日本代表「アジアラグビーチャンピオンシップ2015」第1戦 対韓国代表 試合登録予定メンバー

4月18日(土)に韓国・仁川で行われる日本代表のアジアラグビーチャンピオンシップ2015第1戦対韓国代表戦の試合登録予定メンバー23名を決定しました。
韓国代表戦へ向けたヘッドコーチ、キャプテンらのコメントは以下の通りです。
なお、試合登録予定メンバー以外の9選手(有田隆平、大野均、長江有祐、真壁伸弥、垣永真之介、福岡堅樹、クレイグ・ウィング、ホラニ龍シオアペラトゥー、矢富勇毅)については韓国遠征に帯同し、ティム・ベネット選手は24日午後に宮崎でチームに再合流します。

「アジアラグビーチャンピオンシップ2015」第1戦 日本代表 vs 韓国代表 試合登録予定メンバー
No.名前
Name
所属チーム
Club Team
出身校
Graduate
身長
(cm)
体重
(kg)
生年月日
D.O.B
キャ
ップ
Caps
1 三上 正貴
Masataka MIKAMI
東芝ブレイブルーパス
TOSHIBA Brave Lupus
東海大学
Tokai Univ.
178 115 1988/6/4 23
2 木津 武士
Takeshi KIZU
神戸製鋼コベルコスティーラーズ
KOBE STEEL Kobelco Steelers
東海大学
Tokai Univ.
183 114 1988/7/15 30
3 畠山 健介 ◎
Kensuke HATAKEYAMA
サントリーサンゴリアス
SUNTORY Sungoliath
早稲田大学
Waseda Univ.
178 115 1985/8/2 60
4 トンプソン ルーク
Luke THOMPSON
近鉄ライナーズ
KINTETSU Liners
リンカーン大学[NZ]
Lincoln Univ.
196 108 1981/4/16 49
5 伊藤 鐘史
Shoji ITO
神戸製鋼コベルコスティーラーズ
KOBE STEEL Kobelco Steelers
京都産業大学
Kyoto Sangyo Univ.
191 100 1980/12/2 28
6 アイブス ジャスティン ※
Justin IVES
キヤノンイーグルス
CANON Eagles
タイエリ高校[NZ]
Taieri College
196 105 1984/5/24 23
7 ヘイデン・ホップグッド
Hayden HOPGOOD
- シャーリーボーイズ高校[NZ]
Shirley Boys HS
190 105 1980/7/30 3
8 ホラニ 龍コリニアシ
Ryu Koliniasi HOLANI
パナソニック ワイルドナイツ
PANASONIC Wild Knights
埼玉工業大学
Saitama Institute of
Technology Univ.
188 112 1981/10/25 35
9 日和佐 篤
Atsushi HIWASA
サントリーサンゴリアス
SUNTORY Sungoliath
法政大学
Hosei Univ.
166 72 1987/5/22 38
10 立川 理道
Harumichi TATEKAWA
クボタスピアーズ
KUBOTA Spears
天理大学
Tenri Univ.
181 94 1989/12/2 28
11 藤田 慶和
Yoshikazu FUJITA
早稲田大学 (4年)
Waseda Univ.
東福岡高校
Higashi Fukuoka HS
184 90 1993/9/8 18
12 田村 優
Yu TAMURA
NECグリーンロケッツ
NEC Green Rockets
明治大学
Meiji Univ.
181 92 1989/1/9 26
13 カーン・ヘスケス
Karne HESKETH
宗像サニックスブルース
Munakata SANIX Blues
オタゴ大学[NZ]
Univ. of Otago
178 98 1985/8/1 2
14 松井 千士
Chihito MATSUI
同志社大学(3年)
Doshisha Univ.
常翔学園高校
Josho Gakuen HS
182 78 1994/11/11 -
15 五郎丸 歩
Ayumu GOROMARU
ヤマハ発動機ジュビロ
YAMAHA Jubilo
早稲田大学
Waseda Univ.
185 99 1986/3/1 43
16 平島 久照
Hisateru HIRASHIMA    
神戸製鋼コベルコスティーラーズ
KOBE STEEL Kobelco Steelers
福岡大学
Fukuoka Univ.
180 110 1983/1/15 35
17 湯原 祐希
Hiroki YUHARA
東芝ブレイブルーパス
TOSHIBA Brave Lupus
流通経済大学
Ryutsu Keizai Univ.
173 102 1984/1/21 18
18 山下 裕史
Hiroshi YAMASHITA
神戸製鋼コベルコスティーラーズ
KOBE STEEL Kobelco Steelers
京都産業大学
Kyoto Sangyo Univ.
183 122 1986/1/1 37
19 宇佐美 和彦
Kazuhiko USAMI
キヤノンイーグルス
CANON Eagles
立命館大学
Ritsumeikan Univ.
197 111 1992/3/17 -
20 村田 毅
Tsuyoshi MURATA
NECグリーンロケッツ
NEC Green Rockets
慶応義塾大学
Keio Univ.
185 103 1988/12/15 -
21 内田 啓介
Keisuke UCHIDA
パナソニック ワイルドナイツ
PANASONIC Wild Knights
筑波大学
Univ. of Tsukuba
177 85 1992/2/22 8
22 山中 亮平
Ryohei YAMANAKA
神戸製鋼コベルコスティーラーズ
KOBE STEEL Kobelco Steelers
早稲田大学
Waseda Univ.
188 93 1988/6/22 1
23 廣瀬 俊朗
Toshiaki HIROSE
東芝ブレイブルーパス
TOSHIBA Brave Lupus
慶応義塾大学
Keio Univ.
173 82 1981/10/17 23

