2019年ラグビーワールドカップ普及啓発事業 ラグビーを通じた国際交流プログラム事業

過去のレポート

平成28年度
平成27年度

募集要項

【平成29年度】募集要項  

1.趣  旨:本事業は、2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップ(RWC2019)に向けたラグビー競技の普及啓発を目的に実施します。
       英語及びラグビー技術の向上を目的とした留学プログラムにより、ラグビーを通じたニュージーランドの文化・伝統に触れ、ラグビーワールドカップ
       開催国(2011年開催)のレガシーを学ぶとともに、帰国後は各地のラグビーアンバサダーとしてRWC2019のレガシープラン推進のための伝達活動
       へ参加いただきます。ラグビー競技の普及に貢献する意欲のある女子高校生を下記のとおり募集します。


2.概  要  LinkIcon平成29年度募集要項(PDF版)
  主  催:スポーツ庁

  募集人員:学校教育法に規定する高等学校に在籍する女子生徒10名程度

  内  容:(1)英語及びラグビーのスキルアップを目的にしたGame on Englishプログラム参加(「Game on Englishとは」参照)
       (2)ラグビーを通じたニュージーランド文化・伝統学習
       (3)帰国後の報告会及び2019年ラグビーワールドカップのレガシープラン推進活動参加

  派遣内容:(1)派遣期間 :8月6日(日)から8月26日(土) 21日間
       (2)派遣先 : ニュージーランド ベイ・オブ・プレンティ (予定)
       (3)滞在方法 : ニュージーランド家庭でのホームステイ


3.応募方法LinkIcon出願書類を別に示す方法で提出すること。
  出願書類:出願書類 (1)志望票、(2)自己PR票は志望者本人が作成する。いずれも手書き、黒ペンで記入すること。
       (1)志望票:必要事項を記入し、所定欄に写真(4cm×3cm カラー・白黒いずれも可)を糊付けする。保護者による同意署名を必須とする。
       (2)自己PR票:
         ①日本語によるエッセイ:「志望動機(本プログラムに参加して学びたいこと)」
         ②英語によるエッセイ:「2019年ラグビーワールドカップ日本開催をより多くの人に知ってもらうために、あなた自身が取り組みたいこと」
         ③ラグビー競技歴
         ④英語等の資格の取得状況
       (3)推薦書:所属高等学校の顧問もしくは所属チームの指導者が作成する。推薦理由は具体的に記載する。

  提出方法及び提出先
        〒107-0061 東京都港区北青山2-8-35
          (公財)日本ラグビーフットボール協会  普及育成部 中村 宛て
          (「ニュージーランド交流事業出願書類在中」と朱書き)

  応募期間:平成29年4月15日(土)~平成29年5月31日(水) ※必着(締切厳守)
       ※期日を過ぎて提出された書類は受理いたしません。


4.選  考:出願書類に基づき(公財)日本ラグビーフットボール協会において、ラグビー競技歴、英語能力及び帰国後のラグビー普及活動への参加意欲等を
       総合的に判断し選考する。


5.結果通知:平成29年6月15日(木)までに志望者宛てに選考の結果を通知する。


6.派遣手続き:合格者は、派遣にかかる書類を提出する。期日までに書類の提出がない場合は参加の意思がないとみなし、当該志望者の派遣を取り止めとする。


7.費  用:(1)スポーツ庁委託事業 負担分
         ①航空券(成田空港⇔オークランド空港 往復)  ②現地での移動にかかる費用(オークランド空港⇔ベイ・オブ・プレンティ 往復)
         ③ニュージーランド宿泊費(朝・夕食付) ④Game on English参加費用
       (2)参加者 負担分
         ①パスポート取得にかかる費用  ②本邦内の移動にかかる費用  ③海外旅行保険
         ④現地での移動にかかる費用(オークランド空港⇔ベイ・オブ・プレンティ の移動を除く)
         ⑤その他、上記スポーツ庁委託事業負担分を除くニュージーランド滞在にかかる費用


