公益財団法人日本ラグビーフットボール協会(会長:森重隆、東京都港区)は、「第57回全国大学ラグビーフットボール選手権大会」の大会概要および組合せをお知らせいたします。

本大会は、World Rugby発表の「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に伴うラグビー活動の安全な再開について」、および日本ラグビーフットボール協会発表の「日本協会主催試合再開プログラム」に基づき、新型コロナウイルス感染症の対策を講じた上で開催いたします。なお、1回戦および2回戦は無観客試合とし、3回戦以降は有料試合といたします。

決勝の試合会場、各試合のキックオフ時間、チケット情報、取材申請方法等は決まり次第お知らせいたします。

 

「第 57 回全国大学ラグビーフットボール選手権大会」大会概要


■主催                  公益財団法人日本ラグビーフットボール協会

■共催                  NHK

■後援                  読売新聞社(予定)

■主管                  関東ラグビーフットボール協会、関西ラグビーフットボール協会、九州ラグビーフットボール協会

 

■日程・会場           1回戦     2020年11月21日(土)           福岡・福岡県営春日公園球技場

※丸数字は試合数   2回戦     2020年11月29日(日)           愛知・パロマ瑞穂ラグビー場

                             3回戦     2020年12月13日(日)           東京・秩父宮ラグビー場②

                           大阪・東大阪市花園ラグビー場②             

                             準々決勝 2020年12月19日(土)          東京・秩父宮ラグビー場②

                           大阪・東大阪市花園ラグビー場②             

                             準決勝    2021年1月2日(土)               東京・秩父宮ラグビー場②

                             決勝        2021年1月11日(月・祝)      会場未定

 

■出場チーム         全14チーム

出場所属リーグ・グループ/地域代表

出場チーム数

関東大学対抗戦Aグループ

3

関東大学リーグ戦1部

3

関西大学Aリーグ

3

前回大会優勝チーム所属リーグ・グループ(関東大学対抗戦Aグループ)

1

前回大会準優勝チーム所属リーグ・グループ(関東大学対抗戦Aグループ)

1

九州学生リーグⅠ部

1

東海・北陸・中国・四国地区代表

1

北海道・東北地区代表

1

■競技規則             ①  2020年版ワールドラグビーの競技規則により実施する。

②  試合時間は前後半40分間ずつを行い、ハーフタイムは12分間とする。

③ タイムキーパー制にて実施する。

④ 決勝のみTMO(テレビジョンマッチオフィシャル)制度を実施する。

⑤ ペナルティートライ(PT)は、7点としコンバージョンキックは実施しない。また、大会規定によりトライ数、及びトライ後のゴール数の算出が必要な場合は、トライ数1・ゴール数1の扱いとする。


■競技方法             ① 本大会はトーナメント方式により実施する。

② 同点により次戦進出チームが決定できない場合は、以下の順により次戦進出チームを決定する。

A)当該試合におけるトライ数の多いチーム

B)上記で決定できない場合は、当該試合におけるトライ後のゴール数の多いチーム

C)上記で決定できない場合は、抽選で決定する。

抽選となった場合は、当該試合終了後、マッチコミッショナー、担当レフリー、及び運営担当者が立会いの下、両チームのキャプテンにより抽選を実施する。抽選方法は、予備抽選にて抽選順を決定後、本抽選を行うこととする。

③ 決勝が同点の場合は、トライ数、ゴール数にかかわらず、両チーム優勝とする。

 

■表彰                  優勝・準優勝チームを表彰する。

 

■入場料・チケット    1回戦および2回戦は無観客試合とし、3回戦以降は有料試合とする。

※チケット情報は決まり次第お知らせいたします。


■組み合わせ