麻生彰久レフリー「スーパーラグビー」アシスタントレフリー選出

日本ラグビーフットボール協会A級レフリーの麻生彰久レフリーが、5月23日(金)に行われる「スーパーラグビー」の第15節 ブルーズ対シャークス戦(ニュージーランド・ノースハーバースタジアム)のアシスタントレフリーに日本人として初めて選ばれました。 麻生レフリーは2010年、2012年-2014年に日本ラグビーフットボール協会のトップレフリー海外派遣制度によりニュージーランドラグビー協会のエリートレフリー強化プログラムに参加し、トレーニングやレフリングの実戦経験を積んできました。 2013年にはニュージーランド・ハイパフォーマンス・レフリーキャンプに参加し、「ITM カップ」(ニュージーランドの国内州代表選手権)のレフリーに日本人として初めて選出。そのパフォーマンスが認められ、スーパーラグビーのアシスタントレフリー選出に至りました。■麻生彰久レフリーコメント 「この度、スーパーラグビーのアシスタントレフリーに選出頂きました。2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップ成功のためには、選手はもちろん、私たちレフリーも力をつけていかなくてはなりません。現在、日本人選手がスーパーラグビーで活躍し、スーパーラグビーの経験がある多くの外国人選手が日本でプレーしています。外国人の指導者も増えている中、私たち日本のレフリーの責任も増しており、世界で通用するグローバルスタンダードを国内の試合で示していかなければなりません。そのためにも今回の選出を世界へのステップと捉え、さらに精進していく所存です」 ■スーパーラグビー(SUPER RUGBY) オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカの3カ国のラグビー協会が地域ごとに編成するプロクラブ15チームによる国際リーグ戦。レギュラーシーズンは16試合行われ、その上位6チームによるトーナメントでシーズンチャンピオンを決定する。 なお、今シーズンのスーパーラグビーに日本代表からはパナソニック ワイルドナイツ所属のHO堀江翔太(レベルズ)とSH田中史朗(ハイランダーズ)、ヤマハ発動機ジュビロ所属のCTBマレ・サウ(レベルズ)の3 選手がプレー。クボタスピアーズ所属のCTB立川理道もブランビーズに参加した。 ■今シーズンのスーパーラグビー参加15チーム オーストラリア:  ブランビーズ、レベルズ、レッズ、ワラタス、フォース ニュージーランド: ブルーズ、チーフス、クルセイダーズ、ハイランダーズ、ハリケーンズ 南アフリカ:     ブルズ、チーターズ、ライオンズ、シャークス、ストーマーズ

RELATED NEWS