「ラグビー日本代表 リポビタンDツアー2013」第3戦 対ロシア代表 日本代表試合登録メンバー

■2013年11月14日(木)

12日のグロスター戦が終わり、たった中2日。
明日15日のロシア代表戦を控え、北ウェールズのコルウィンベイに移動した日本代表は14日、試合前日練習を行いました。
試合前日練習に先立ち、恒例のチームミーティング。


今回出場すれば代表初キャップとなる山田選手にはワイズマンテルヘッドコーチ代行らが握手をし、山田選手からはスピーチがありました。
「このチャンスをくれたエディーさんやワイジー、チームのみんなやコーチ陣、スタッフに感謝したい。まずは明日の試合に集中して勝利に貢献したい」と力強く述べました。


明日の試合会場であるParc Eiriasに到着後、室内の人工芝エリアでストレッチやウォーミングアップを行ってから、グラウンドでの練習を行いました。


会場はすぐアイリッシュ海がそこということもあり、強風。
掲げられたウェールズ旗がはためいていました。


初キャップが期待される山田選手。


リザーブには同じパナソニック ワイルドナイツで活躍する霜村選手も名を連ねました。


スコットランド代表戦から1週間で3試合のすべてに名を連ねている真壁選手。大野選手とラインアウトの確認をしていました。


練習後、訪れていた現地の子供たちとハイタッチをする藤田選手。


林選手や廣瀬選手、浅原選手や菊谷選手ら、サインなどを行い、最後は記念撮影でした。




午後はコルウィンベイの隣町にあるコンウェイという街を訪れました。
この街は11-12世紀に建てられたお城があり、そして街をぐるっと一周城壁に囲まれている世界遺産です。選手たちもリフレッシュを兼ねて少し散策しました。




明日15日は「ラグビー日本代表 リポビタンDツアー2013」第3戦ロシア代表戦を迎えます。日本時間では16日早朝の4時30分キックオフ。
みなさんの応援をお願いします!

■2013年11月13日(水)

12日(火)に行われたJAPAN XV対グロスター戦では、秋のテストマッチでなかなか出場機会がなかった選手たちが多く出場しましたが、残念ながら5-40で敗れてしまいました。
みなさまの応援ありがとうございました。

19:45キックオフのナイトゲームが終わり、チームは23時頃にチームホテルに戻ってきましたが、翌日13日の朝からはグロスター戦に出場しなかったメンバーが早朝練習を行い、2日後の15日(金)に迫るロシア代表戦に向けて動き始めました。


朝のチームミーティングではワイズマンテル ヘッドコーチ代行からもロシア代表戦に向けて切り替えていくという話がありました。


この日は朝から冷え込み、グラウンドは一面霜がおりて真っ白でした。


そのためストレッチ、ウォーミングアップは隣接するバスケットボールコートで行い、身体を暖めてからグラウンドでの練習を行いました。


ロシア代表戦へ向けて、実戦的な練習を行いました。








そして、昼食後にはグロスターからロシア代表戦が行われる北ウェールズのコルウィンベイへ向かって移動。
バスで約3時間半移動し、コルウィンベイに入りました。
チームホテルでは不思議の国のアリスに扮した方たちが歓迎してくれました。




あまりのかわいさに選手たちも写真撮影大会。


ホテルに到着後、グロスター戦に出場した選手たちはプールでラグビーボールを使ったリカバリーセッションを行いました。


明日14日は早くも試合前日練習。
ロシア代表戦では勝利を掴めるように、チーム一丸で立ち向かいます。
みなさまの応援よろしくお願い致します!

■2013年11月11日(月)

恒例の早朝練習は、グロスター戦に出場するメンバー以外を中心に行いました。
それぞれのポジション、個人のニーズに合わせたメニューを行います。




試合前日練習前のチームミーティングでは昨日夜に合流したばかりの徐吉嶺選手は開口一番「無事に着きました!」と持ち前の明るいキャラクターで挨拶。
また、今回初めて日本代表に招集された松島選手は「みんなと仲良くなってがんばりたいです」と挨拶していました。




本日11月11日はRememberance Dayという戦没者を慰霊する日でした。
国全体が午前11時に黙祷を捧げるということで、試合前日練習が始まる11時に日本代表も黙祷を捧げました。


Rememberance Dayのシンボルであるポピーの花はスタジアムにも飾られていました。


全体練習の前に行う個人個人でのウォーミングアップではワイズマンテルヘッドコーチ代行と松島選手がパスしながらウォーミングアップを行いました。


このグロスター戦は2年後、日本がアジア代表としてワールドカップに出場すると2試合を行うKingsholm Stadiumで行われます。
グロスターに出場するメンバーは試合を想定した練習を行いました。
選手間でのコミュニケーションもしっかり取れていて、選手たちの声がスタジアム内に響いていました。










また、午後には昨日10日に練習を行ったDean Close Schoolに廣瀬キャプテンとホラニ選手がジャージーをプレゼントしに行きました。
Dean Close Schoolは小中校生約900人が通っているこの辺りでもっとも大きな学校だそうです。


「ラグビー日本代表 リポビタンDツアー2013」第2戦、JAPAN XV-グロスター(日本時間11月13日午前4時45分キックオフ)は有料ライブストリーミングされ、試合は以下のリンク先で視聴可能で、視聴料は5ポンドとなっています。
http://ustream.tv/channel/bechampions-tv-live

応援よろしくお願いします。

■2013年11月10日(日)

9日に行われたスコットランド代表戦、敵地マレーフィールドには約32,000人の観衆が集まった中、残念ながら日本代表は勝利を収めることができませんでした。
試合後、出場した選手たちは悔しさをあらわにし、あと2年で再度戦う可能性の高いスコットランド代表へのリベンジを誓いました。

翌10日は、中2日で行われる12日のグロスター戦へ向けて移動するということもあり、早朝6時からプールやアイスバスでのリカバリーを行いました。






また、スコットランド代表戦で2トライを奪った福岡選手はチームを離脱することとなり、朝7時には空港へ帰国の途に着きました。


チームは早速エジンバラ空港を出発。
グロスターから車で約2時間のカーディフへ向かいました。




約1時間半のフライトでカーディフへ到着。


チームホテルにチェックインしてから約40分後にはすぐに練習場へ向かい、グロスター戦へ向けて練習を行いました。


今日の練習場はDean Close Schoolという小中高の学校が集まった学校のグラウンドを使用させていただきました。


数選手はジムでの軽いウェイトトレーニングを行いました。


BK陣の練習の最後は少し遊びを取り入れたコンペティション。
1人ずつキックをして目の前のポールに3回連続で当てるという競り合いです。
高い確率で1回はあたるものの、3回連続となるとなかなか難しいようでした。
結局3回連続で当てることができたのはただ1人。
ワイズマンテルヘッドコーチ代行だけでした。


明日は試合前日練習を行います。
12日のグロスター戦では勝利を勝ち取りたいと思います!
応援をお願いします!

RELATED NEWS