2019年ラグビーワールドカップ普及啓発事業 ラグビーを通じた国際交流プログラム事業

実施要項

【平成30年度】実施要項  

1.趣  旨:本事業は、2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップ(RWC2019)に向けたラグビー競技の普及啓発を目的に実施します。
       英語及びラグビー技術の向上を目的とした留学プログラムにより、ラグビーを通じたニュージーランドの文化・伝統に触れ、ラグビーワールドカップ
       開催国(2011年開催)のレガシーを学ぶとともに、帰国後は各地のラグビーアンバサダーとしてRWC2019のレガシープラン推進のための伝達活動
       へ参加いただきます。ラグビー競技の普及に貢献する意欲のある女子高校生を下記のとおり募集します。(※今年度の募集は締め切りました)


2.概  要  LinkIcon平成30年度実施要項(PDF版)

  主  催:スポーツ庁

  募集人員:学校教育法に規定する高等学校に在籍し、ラグビー競技の普及や国際交流に意欲的に取り組む意思のある女子生徒12名程度

  内  容:(1)英語及びラグビーのスキルアップを目的にしたGame on Englishプログラム参加(「Game on Englishとは」参照)
       (2)ラグビーを通じたニュージーランド文化・伝統学習
       (3)帰国後の報告会及び2019年ラグビーワールドカップのレガシープラン推進活動参加

  派遣内容:(1)派遣期間 :8月5日(日)から8月25日(土) 21日間
       (2)派遣先 : ニュージーランド ベイ・オブ・プレンティ (予定)
       (3)滞在方法 : ニュージーランド家庭でのホームステイ



3.個人情報の取り扱い
       応募に際し取得した個人情報は、ご本人の個別の同意がない限り本利用目的及び(公財)日本ラグビー協会からの情報提供の目的以外では利用しない。
       ただし、派遣された参加者については本事業の広報等に使用することがある。
       本情報については、(公財)日本ラグビーフットボール協会個人情報保護に関する基本方針に基づき管理する。


4.本事業にかかる問合せ先
       (公財)日本ラグビーフットボール協会
        事務局 普及育成部
        電話番号:03-3401-3289 (※火曜日定休)
        担当:中村 愛

Game On English とは

Game On English とはLinkIconGame onEnglish(PDF版)

 「Game On English」はニュージーランド政府によって企画された、英語とスポーツ合体型の新しい留学プログラムです。英語圏であり、世界有数のスポーツ大国であるニュージーランドの強みを生かし、英語の集中プログラムとラグビートレーニングのふたつの柱から構成されています。また、ニュージーランド人家庭のホームステイ先に滞在し、地元の生活や文化を経験しながら生の英語を身につけます。

事業主催:エデュケーション・ニュージーランド(留学と国際教育を担当するニュージーランド政府機関)

内  容:(1)語学学校での集中的な英語研修
       ※語彙力、文法力、文章の組み立てなどを含む言葉の4技能(読む、書く、聞く、話す)を伸ばしコミュニケーション能力の向上を図ります。
     (2)ラグビーの専門的なトレーニング
     (3)ニュージーランド人家庭におけるホームステイ

プログラム(予定):
      月曜日~金曜日:午前 英語研修
              午後 ラグビートレーニング(現地チームと7人制ラグビーの親善試合も予定)
      土曜日・日曜日:自由行動(任意参加または参加必須のプログラムあり)

レポート(出発)

レポート(出発)

8月5日(日)真夏の日本から真冬のニュージーランドへ出発!

全国から公募を経て選出された女子高校生ラグビーセンス12名がニュージーランドへ出発しました。
8月25日(土)までの3週間、ラグビーのトレーニングと英語学習に取り組みます。

7月14日(土)に開催された派遣前オリエンテーションでは、ニュージーランド大使館やニュージーランド航空の皆様にもお越しいただき派遣に必要な様々なことを学びました。
また、平成27年度に本事業でニュージーランドに派遣され、昨年は女子日本代表としてラグビーワールドカップに出場した塩崎優衣さん、津久井萌さんにも参加いただき、当時の経験を交えながら参加者にエールを送っていただきました。

