FOR ALL ミニ・ラグビーフレンドリーマッチ 開催のお知らせ

2017年1月29日(日)、「第54回日本ラグビーフットボール選手権大会」が行われる秩父宮ラグビー場にて、前座イベントとして「FOR ALL ミニ・ラグビーフレンドリーマッチ」が開催されます。

東北・関東・関西・九州の4地区で開催された「SEINANラグビーマガジンCUPミニラグビー交流大会」において、対戦成績やフェアプレーへの取り組みなどを総合評価し、優秀チームとして推薦された4チームが出場します。

将来のトッププレーヤー達が楕円球を追いかける迫力満点のゲームを、ぜひご覧ください。

写真提供:ラグビーマガジン

名称 FORALL ミニ・ラグビーフレンドリーマッチ
日程 2017年1月29日(日)
主催 公益財団法人日本ラグビーフットボール協会
主管 関東ラグビーフットボール協会
協賛 株式会社 青南商事
協力 株式会社ベースボールマガジン社 ラグビーマガジン
株式会社カンタベリーオブニュージーランドジャパン
会場 秩父宮ラグビー場
参加条件 東北・関東・関西・九州の4地区にて行われた「SEINANラグビーマガジンCUP ミニラグビー交流大会」の主催者より推薦されたチームであること。
参加チーム 関東協会推薦:岩手ブラックナイツ(紫波オックスラグビースクール)(2回目)
関東協会推薦:世田谷区ラグビースクール(4回目)
関西協会推薦:三田ラグビークラブジュニア
九州協会推薦:大分舞鶴クラブブラックスジュニア
競技規則 1)日本ラグビーフットボール協会制定の「ミニラグビー標準競技規則・高学年用」に準ずる今大会特別競技規則による。

2)1チーム選手15名、代表引率者1名のエントリーとする。

(但し、補助スタッフとして引率者2名までの追加を認める)

3)試合は1チーム9名で行う。

4)試合時間は8分ハーフでコートチェンジを行う。ハーフタイムは3分とする。

5)1チームあたり2試合を行う。

時間 11:30~ 大分舞鶴クラブブラックスジュニア vs 岩手ブラックナイツ

11:54~ 三田ラグビークラブジュニア    vs 世田谷区ラグビースクール

12:23~ 大分舞鶴クラブブラックスジュニア vs 世田谷区ラグビースクール

12:47~ 三田ラグビークラブジュニア    vs 岩手ブラックナイツ

14:00頃 「第54回日本ラグビーフットボール選手権大会」


チーム紹介① 岩手ブラックナイツ(紫波オックスラグビースクール)(2回目)

背番号 選手氏名 ふりがな
1 細川 聖 ほそかわ せい
2 兵澤 大空 ひょうざわ そら
3 昆 祥太 こん しょうた
5 佐々木 豪正 ささき こうせい
6 高橋 珀 たかはし はく
7 長谷川 朝陽 はせがわ あさひ
8 久慈 珠詩 くじ じゅのん
9 小林 俊太 こばやし しゅんた
10 亀掛川 優希 きけがわ ゆうき
11 大橋涼太郎 おおはし りょうたろう
12 佐藤 昊 さとう こう
13 阿部 大輔 あべ だいすけ
15 谷地 太陽 やち たいよう

■チームスローガン

ONE HEART

■チームの特徴

選手1人1人の個々の力、特徴を結集し、ラグビーの魂であるボールを仲間の力で、前に「繋ぐ」というチーム力を主軸としています。スローガンである「ONE HEART」のもと、選手、スタッフ、応援をくれる家族等、すべての人が心ひとつに、トライを目指して進む、震災にも負けなかった力を全力で出し尽くします。

■アピールポイント

フォワードの力強いアタック、オーバー、ハーフの広い視野からの攻守におけるスキル、そこから繋がるバックスのスピードで振り切るアタック、サインプレー、というように繋がり=連携からのイマジネーションを大事に練習を重ねました。
ディフェンスにおいては、前に出るタックル、相手に負けないメンタルを強化、また体幹を駆使してのジャッカルまで、相手に落ち着きを与えない、たたみかけるプレーを強化しました。
練習では常に、敵、味方を問わずに思いやり、怪我をしない、させないプレーをするように心掛けました。
応援してくれる全ての人に、プレーをする背中で応える精神を念頭に、日々努力しています。

■試合への意気込み

ラグビーの聖地、秩父宮ラグビー場で試合をさせていただける喜びと、背中を押してくださった皆様への感謝の思いを胸に、最高の舞台で最高のプレーをするというチームの目標を 達成します。秩父宮の空気を我がチームの色に染め、日本一の称号を得て、震災からの完全復興の一つのステップになるべく、全力を尽くします。


チーム紹介② 世田谷区ラグビースクール(4回目)

