(公財)日本ラグビーフットボール協会

〒107-0061

東京都港区北青山2-8-35

代表者:会長 岡村 正 設立:1926年(大正15年)11月30日

TEL:03-3401-3321 FAX:03-3401-6610

就業時間9:30~18:00/火曜定休


年表

大正15年11月30日 日本ラグビー蹴球協会発足
関東ラグビー蹴球協会(大正13年発足)、西部ラグビー蹴球協会(大正14年発足)の東西の協会を統括運営する必要性が出てきたため、統一機関として発足
昭和3年 初代会長 高木喜寛 就任
第1回東西対抗ラグビー開催(甲子園球場)・秩父宮賜杯贈呈
昭和5年 日本代表 カナダへ初の海外遠征を行う。(6勝1分)
昭和17年 日本ラグビー蹴球協会、大日本体育大会蹴球部会と位置付けられる
昭和22年 名誉総裁 秩父宮擁仁親王殿下 御就任
東京ラグビー場(現秩父宮ラグビー場)竣成
昭和24年 第1回全国社会人大会開始(福岡配炭公団対近鉄・福岡配炭公団が優勝)
昭和28年 2代目会長 田辺九萬三 就任
秩父宮擁仁親王殿下薨去(享年50歳)
東京ラグビー場を秩父宮ラグビー場と改称
昭和31年 3代目会長 香山 蕃 就任
昭和36年 第1回NHK杯ラグビー試合(日本選手権の前身)開始
昭和37年 秩父宮ラグビー場、国立競技場に移譲
昭和38年 日本代表戦後初海外遠征(カナダ)
昭和39年 第1回日本選手権試合開催(近鉄対同志社・同志社が優勝)
昭和40年 第1回全国大学選手権大会開催(法政対早稲田・法政が優勝)
昭和43年 4代目会長 湯川正夫 就任
昭和44年 第1回アジアラグビー大会開催(日本は全勝で優勝)
昭和45年 5代目会長 横山通夫 就任
昭和46年 第1次・高校日本代表のカナダ遠征(3勝2敗)
昭和47年 6代目会長 椎名時四郎 就任
昭和48年 全国高校選抜東西対抗試合開始(東軍勝利)
昭和54年 7代目会長 阿部 譲 就任
昭和57年 代表キャップ制度を発足
平成2年 8代目会長 磯田一郎 就任
平成4年 9代目会長 川越藤一郎 就任
平成5年 第1回ジャパンセブンズ開催
平成7年 10代目会長 金野 滋 就任
平成12年 IRBワールドセブンズシリーズ日本大会開催
平成13年 11代目会長 町井徹郎 就任
平成15年 ジャパンラグビー トップリーグ発足
平成16年 町井徹郎会長逝去につき、日比野弘副会長が会長代行として就任
平成17年 12代目会長 森喜朗 就任
平成21年 U20世界ラグビー選手権(IRBジュニアワールドチャンピオンシップ2009)開催
第9回ラグビーワールドカップの日本招致成功
平成25年 公益財団法人へ移行
平成27年 13代目会長 岡村正 就任