8.派遣の取り止めについて
       合格後、傷病などにより健康状態が良好でなくなった場合など、派遣にふさわしくない事態があると認められた場合は派遣を取り止めとする。


9.個人情報の取り扱い
       応募に際し取得した個人情報は、ご本人の個別の同意がない限り本利用目的及び(公財)日本ラグビー協会からの情報提供の目的以外では利用しない。
       ただし、派遣された参加者については本事業の広報等に使用することがある。
       本情報については、(公財)日本ラグビーフットボール協会個人情報保護に関する基本方針に基づき管理する。


10.本事業にかかる問合せ先
       (公財)日本ラグビーフットボール協会
        事務局 普及育成部
        電話番号:03-3401-3289
        担当:中村 愛

Game On English とは

Game On English とはLinkIconGame onEnglish(PDF版)

 「Game On English」はニュージーランド政府によって企画された、英語とスポーツ合体型の新しい留学プログラムです。英語圏であり、世界有数のスポーツ大国であるニュージーランドの強みを生かし、英語の集中プログラムとラグビートレーニングのふたつの柱から構成されています。また、ニュージーランド人家庭のホームステイ先に滞在し、地元の生活や文化を経験しながら生の英語を身につけます。

事業主催:エデュケーション・ニュージーランド(留学と国際教育を担当するニュージーランド政府機関)

内  容:(1)語学学校での集中的な英語研修
       ※語彙力、文法力、文章の組み立てなどを含む言葉の4技能(読む、書く、聞く、話す)を伸ばしコミュニケーション能力の向上を図ります。
     (2)ラグビーの専門的なトレーニング
     (3)ニュージーランド人家庭におけるホームステイ

プログラム(予定):
      月曜日~金曜日:午前 英語研修
              午後 ラグビートレーニング(現地チームと7人制ラグビーの親善試合も予定)
      土曜日・日曜日:自由行動(任意参加または参加必須のプログラムあり)

出願書類はこちら

出願書類はこちら

国際交流プログラムに出願の方は、下記より応募用紙をダウンロードしてください。
出願には、「志望票」「自己PR票(1/2)」「自己PR票(2/2)」「推薦書」の全4枚が必要です。

出願書類ダウンロードはこちらLinkIcon出願書類


※留意事項
応募期間:平成29年4月15日(土)~平成29年5月31日(水) ※必着(締切厳守)

出願書類:出願書類(1)志望票、(2)自己PR票は志望者本人が作成する。いずれも手書き、黒ペンで記入すること。
      (1)志望票 : 必要事項を記入し、所定欄に写真(4cm×3cm カラー・白黒いずれも可)を糊付けする。保護者による同意署名を必須とする。
      (2)自己PR票 :
         ①日本語によるエッセイ:「志望動機(本プログラムに参加して学びたいこと)」
         ②英語によるエッセイ:「2019年ラグビーワールドカップ日本開催をより多くの人に知ってもらうために、あなた自身が取り組みたいこと」
         ③ラグビー競技歴
         ④英語等の資格の取得状況
      (3)推薦書 所属高等学校の顧問もしくは所属チームの指導者が作成する。推薦理由は具体的に記載する。

提出方法及び提出先
      〒107-0061 東京都港区北青山2-8-35
      (公財)日本ラグビーフットボール協会  普及育成部 中村 宛て
      (「ニュージーランド派遣事業出願書類在中」と朱書き)

個人情報の取り扱い
      応募に際し取得した個人情報は、ご本人の個別の同意がない限り本利用目的及び(公財)日本ラグビー協会からの情報提供の目的以外では利用しない。
      ただし、派遣された参加者については本事業の広報等に使用することがある。
      本情報については、(公財)日本ラグビーフットボール協会個人情報保護に関する基本方針に基づき管理する。

本事業にかかる問合せ先
      (公財)日本ラグビーフットボール協会
      事務局 普及育成部
      電話番号:03-3401-3289
      担当:中村 愛