「ラグビーワールドカップ2011 ニュージーランド大会」日本代表メンバー

FW:16名
ポジ ション posi tion 選手名 Name 所属チーム Club Team 年齢 Age 出身校 Graduate 身長 HT (cm) 体重 WT (kg) 生年月日 D.O.B キャ ップ Caps
PR1 平島久照 Hisateru HIRASHIMA 神戸製鋼コベルコスティーラーズ KOBE STEEL Kobelco Steelers 28 福岡大学 Fukuoka Univ. 180 110 1983/1/15 24
PR1 川俣直樹 Naoki KAWAMATA パナソニック ワイルドナイツ Panasonic Wild Knights 25 明治大学 Meiji Univ. 184 118 1985/10/31 17
HO 青木佑輔 Yusuke AOKI サントリーサンゴリアス SUNTORY Sungoliath 28 早稲田大学 Waseda Univ. 176 95 1983/6/19 21
HO 堀江翔太 Shota HORIE パナソニック ワイルドナイツ Panasonic Wild Knights 25 帝京大学 Teikyo Univ. 180 104 1986/1/21 14
HO 湯原祐希 Hiroki YUHARA 東芝ブレイブルーパス TOSHIBA Brave Lupus 27 流通経済大学 Ryutsu keizai Univ. 173 105 1984/1/21 8
PR3 畠山健介 Kensuke HATAKEYAMA サントリーサンゴリアス SUNTORY Sungoliath 26 早稲田大学 Waseda Univ. 178 116 1985/8/2 23
PR3 藤田 望 Nozomu FUJITA ホンダヒート HONDA Heat 26 中央大学 Chuo Univ. 191 118 1984/10/2 10
LO 大野 均 Hitoshi ONO 東芝ブレイブルーパス TOSHIBA Brave Lupus 33 日本大学 Nihon Univ. 192 105 1978/5/6 51
LO 北川俊澄 Toshizumi KITAGAWA トヨタ自動車ヴェルブリッツ TOYOTA Verblitz 30 関東学院大学 Kanto Gakuin Univ. 195 110 1981/2/7 37
LO トンプソン ルーク Luke THOMPSON 近鉄ライナーズ KINTETSU Liners 30 リンカーン大学[NZ/日本] Lincoln Univ. 196 109 1981/4/16 34
LO ジャスティン・アイブス Justin IVES パナソニック ワイルドナイツ Panasonic Wild Knights 27 タイエリ高[NZ] Taieri College 196 100 1984/5/24 8
FL ◎ 菊谷 崇 Takashi KIKUTANI トヨタ自動車ヴェルブリッツ TOYOTA Verblitz 31 大阪体育大学 Osaka University of Health And Sport Sciences 187 100 1980/2/24 44
FL マイケル・リーチ Michael LEITCH 東芝ブレイブルーパス TOSHIBA Brave Lupus 22 東海大学 Tokai Univ. 190 103 1988/10/7 18
FL バツベイ シオネ Sione VATUVEI パナソニック ワイルドナイツ Panasonic Wild Knights 28 拓殖大学[TGA/日本] Takushoku Univ. 189 100 1983/3/14 5
NO8 ホラニ龍コリニアシ Ryukoliniasi HOLANI パナソニック ワイルドナイツ Panasonic Wild Knights 29 埼玉工業大学[TGA/日本] Saitama Institute of Technology 188 111 1981/10/25 19
NO8 谷口 到 Itaru TANIGUCHI 神戸製鋼コベルコスティーラーズ KOBE STEEL Kobelco Steelers 26 筑波大学 Tsukuba Univ. 188 105 1984/10/1 7
BK:14名
ポジ ション posi tion 選手名 Name 所属チーム Club Team 年齢 Age 出身校 Graduate 身長 HT (cm) 体重 WT (kg) 生年月日 D.O.B キャ ップ Caps
SH 田中史朗 Fumiaki TANAKA パナソニック ワイルドナイツ Panasonic Wild Knights 26 京都産業大学 Kyoto Sangyo Univ. 166 75 1985/1/3 28
SH 吉田朋生 Tomoki YOSHIDA 東芝ブレイブルーパス TOSHIBA Brave Lupus 29 東海大学 Tokai Univ. 172 78 1982/2/22 24
