レポート:第34回男子セブンズユースアカデミー・2018年度第1回男子セブンズシニアアカデミー

メンバー・スケジュール

4月15日(日)

 

アカデミー5日目。昨日から降り続いた雨も上がり、絶好のコンディションで第56回木元杯九州セブンズカップトーナメントの朝を迎えました。

 

昨日同様、ストレッチ等のウォーミングアップで身体を目覚めさせます。

円陣を組み意識統一。

試合開始前に梅田ヘッドコーチから最終確認

カップトーナメント1回戦の相手は九州共立大学。この試合に勝てば、第1試合で初戦を突破したSDS(セブンズ・デベロップメント・スコッド)との準決勝に臨めます。キックオフ直後、浮足立ったところを被トライ。しかしすぐさまトライを取り返し、前半を7-5で折り返しました。後半にもスコアを許しましたが、その後落ち着きを取り戻し、見事26-10で勝利しました。いよいよSDS(セブンズ・デベロップメント・スコッド)とのJAPAN対決です。

気合十分で入場して円陣を組み、キックオフを迎えました。

開始直後からスピード、パワー、経験値で勝るSDS(セブンズ・デベロップメント・スコッド)に防御を崩され、随所に準備してきた良いプレーも見られましたが、前半を0-20で折り返す苦しい展開。後半開始直後にもスコアされ0-25。しかし、ここでセブンズユースアカデミーは取り組んできたスキルを存分に発揮し、SDS(セブンズ・デベロップメント・スコッド)から狙い通りのトライを奪いました(7-25)。その後、選手は体を張り続け、自分たちがすべきことを実践しましたが無情にもノーサイド。最終スコア7-30で敗退しました。

ノーサイド後に握手を交わす両選手たち。

試合後、本気で悔しがる選手たちへ梅田ヘッドコーチから一言「この悔しさを決して忘れないこと」。

決勝戦ではSDS(セブンズ・デベロップメント・スコッド)が福岡工業大学を破り、第56回木元杯九州セブンズは幕を閉じました。

優勝したSDS(セブンズ・デベロップメント・スコッド)とセブンズユースアカデミーの選手たち。

ホテルに戻り直ちにレビューミーティング。梅田ヘッドコーチから今後の課題を挙げられました。その後、今回チームに帯同してサポートしてくださり、前回のユースオリンピックに主将として出場した経験を持つ山田一輝さんから選手たちへアドバイス。選手たちは、次回のアカデミーで成長した姿を見せることを約束しました。

 

最後になりますが、今回のアカデミーを実施するに当たり、本当に多くの皆様からご支援とご理解、ご協力を賜りました。選手を快く派遣してくださった所属チームの皆様、合宿でお世話になった久留米市の皆様、福岡大学ラグビーフットボール部の皆様、そして第56回木元杯九州セブンズの運営にあたってくださり、様々な面でご支援をいただいた九州ラグビーフットボール協会並びに熊本県ラグビーフットボール協会、八代ラグビーフットボール協会の皆様。お陰様で大きなけがや事故もなく、無事に今回のセブンズユースアカデミーアカデミーを終えることができました。また、選手スタッフともども、この合宿、大会を通して、今後につながる素晴らしい経験を積むことができました。選手スタッフ一同、皆様のご厚意に心より感謝申し上げます。

 

次回アカデミーは5月19日(土)~21日(月)に福島県いわき市で開催を予定しております。


4月14日

アカデミー4日目。ついに今回のアカデミーのターゲットである「第56回木元杯九州セブンズ」初日を迎えました。今大会は4チームのリーグ戦で予選を行い、各リーグの1位がカップトーナメントに進出(Aリーグのみ2位もカップトーナメント進出)。2位がプレートトーナメント、3位と4位がボウルトーナメントに進みます。

朝からあいにくの空模様のため、出発の前にホテルでストレッチ等のウォーミングアップを行いました。

チームウォーミングアップの前に円陣を組み、勝利の為にチームですべきことを確認します。

ウォーミングアップの様子

試合開始直前に梅田ヘッドコーチから最終確認

いよいよキックオフを迎えました。初戦の相手は鹿児島大学です。先制トライこそ奪われましたが、その後はフィジカルで勝る大学生を相手に取り組みの成果を遺憾なく発揮して、最終スコア28対7で見事勝利を収めました。

