公益財団法人日本ラグビーフットボール協会(会長・森 重隆、東京都港区)は、「第18回全国小学生タグラグビー大会」を以下概要にて開催することになりましたのでお知らせいたします。

 

これまで日本全国から1,200チーム、10,000名を超える小学生が参加し、タグラグビーを通じてスポーツの意義や楽しさを学んできました。昨年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け開催を見送りましたが、今年度は感染症対策を最優先のうえ、開催日を1日のみに短縮し、競技グラウンド内のプレーヤー人数も変更して実施いたします。なお、今後の新型コロナウイルス感染症の状況によっては、大会方式等が変更となる可能性がございます。

 

この大会を通じてラグビーの楽しさや『ノーサイド』によって対戦相手と友達になるというラグビースピリットを感じてもらえるよう、私たちはタグラグビーの普及に取り組んでいます。“子ども達が目指すタグラグビーの大会”として位置づけられた本大会に参加した子ども達が今後のラグビーワールドカップ、セブンズ(7人制ラグビー)日本代表などで活躍し、日本を牽引するラグビープレーヤーとなることを私たち公益財団法人日本ラグビーフットボール協会は信じております。


■第18回全国小学生タグラグビー大会 開催概要 

大会名称

第18回全国小学生タグラグビー大会

目的

全国各地の小学生が、ラグビーからコンタクトを除いたタグラグビーをプレーすることにより、ラグビースピリットを通じ、仲間と助け合うことを体験し、自ら考えて道を切り開くことを身につけ、スポーツの意義を実感することを目的とする。

主催

(公財)日本ラグビーフットボール協会

主管

関東ラグビーフットボール協会

関西ラグビーフットボール協会

九州ラグビーフットボール協会

後援

スポーツ庁、朝日新聞社

協賛

サントリーホールディングス株式会社、株式会社シミズオクト、株式会社BLK JAPAN、SMBCグループ

競技規則

(公財)日本ラグビーフットボール協会、タグラグビー標準競技規則をもとにした大会規則とする。

出場資格

小学生4〜6年生(日本の学期制による)1チーム・6〜8人とする。

(1チームを競技グラウンド内にいる4名のプレーヤーと入替可能な2名以上4名以下)

全国大会

2022年2月12日(土)

 

※大会開催について、詳しくは特設ページをご覧ください。


全国小学生タグラグビー大会事務局

〒105-0004 東京都港区新橋5-9-1 新橋5丁目ビル1F CIC内

TEL:03-5777-6625 

FAX:03-5777-5351 

Email:tagrugby@cicinc.co.jp

以上