背番号 選手氏名 ふりがな
1 吉田有佑 よしだゆうすけ
2 川崎諒 かわさきりょう
3 下條晴澄 しもじょうはると
4 信田優 しのだゆう
5 伊藤利江人 いとうりえと
6 宇佐美鳳 うさみすぐる
7 笠原悠真 かさはらゆうま
8 田中陸 たなかりく
9 海老澤琥珀 えびさわこはく
10 勝又菖 かつまたしょう
11 清水海馬 しみずかいま
12 田中大斗 たなかだいと
13 吉田晃己 よしだこうき
16 清水栞太 しみずかんた
20 吉永徹郎 よしながてつろう
阿部太一 あべたいち
天羽究平 あもうきゅうへい
石川莉央 いしかわりお
岩井航一 いわいこういち
大野良太朗 おおのりょうたろう
岡本美優 おかもとみゆ
片岡礼 かたおかれい
金光裕太郎 かなみつゆうたろう
木内弥門 きうちやもん
国谷赳斗 くにやたけと
小林充幸 こばやしあつゆき
近藤航生 こんどうかずき
酒井太伊良 さかいたいら
鈴木富大 すずきふうた
豊田健太 とよたけんた
二木進次郎 にきしんじろう
降矢蒼太郎 ふるやそうたろう
細川慈英 ほそかわじえい
モンゴメリアレキサンダー優瑠 もんごめりあれきさんだーまさる
八木葉 やぎよう
山内滉太 やまうちこうた
山田遥介 やまだようすけ
山本龍河 やまもとりゅうが
世森創識 よもりそうし
和田翔之介 わだしょうのすけ
和山学弥 わやままなや

■チームスローガン

タックル、立って、両手、コール

■チームの特徴

1983年に産声を上げた世田谷区ラグビースクールは、幼児から小学生、中学生、世田谷レディース合わせて500名を超える生徒・選手がいる日本最大規模のラグビースクールです。今年の小学生代表チームは、比較的小柄な選手が多いですが、全員でボールを前に運び、トライを狙います。

■アピールポイント

まだ体の小さい小学生らしい素早く動きのあるラグビーを目指して、週1回、限られた時間とスペースの中、一生懸命練習してまいりました。自在なランニングラグビーと粘り強いディフェンスで世田谷旋風を巻き起こします。

■試合への意気込み

スクールとしては4度目となるフレンドリーマッチ出場ですが、選手にとっては初めての秩父宮で、大勢の観衆を前にしての全国の強豪との対戦です。しかし臆することなく、世田谷伝統のタックルと自由なアタックで勝利を目指します。また試合後には、全国のたくさんのラグビー仲間と健闘を讃えあえることも楽しみにしています。


チーム紹介③ 三田ラグビークラブジュニア

背番号 選手氏名 ふりがな
1 石原 悠汰 いしはら ゆうた
2 新谷 洋平 しんたに ようへい
3 奥田 大翔 おくだ はると
4 椎野 颯太 しいの そうた
6 溝上 隼史 みぞかみ しゅんじ
7 宮崎 翔 みやざき しょう
8 岸本 拓歩 きしもと たくほ
9 新田 修平 にった しゅうへい
10 進川 暖人 しんかわ はると
11 宮岡竜之介 みやおか りゅうのすけ
12 土屋 舞央 つちや まお
14 岡本 拓磨 おかもと たくま
15 中屋 太志 なかや たいし
16 若林 望 わかばやし のぞむ
22 今村 禅 いまむら よしと

■チームスローガン

タックル・サポート・オフザボール

■チームの特徴

小さな身体ですが、基本に忠実なプレーとハードタックルを心掛けています。

■アピールポイント

前に出るタックルとグランドを広く使った展開ラグビーで勝負します。

■試合への意気込み

関西地区の代表としての誇りと自覚を持ち、失点しない試合を目指します。


チーム紹介④ 大分舞鶴クラブブラックスジュニア

背番号 選手氏名 ふりがな
2 薬師寺 海衣 やくしじ かい
3 江藤 颯汰 えとう そうた
4 堤 右京 つつみ うきょう
7 後藤 翔大 ごとう しょうた
9 舛尾 和 ますお やまと
10 舛尾 緑 ますお りょく
11 後藤 朔真 ごとう さくま
12 佐藤 大雅 さとう たいが
13 渡邉 瑛翔 わたなべ えいと
15 田邉 悠颯 たなべ ゆうてつ
18 安部 義美 あべ よしみ
19 池辺 喜助 いけべ きすけ
24 矢野 俊斯 やの しゅんじ
25 兒玉 善太 こだま ぜんた
26 寺嶋 福望 てらしま ふくみ

■チームスローガン

プレーヤーズファースト

■チームの特徴

昨年創立10周年を迎えたばかりのまだまだ若いチームです。「子供たちにラグビーを好きになってもらい、将来にわたって続けてくれること」を目指してスタートしました。そのためチームのプレースタイルもグレードによって違い、あえてチーム全体の特徴を挙げるなら「自由」。まだまだ組織としての力は不十分ですが、それを補うだけの子供たちのラグビーへの情熱は十分すぎるほどあります。

■アピールポイント

今年の6年生の特徴は、重量フォワードを前面に押し出したブレイクダウンでの勢いと、走力のあるバックスプレーヤーの突破力で、これがうまく型にはまれば、爆発的な力を発揮することができます。今年は対外試合も多く経験してきている6年生なので、子供たちも試合をするのを楽しみにしています。

■試合への意気込み

九州代表として、ラグビーの聖地「秩父宮」のグラウンドに立てることを誇りに思い、今まで練習してきたすべてを最高のパフォーマンスとして発揮できるようチーム全員で試合に臨みたいと思います。そしてブラックスジュニアの歴史に新たな1ページを刻みたいと思います!

RELATED NEWS