次戦に備え、身体のケアを入念に行います。

梅田ヘッドコーチから初戦の映像を用いたゲームレビュー。

続く第2戦は、大分SDS(セブンズ・デベロップメント・スコッド)と対戦しました。天候が悪化したこともあり、相手のエラーに素早く反応するなど多くのチャンスを確実にものにしたセブンズユースアカデミーは、47対0で第2戦も勝利。

リーグ最終戦であるJR九州との試合は、フィジカルに長けた相手選手に対し、準備してきた組織ディフェンスと素早い攻撃で見事勝利を収め(最終スコア26対7)、3戦全勝で明日のカップトーナメントに進出しました。

明日は準備してきた全てを出し切り、納得のいく形で大会を終えたいと思います。
応援よろしくお願いいたします。


4月13日

アカデミー3日目、本日も早朝のS&Cセッションからスタートしました。上半身を中心にハードなトレーニングを行います。

下の写真は、今回のS&Cセッションでお借りした久留米大学のトレーニング場です。大変充実した素晴らしい施設であり、お陰様で実のあるトレーニングを行うことができました。久留米大学の皆様、このたびは大変お世話になりました。選手、スタッフ一同心より感謝申し上げます。

午前のトレーニングはキックオフの確認と昨日の修正練習を中心に行いました。ポイントを意識しながらチームで情報を共有し、明日から開催される第56回木元杯九州セブンズへ向けた良い準備ができました。

久留米を出発する際に、今合宿中、様々な面で大変お世話になった久留米大学の卒業生でもある山下ドクターと梯トレーナーへ選手たちのサイン入りジャージをプレゼントしました。

久留米合宿では多くの皆様からご支援をいただきました。宿舎、食事、練習会場など素晴らしい環境の下で3日間を過ごさせていただき、お陰様で大変良い準備をすることができました。本当にありがとうございました。

明日はいよいよ第56回木元杯九州セブンズ。これまで取り組んできた全てを発揮し、未来につながる戦いをしたいと思います。


4月12日

アカデミー2日目。早朝のS&Cセッションからスタートしました。

午前のトレーニング前にフォーカスポイントを映像で確認。

今回お世話になっている久留米スポーツセンター陸上競技場。メインスタンド5,300人、バックサイドスタンド12,000人の観客席を有した天然芝の素晴らしい競技場です。

午前練習は、昨日の課題として挙がっていたディフェンスの連携とタックル、キックオフの確認を中心に。

午後は福岡大学ラグビー部の皆様にお越しいただき、7分×2の練習試合を行いました。
課題もありましたが、アタック、ディフェンスともに練習の成果が随所に散見し、大変有意義な時間を過ごすことができました。福岡大学ラグビー部の皆様、本日はありがとうございました。選手スタッフ一同、心より御礼申し上げます。

練習試合後に、福岡大学ラグビー部の皆様、男子セブンズ・デベロップメント・スコッドの選手たちとともに記念撮影。

練習試合後に男子SDS(セブンズ・デベロップメント・スコッド)とアタックディフェンス。

夕食後のミーティングは選手中心のミーティング。ポジションごとに分かれ、練習試合の映像を確認しながらレビュー。良かった点、改善が必要な点、トレーニングで具体的に何をすべきかなど、建設的な話し合いがなされました。

明日の午後、「第56回木元杯九州セブンズ」開催地の熊本県八代市へ移動します。


4月11日

10日夜に集合しメディカルチェックを受けた選手たちは、本日よりラグビートレーニングを開始しました。
午前中は、アタックのサポートとディフェンスにフォーカスしたトレーニング。参加選手たちは意欲的に取り組みました。

昼食後は久留米大学のトレーニングルームをお借りして測定を行いました。

その後、久留米スポーツセンターへ移動しラグビートレーニング。

グラウンドでは、久留米市長の大久保 勉 様より同会場で練習中であった男子SDS(セブンズ・デベロップメント・スコッド)とセブンズユースアカデミー、シニアアカデミーの選手たちへ激励のお言葉を頂戴しました。

選手から大久保市長へ代表ジャージをプレゼント。

ご自身もラグビー経験者である大久保市長に代表ジャージをご着用いただき、選手たちとともに記念撮影。

大久保様、ご多用のところ激励のためにご訪問いただきありがとうございました。選手スタッフ一同大変励みになりました。

午後のトレーニング始めはビープテスト。

その後は、ブレイクダウンとディフェンスを中心としたトレーニング。初参加の選手もおり、当初はお互いに緊張している様子でしたが、徐々にコミュニケーションも活発になってきました。

明日の午後は福岡大学ラグビー部の皆様をお招きし、練習ゲームを予定しております。

RELATED NEWS