SH 日和佐 篤 Atsushi HIWASA サントリーサンゴリアス SUNTORY Sungoliath 24 法政大学 Hosei Univ. 166 71 1987/5/22 6
SO ジェームス・アレジ James ARLIDGE ノッティンガム Nottingham 【ENG】 32 オークランド大学[NZ] Auckland Univ. 187 93 1979/8/11 29
SO マリー・ウィリアムス Murray WILLIAMS 豊田自動織機シャトルズ TOYOTA Industries Shuttles 29 オークランド大学[NZ] Auckland Univ. 180 86 1982/6/27 3
CTB 今村雄太 Yuta IMAMURA 神戸製鋼コベルコスティーラーズ KOBE STEEL Kobelco Steelers 26 早稲田大学 Waseda Univ. 178 93 1984/10/31 32
CTB ニコラス ライアン Ryan NICHOLAS サントリーサンゴリアス SUNTORY Sungoliath 32 オタゴ大[NZ/日本] Otago Univ. 192 100 1979/5/23 32
CTB 平 浩二 Koji TAIRA サントリーサンゴリアス SUNTORY Sungoliath 28 同志社大学 Doshisha Univ. 185 94 1983/1/12 30
CTB アリシ・トゥプアイレイ Alisi TUPUAILAI キヤノンイーグルス CANON EAGLES 30 リンウッド高[SAM] Linwood College 187 116 1980/9/28 16
WTB 小野澤宏時 Hirotoki ONOZAWA サントリーサンゴリアス SUNTORY Sungoliath 33 中央大学 Chuo Univ. 180 85 1978/3/29 64
WTB 遠藤幸佑 Kosuke ENDO トヨタ自動車ヴェルブリッツ TOYOTA Verblitz 30 法政大学 Hosei Univ. 186 90 1980/11/11 38
WTB 宇薄岳央 Takehisa USUZUKI 東芝ブレイブルーパス TOSHIBA Brave Lupus 25 同志社大学 Doshisha Univ. 180 88 1985/9/28 6
FB ウェブ将武 Shaun WEBB コカ・コーラウエストレッドスパークス COCA-COLA West Red Sparks 29 リンカーン大学[NZ] Lincoln Univ. 180 90 1981/12/30 31
UtilityBK 上田泰平 Taihei UEDA ホンダヒート HONDA Heat 29 福岡大学 Fukuoka Univ. 180 89 1982/3/3 5
日本代表選手コメント(一部)
畠山健介選手 「はじめてのワールドカップということで、色々と予想していないことが起きるかもしれません。チーム一丸となって、これらの困難を乗り越えて最高の結果を残せるよう頑張ります」 大野均選手 「最終メンバーに残ることが出来て嬉しく思います。これからワールドカップ初戦に向けてしっかり気持ちを作って、世界を驚かせる結果を出すためにニュージーランドへ行ってきます」 バツベイ シオネ選手 「ワールドカップメンバーに選ばれたことを嬉しく思います。1戦1戦を大事にしてチームの目標を達成できるようベストを尽くします。日本代表ジャージに袖を通すことは特別な意味を持ちます。日本のみなさんの期待を裏切らないプレーを見せられるよう頑張ります。また、日本代表だった兄の功績を超えられるようチャンスを活かしたいです」 ホラニ龍コリ二アシ選手 「素直に嬉しいし、選ばれた以上は責任をもって日本の目標である2勝以上を目標に1戦、1戦立ち向かっていきたいと思います」 菊谷崇キャプテン 「ワールドカップに向けた最終メンバーが決まりました。29日の再集合から、初戦までこのチームをもう一度つくりなおしてベストな状態でフランス戦に臨めるように頑張ります」 田中史朗選手 「ワールドカップメンバーに選ばれることが目標ではないので、しっかりワールドカップ本番で結果を残すことを目標に頑張りたいと思います」 日和佐篤選手 「最終メンバーに選ばれたことは素直に嬉しく思います。選ばれた以上は責任をもって、日々努力して、ひとつでも多く試合に出られるよう頑張っていきたいです」 小野澤宏時選手 「個人的に、いいパフォーマンスを常に発揮できるように万全に準備をして、ワールドカップに臨みたいと思います」 宇薄岳央選手 「ワールドカップメンバーに選ばれましたが、4月に招集された時には想像もしていませんでした。 それが、徐々にアジア五カ国対抗、PNC、イタリア戦、アメリカ戦とどんどんワールドカップに出たいという気持ちが膨らみ、実現しました。日本代表として、日本のために身体を張って、まずは予選プール全勝できるよう頑張ります」 上田泰平選手 「憧れでもあるワールドカップへ代表メンバーとして行くことができて誇りに思います。ひたむきなプレーで頑張ります」
 

RELATED NEWS