ラグビーを知る・楽しむ

セブンズを知ろう

競技について

15人制のラグビーと同じフィールドを使って、7分から10分ハーフで試合は行われる。
広いフィールドを少ない人数でカバーするため、ボールが大きく動き、スピードとアジリティ、ハンドリングスキルが重要。エキサイティングで流れるようなプレーが見どころ。
男女のセブンズはオリンピックの正式競技(2016年リオデジャネイロオリンピックから)。また、セブンズ・ワールドカップも4年に一度開催される。

主なルール

1.プレーヤーの人数
フィールド上でプレーするのは7人。
交替/入替:1チームあたり5名まで入替あるいは交替することができる。
2.試合時間
14分以内(7分ハーフ)。
※大会の決勝戦については、試合時間は20分以内で行うことができる。(10分ハーフ)
3.ハーフタイム
ハーフタイムは2分以内。
4.競技規則
基本的には15人制と同様の競技規則となるが、試合時間やいくつかの項目で変更事項がある。
セブンズの競技規則はこちら
(平成27年度(2015年度)競技規則 172ページから)
5.ポジション
フォワード(FW)3名とバックス(BK)4名で形成。
■プロップ(PR)2名 / フッカー(HO) ・・・FW3名
■スクラムハーフ(SH) / スタンドオフ(SO) / センター(CTB) / ウィング(WTB) ・・・BK4名
6.スクラム
スクラムは、1列になった3名ずつのプレーヤーで形成される。
7.シンビン(一時退出)
不当なプレーなどにより、レフリーよりシンビン(一時的退出)となった場合は、2分間一時退出となる。