中学生(U15ジュニアラグビー)

平成29年度U15ジュニアラグビーニュース・トピックス

平成28年度U15ジュニアラグビーニュース・トピックス

17.01.04
16.12.31
16.11.23
16.11.21
16.10.19
16.10.19
16.10.19
16.09.19
16.09.12
16.09.08
16.06.16
16.05.06
16.04.28

U15ジュニアラグビー(中学生向けのラグビー)について

中学生(U15ジュニアラグビー)の特徴

図1.jpg
 U15ジュニアラグビーは発育期にある中学生(13~15歳)の体格や成長などを考慮して、多くの中学生が安全にラグビー競技をエンジョイできるように考えられています。

(1)プレーヤーは12人です。
(2)試合は一日最大2試合・70分(中1は60分)まで。
(3)学年による体格差がでやすい中学では、学年(年齢)に合わせたルールを採用しています。
(4)危険なプレー〔例えばローヘッド(頭を下げた状態でのプレー)や手だけで振り回すタックルなど〕は厳格に禁止しています。
などが特徴です。

U15ジュニアラグビーは、U15中学生年代の発育に沿った、持久力を重視したランニングラグビーを目指しているのが特徴と言えるでしょう。

中学生の大会について

A36T8947.JPG
中学生ラガーの目標となる、全国大会は現在2つあります。

 ひとつは毎年9月、茨城県水戸市で開催される、単独チームの全国大会「太陽生命カップ 全国中学生ラグビーフットボール大会」。この大会では、中学生・ラグビースクールの部に分かれ、それぞれのカテゴリーで日本一を競います。
 12月には各地域より選抜選手で組織されたチームが日本一を目指す「全国ジュニアラグビーフットボール大会」が開催されます。こちらは、東大阪市の花園ラグビー場ににて行われます。

さらに、関東・関西・九州の3地域では、勝敗を競わず交流を目的とした「ジャンボリー」が開かれています。

中学生のみなさんが大会やジャンボリーの参加、普段の練習などを通じて、ジュニアラグビーを楽しくプレーしてくれることを期待しています。

ルール(競技規則)

中学生(U15ジュニアラグビー)のルール

U15ジュニアラグビー競技規則Doticon_blk_PDF.png
※平成27年4月1日より施行
PDFデータ(534KB)でご覧になれます。

安全にラグビーをするために

U15ジュニアラグビー安全競技基準Doticon_blk_PDF.png

中学生ラグビーの服装ルール

U15ジュニアラグビー・中学生選手服装規定Doticon_blk_PDF.png

中学生プレーヤーの複数登録について(通達)

中学生の複数登録に関する運用ガイドライン

複数登録の対応マニュアル

中学生の複数登録手続きマニュアルDoticon_blk_PDF.png

複数登録の申請書式

複数登録等申請書Doticon_blk_PDF.png

ルールの変更・更新状況(通達)

競技規則関連(通達等)