ラグビーワールドカップ2019日本大会 プール組分け抽選会結果およびコメント

ラグビー日本代表は、本日5月10日に京都迎賓館で実施されたラグビーワールドカップ2019(RWC2019)日本大会プール組分け抽選会の結果、A組に入り、アイルランド、スコットランド、ヨーロッパ地区1、ヨーロッパ・オセアニアプレーオフと同組となりました。

この組分け抽選の結果を受け、当協会会長の岡村正と日本代表ヘッドコーチのジェイミー・ジョセフ、日本代表選手のコメントをお知らせします。

■ラグビーワールドカップ2019 プール組分け

プールA プールB プールC プールD
アイルランド(4) ニュージーランド(1) イングランド(2) オーストラリア(3)
スコットランド(5) 南アフリカ(7) フランス(6) ウェールズ(8)
日本(11) イタリア(15) アルゼンチン(9) ジョージア(12)
ヨーロッパ地区1 アフリカ地区1 アメリカ地区1 オセアニア地区1
ヨーロッパ・オセアニア

プレーオフ

敗者復活予選優勝チーム オセアニア地区2 アメリカ地区2

※カッコ内の数字は世界ランク
※国名表記のない欄は予選プロセスをご参照ください
http://www.rugbyworldcup.com/qualifying/process

■日本ラグビーフットボール協会 会長 岡村正 コメント

「日本代表はアイルランド、スコットランド、ヨーロッパ地区1、ヨーロッパ・オセアニアプレーオフと同組になりました。尊敬すべき歴史と伝統を持つ強豪国やお互いに切磋琢磨しているライバル国を相手に、日本代表がすべての人を夢中にさせてくれることを期待しています。そして、好成績をあげた前回大会をさらに上回るベスト8以上という結果を出すことを、今から楽しみにしています」

■日本代表 ジェイミー・ジョセフヘッドコーチ コメント

「アイルランド代表、スコットランド代表ともにセットピースが強く、日本代表よりも体が大きいチームなので、彼らから受けるであろうプレッシャーに私たちがうまく対処していくことができれば、勝利に近づくことができると思います。そういったチームと対戦するにあたり、ベテラン選手と若い選手の力を融合させて、ぐっと成長しなければいけないと思っています。
どのプールも強いチームがそろっており、抽選会が終わった今、我々全員がワールドカップに向けて準備を始めるのみだと思います。大会までの2年間、しっかり準備をしていきたいと思います」

■日本代表 立川理道選手 コメント

「予選の組合せが決まって実感がわき、ワクワクしてきました。スコットランドにはRWC2015で戦って負けているので、次は勝てるように準備をしたいと思います。また、6月のアイルランド戦はよい機会になったので、しっかりと試合の内容にこだわって戦い、RWC2019に繋げたいと思います。
あと2年しかないなかで時間をうまく使い、これからのテストマッチは全てRWC2019を想定して戦っていきたいと思います。ワールドカップは事前の準備が重要なので、これからの2年間はRWC2019により集中していきたいと思います」

■日本代表 田中史朗選手 コメント

「組合せが決まりワクワクしています。前回大会の悔しい思いを2019年に晴らすことができるチャンスを与えてもらい嬉しい気持ちです。6月のアイルランド戦は自分たちの現在の立ち位置を知り、この先どれだけ努力しなければいけないのかが見えてくるので楽しみです。RWC2019に向けて相手チームのことをしっかりと見極め、自分たちのラグビーを確立していきたいと思います」

■日本代表 田村優選手 コメント

「どのチームも強いので、どこと同プールになるかはあまり気にしていませんでした。スコットランドはRWC2015と2016年にも戦って負けた相手なので、RWC2019では勝ちたいと思います。RWC2019に向けて、今まで通り1日1日を大切に準備していきます」

■日本代表 福岡堅樹選手 コメント

「いいプールに入ったと思います。スコットランドは前回大会で出場した唯一の試合で、チームが負けた唯一の相手です。その雪辱を果たしたいと思っています。6月のアイルランド戦はRWC2019 の前哨戦になるので、ワールドカップにつながる結果を出さなければならず、身の引き締まる思いがします。あと2年という短い期間、けがをせず一つひとつ成長を続け、RWC2019では最高のパフォーマンスをしたいと思います」

■日本代表 堀江翔太選手 コメント

「対戦チームが決まったので、しっかりとした準備をしたいと思います。ワールドカップになればどのチームも一段階レベルが上がるので、その準備は大切です。6月のアイルランド戦はRWC2019を想定した試合になると思うので、ここでもよい準備をして臨みたいと思います」

■日本代表 山田章仁選手 コメント

「どのチームも強くやりがいのあるプールだと思います。スコットランドとはワールドカップでの負けをワールドカップで返すことができるチャンスです。また、アイルランドと同じプールということは今年6月のテストマッチへのよいモチベーションにもなります。個人的にはRWC2019 にはぜひ出場したい。前回の経験を生かし、さらにチームをけん引する選手でありたいと思っています」

RELATED NEWS