教育関係者のための情報 ニュース&トピックス

京都会場:教員向け講習「タグラグビーの指導方法と魅力的な授業づくり」受講者募集

(公財)日本ラグビーフットボール協会(JRFU)は文部科学省の指定を受け、令和3年度に初めて教員免許状の更新講習を開催しました。
今年度は免許状更新講習に代わる「新たな教師の学び」に向けた学習コンテンツとして、下記のとおり「タグラグビーの指導方法と魅力的な授業づくり」を学ぶ講習会を開催します。

本講習は小学校学習指導要領本文および中学校学習指導要領解説保健体育編に示されたタグラグビーについて、JRFUが従来取り組んできたタグラグビーティーチャー研修会及び免許状更新講習の知見を基に、教員の方々を対象に開催します。
タグラグビーを体育の授業で取り入れてみたい先生や、取り入れているもののうまく進められていない先生はぜひご受講ください。

■講習概要
日時:2023年8月3日(木)9:30-16:30
会場:京都産業大学総合体育館メインアリーナ
   https://www.kyoto-su.ac.jp/access.html
   地下鉄「国際会館駅」下車→京都バス(40系統)で京都産業大学前下車
   地下鉄「北大路駅」下車→市バス(北3号系統)または京都バスで京都産大前下車
対 象:教員(小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校)
   ※教員以外の方にはご受講いただけません。
定 員:40名
受講料:無料

座学と実技の講習によりタグラグビーの授業づくりを考えます。座学では、競技の特性を論ずるとともに、タグラグビーに共通するラグビーの歴史や文化にも触れ、体育・保健体育科以外での活用も講じます。実技では受講者自身がプレーすることで、豊富な運動量と誰もが活躍できることを体感いただきながら授業の組み立てを学びます。座学と実技を踏まえ、学校での指導計画づくりに役立てます。
カリキュラム(予定):
 (1)講義 Ⅰ 『ラグビーの歴史・文化を踏まえたタグラグビーの魅力』
    ・ラグビーの歴史や精神
    ・タグラグビーの魅力
    ・ボールゲームの分類論から見たカリキュラム検討の可能性
    ・学習指導要領との関係について 等
 (2)実技 『タグラグビーの指導方法』
    ・やさしいルールのゲームとその指導法
    ・発展したルールのゲームとその指導法 等
 (3)講義Ⅱ 『魅力的な授業のつくり方』
    ・タグラグビーの授業づくりのポイント(指導計画の考え方)等
※主催者にて傷害保険に加入いたします。

持ちもの:筆記用具、運動のできる服装、体育館シューズ、飲み物(昼食は各自ご用意ください)

■申込方法
1.下記フォームよりお申込みください。
  https://business.form-mailer.jp/fms/f932f8ee200402
   ※申込みが完了するとフォームにご記入いただいたメールアドレスへ自動返信メールが届きます。
   自動返信メールを受信できるよう、受信設定をご確認ください。
   自動返信メールが届かない場合は下記問合せ先までご連絡ください。
2.募集期間:2023年5月24日(水)~7月20日(木)
   ※定員に達した時点で締め切りとさせていただきます。

■問合せ先
(公財)日本ラグビーフットボール協会 普及育成部門
fukyu★rugby-japan.or.jp
※★を@に置き換えてご連絡ください。

チラシのデータはこちらからダウンロードください。