しみです。日本代表としてやってきたことをしっかり存分に出せるように、闘志むき出しでプレーしたいと思います」

小野晃征

「環境は日本ほど良くないですが、ボールを動かして相手も動かしていきたいです。オールブラックス(ニュージーランド代表)も私たちが『Japan Way』をできている時間帯はプレッシャーを感じてペナルティーなどをしていたので、スコットランド代表戦でも『Japan Way』をできる時間を増やして、得点に繋げていきたいと思います」

リポビタンD TOYOTA カンタベリー コカコーラ アディダス

RELATED NEWS