◎はキャプテン
※アイブス ジャスティン選手は2015年1月に日本国籍取得。

エディー・ジョーンズ ヘッドコーチ

「ラグビーワールドカップ(RWC)までにある12試合のうちの今年初戦となる韓国代表戦だが、すべての試合が重要で、南アフリカ代表戦のイメージを持って戦わなくてはいけない。RWCへのプロセスの一部だということ。メンバーについては初キャップとなる3人を入れた。松井はセブンズ(7人制)日本代表の活動が終わってすぐの合流となるが、セブンズでのプレーと天性のスピードには非常に感銘を受けた。このまま成長すればRWCへのメンバー選考に入ってくる選手だ。村田はこの3年間はスコッドに入ったり入らなかったりしていたが、継続したハードワークでチャンスを得た。宇佐美は昨シーズン日本代表に入り、ボーズウィックFWコーチとダルマゾスクラムコーチの下で一生懸命トレーニングを積んでセットピースのスキルがずいぶん向上してきたので、途中出場のチャンスが十分にある」

畠山健介キャプテン

「ワールドカップイヤー最初の試合で、とても大事な試合になる。韓国代表はとてもフィジカルでタフなチームなので、日本代表としてフィジカルとタフさで負けないように、最初からファイトしていきたい。新しいメンバーもいるので、彼らが自分のパフォーマンスを出せるようにFWで優位に立ちたい」

松井千士選手

「初めてのビッグチャンスに緊張しているし、小さい頃から見ていた選手たちと一緒にプレーできるのは貴重な経験になる。このチャンスを生かしたい。東京セブンズからは1週間空いてリフレッシュできたので疲れは特にない。エディー・ジョーンズヘッドコーチにはスピードがあると言われているので、それをしっかりアピールしたい」

宇佐美和彦選手

「自分が日本代表としてテストマッチのメンバーに入るということは少し早い気がするが、チャンスをもらえてうれしい。チームの勝利のために少しでも力になりたい。ラグビーを始めた頃は日本代表になれるとは思ってもいなかったが、去年の秋に日本代表に入ってから毎日のようにマンツーマンで指導してくれたボーズウィックFWコーチやこれまで携わってくれた人たちに感謝したい。試合ではセットプレーで活躍したい」

村田毅選手

「日本代表に初招集されてから3年間悔しい思いもしたからこそできるプレーがあるので、その思いを前面に出していきたい。フィールドに出たら、タックル、ブレイクダウン、ボールキャリーにおいて、愚直に、低く、強く、戦っていきたい」

スポンサー

RELATED NEWS