第5回男子SDS(セブンズ・デベロップメント・スコッド)合宿レポート

1/11

合宿最後日となりました。

2ヶ月前、最初のS&C合宿で集合したとき、2ヶ月後、自分史上最高のコンディションに仕上げようとコーチから話がありました。ハードなトレーニングだけではなく、食事の面なども改めて注意するように、コンディショニングに取り組んできました。

当然、参加状況などの条件面では個人差がありますが、概ね各数値の向上が見られ、実りの多い2ヶ月だったことは間違いありません。一方で、思っていたように伸びなかったところもあります。もう一度、自分に足りないものを把握し、そして何より、この2ヶ月の経験を自信に変えて、これから始まる数々の試合に向かっていってほしいと思います。

2018年は、2020年、そしてその先へ向けて、とても重要な1年になります。皆さま、改めまして、今年も男子セブンズチームへのご声援をよろしくお願いいたします。

寒い中、グラウンドに見学にお越しくださった皆さま、ありがとうございました。

 


1/9

本日は早速、早朝・午前・午後と3部練習を行ないました。午前のグラウンドのトレーニングでは、毎回行なっている体力測定を実施しました。昨年11月から5回に渡ってS&C合宿を行ってきましたが、各選手、着実に測定結果がよくなっており、きついトレーニングの成果が数字からも見てとれます。体力面だけでなく、そうした疲労度が高い状態での様々なトレーニングの反復で、基本的なスキルや、コミュニケーション、判断力なども、さらにレベルアップしていきたいと思います。

また、本日1月9日は鶴ヶ﨑選手の28歳の誕生日でした。ささやかですが、チーム全員でお祝いしました。

 

 


1/8

本日から男子SDSのS&C合宿がスタートしました。集合後、まずは、JOCのスタッフで、元スピードスケートのオリンピアンでもある石野枝里子さんからオリンピズム研修を受けました。自分たちの目指している「オリンピック」というものの目的や意義を改めて考えることができ、新年から、また気持ちを新たに自分たちの目標に向き合うことができました。その後、軽めの調整をして初日を終えました。

明日から早速ハードなトレーニングが続きますが、今年も選手・スタッフが一丸となってハードワークをして、ひとつひとつの目標を達成していきたいと思います。今年も男子セブンズチームへのご支援とご声援をよろしくお願いいたします。

RELATED NEWS