スケジュールとメンバーはこちら

1月29日(水)

シドニー合宿9日目。
午前中は立っているだけでも肌が痛くなる暑さでしたが、1時間、集中した練習を行いました。

初めてキャプテンを務める堤ほの花選手が、男子のキャプテンの桑水流選手と共に大会会場のWestbank Stadiumでの、「キャプテンズフォト」に参加致しました。

夜は、今回リエゾンのBenさんとKatjaさんも一緒に、近くの日本食レストランでチームディナーを行い、コミュニケーションを深め、大会にむけて更に、士気を高めていきました。


1月28日(火)

シドニー合宿8日目。
26日から「日本代表」オーストラリア遠征となりました。
Narrabeenから、ワールドシリーズシドニー大会が開催される「Bankwest Stadium」があるParramattaへ移動してから早くも3日経ちました。
移動とオフを挟み、昨日と今日は、午前中にトレーニングを行いました。
連日30度近い暑さにも負けず、大会に向けて、プレーの確認、修正を行っております。


1月24日(金)

合宿4日目。
朝から、滞在中のNarrabeenでは大雨が降り、練習が心配されましたが、ホテルを出発する頃には雨も止み、晴れ間が見えました。

今日は、オーストラリアのデベロップメントチームと、午前は7分3本、午後は7分2本の練習試合を行いました。来週のワールドシリーズオーストラリア大会(シドニー7s)に向けて、試合感覚を戻せたこと、残りの1週間で修正するべき点を抽出できたことなど、貴重な試合となりました。

今日でNarrabeenでの練習を終え、明日、大会開催地のParramattaへ移動します。
 

1月22日(水)

合宿2日目。
午前中はチームミーティングを行い、オーストラリア大会に向けてのフォーカスポイントを確認しました。その後、近くの公園で、アタックのムーブを色々と試し、午後の練習に繋げました。

午後は、グラウンドでタッチゲーム、セットアタック、コンタクトスキルのトレーニングを行いました。

夕食後には中村選手の提案により、選手とスタッフの絆を深める「Chill Time」を実施しました。毎回合宿中は、練習、食事、ケアで、ラグビー以外のコミュニケーションの時間を十分に取るのが難しいため、いくつかのグループに分かれ、ゆっくりと話す時間を設けてチーム内の相互理解を深めました。

 

1月21日(火)

オーストラリア合宿1日目。
HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ・オーストラリア大会に向けての直前合宿が、本日より始まりました。
シドニー空港から車で約1時間のNarrabeenのSydney Academy of Sportsという施設で25日まで合宿を行います。ここは、かつてオーストラリアの男女セブンズ代表が強化拠点としていた施設です。
この日は、長いフライトからのリカバリーを目的に、グラウンドでアクティブリカバリー、ジムでウェイトトレーニングとプールリカバリーをしました。