多くの関係者の期待を背に、3週間でしっかり成長し、ラグビーワールドカップのレガシーをつかんできます。

【派遣選手】
高橋 萌生        関東学院六浦高等学校(3年)
人羅 美帆        石見智翠館高等学校(3年)
丸山 珠季        アナン学園高等学校(3年)
香川メレ優愛ハヴィリ   埼玉県立熊谷女子高等学校(2年)
中村 沙弥        石見智翠館高等学校(2年)
西岡 那奈子       國學院大學栃木高等学校(2年)
林 かんな        福岡県立福岡高等学校(2年)
小野 海咲        大分県立大分上野丘高等学校(1年)
中平 あみ        國學院大學栃木高等学校(1年)
松井 香保里       徳島県立鳴門渦潮高等学校(1年)
吉田 早李        東京都立日比谷高等学校(1年)
領塚 惠         十文字高等学校(1年)

IMG_2614.JPGIMG_3798.JPGIMG_3807.JPGIMG_3806.JPG

レポート(第1週目)

レポート(第1週目)

キオラ!(マオリ語で「こんにちは」)

うだるような暑さの成田空港を発った女子高校生ラガール12名は8月6日早朝にニュージーランドに降り立ち、3週間の国際交流事業が幕を開けました。
タウランガ空港ではBAY OF PRENTY RUGBY UNION(BOPRU)のスタッフの出迎えを受け、さっそくハイパフォーマンスセンターに移動しオリエンテーションに参加。その後Tauranga Girls College(TGC)でホストファミリーに会い、それぞれのホームステイ先へ帰宅し初日を終えました。

 翌7日からはさっそくプログラムスタートです。ハイパフォーマンスセンターで測定を行うと、TGCではマオリ式の歓迎セレモニーに出席。TGCに通うキウィの高校生とマオリ式のゲームで交流しました。

 今年度は早朝からS&Cのトレーニングを行い、午前中は英語学習やバディを組んだ高校生と一緒に授業に参加するなど、交流を深めるプログラムに取り組みます。午後はラグビースキルトレーニングに取り組むハードなスケジュール。それでも女子高生ラガールは元気いっぱいに活動しています。

 S&CコーチのFranckはにこやかな笑顔でしっかり筋肉に届くメニューを指導。楽しみながら、帰国後も各自で継続できるメニューを考えてくれます。
 スキルトレーニングを担当するKellyコーチはブラックファーンズ(NZ女子代表)として現在も活躍するアスリート。先月の7人制ワールドカップの優勝メンバーでもあり、15人制ワールドカップやリオオリンピックなどで数々のメダルを獲得しています。それらのメダルを見せていただく機会もあり、初めて触れる金メダルの重さにKellyコーチの指導の貴重さを再認識したラガールたち。グラックファーンズの試合映像を使ったゲーム分析では分析結果を英語で発表するなど、とても意欲的に取り組みました。

そして迎えた11日の初試合は19-29と残念ながらほろ苦デビューとなりましたが、自分たちの課題が見えた、いい機会にもなりました。残り2週間で学ぶことを明確にし、しっかり成長して帰国できるよう来週からもトレーニングに臨みます。

週末に訪れたロトルアではマオリショーや間欠泉を見学し、ニュージーランドの大自然に触れました。あっという間に過ぎた1週間はラガールの心も体も大きな成長を感じさせる時間でした。

合言葉を「Link(つながる)」に決めた今年度のラガールたち。12名の絆をつなぎ、キウィの仲間との心をつなぎ、日本に大きな驚きを持ち帰れるよう、日々全力投球です!

8月7日 ウェルカムセレモニー.JPG8月7日ウェルカムセレモニー8月7日 マオリ文化体験.jpg8月7日マオリ文化体験8月7日 英語学習.jpg8月7日英語学習
8月9日 ラグビートレーニング.jpg8月9日ラグビートレーニング
8月10日 ラグビートレーニング①.jpg8月10日ラグビートレーグ①8月10日 ラグビートレーニング②.jpg8月10日ラグビートレーニング②
8月10日 試合①.jpg8月10試合①8月10日 試合②.jpg8月10日試合②
8月11日 ロトルア.jpg8月11日ロトルア