JRFUについて


会長ごあいさつ

日本ラグビーフットボール協会会長 森 重隆

日本ラグビーフットボール協会会長 森 重隆

 2020年は新型コロナウイルス感染症拡大によって、ラグビー界も各種活動の停止や大会中止が余儀なくされ、異例の1年となりました。このたび罹患された皆様および影響を受けられた皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。また、対応が長期化する中、最前線で奮闘されている医療従事者はじめ保健・感染防止にご尽力されている関係者の方々に、敬意を表し感謝申し上げます。

  アジアで初めて開催されたラグビーワールドカップ2019™日本大会(RWC2019)は、ラグビーを愛する世界中の仲間に支えられ、成功裏に終えることができました。温かいご支援を賜りましたすべての皆様に深謝申し上げます。
RWC2019では、日本代表が目標としていた決勝トーナメント進出を果たし、日本中のファンの皆様と、喜びと感動を共にすることができました。同時に、ラグビーの競技としての魅力のみならず、仲間への信頼、自己犠牲の精神、相手チームやレフリーへのリスペクト(敬意)といった、ラグビーが常に大切にしている価値観を、多くの方に知っていただくことができました。これは、ラグビーに携わる者として、大変嬉しく幸せなことであります。

 また、全国各地における地道な普及活動が実を結び、子供たちがラグビーボールに触れる機会が増え、学校や公園などでもラグビーを楽しむ子供たちの姿を見かけるようになりました。

 こういった素晴らしい景色を未来につなぎ、ラグビーを通じて社会に貢献していくこと、そしてラグビーの地平線をアジアの国々はじめ世界中に広げていくことが、ジャパンラグビーの役目だと考えております。

 日本ラグビー協会は、これまでのレガシーを継続することに加え、ジャパンラグビーが進むべき方向を導き出し、変革しながら進化を続けていく所存です。

 そして近い将来、また日本でラグビーワールドカップを開催し、そこで日本代表が1番のチームとなることを心より願い、その目標実現のためにチャレンジしていきます。

 ジャパンラグビーのさらなる発展に向け、ご理解・ご協力を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。