女子ラグビー

平成30年度女子ラグビーニュース・トピックス

18.05.23
18.05.19
18.05.19
18.05.11
18.05.09
18.05.07
18.04.30
18.04.30
18.04.29
18.04.28
18.04.27
18.04.27
18.04.25
18.04.23

女子ラグビーについて

女子ラグビーについて

AF1Z0086.JPG
  2016年の夏季五輪への7人制ラグビー正式種目採用決定に伴い、女子ラグビーを取り巻く環境は劇的に変化を遂げました。競技人口も、年々上昇傾向にあり若年層の選手たちも大きく増えてきました。

 各地域、各都道府県協会で女子活動が活発になり、新チームの発足、各カテゴリーの大会が充実してきました。中学生は太陽生命カップ、2017年より新設された全国ジュニアラグビーフットボール大会、高校生はKOBELCOカップ全国高等学校女子7人制ラグビーフットボール大会、全国女子選手権大会(高校生の部)、U18花園女子セブンズ、そしてシニアは全国女子選手権大会(一般の部)、東西対抗試合、JAPAN WEMENS SEVENS等の各種大会が全国各地で開催しています。

大会について

A36T7974.JPG

~日本協会主催の女子大会~
【2017年実績】
4月~11月:太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ
4月:高校選抜女子セブンズ
7月:KOBELCOカップ全国高等学校女子7人制ラグビーフットボール大会
9月:太陽生命カップ全国中学生ラグビーフットボール大会
10月:Japan Women's Sevens
11月:全国女子ラグビーフットボール選手権大会(高校生の部)
12月:U18花園女子15人制
1月:全国ジュニアラグーフットボール大会
3月:全国女子ラグビーフットボール選手権大会(一般の部)
   平成29年度女子東西対抗試合

各カテゴリーの大会充実により、女子選手の活躍の機会も増えています。

ルール(競技規則) (基本的なルールは男子と変わりません。カテゴリーに合わせたルールをご確認ください)

タグラグビー、小学生、中学生・高専生・高校生のルール

平成27年度版競技規則(タグ・ラグビー、U12ミニラグビー、U15ジュニアラグビー、U19歳未満国内高専・高校以下用)LinkIcon
※平成27年4月1日より施行
PDFデータ(1,981KB)でご覧になれます。

指導方法のヒント(コーチングコンテンツの紹介)

JRFUコーチングツールボックス

CTB2 900x134.png