ラグビーを知る・楽しむ

主な世界大会

ワールドカップセブンズ

1993年から4年ごとに開催。

【第1回】
1993年 スコットランド / エディンバラ
【第2回】
1997年 香港
【第3回】
2001年 アルゼンチン / マル・デル・プラタ
【第4回】
2005年 香港
【第5回】
2009年 UAE / ドバイ
【第6回】
2013年 ロシア / モスクワ
【第7回】
2018年 アメリカ / サンフランシスコ

セブンズワールドシリーズ

ワールドラグビー(旧国際ラグビーボード:IRB)が主催するセブンズ(7人制ラグビー)の国際サーキットで、1999年に創設。世界を回るサーキット方式で開催されている。大会ごとに成績に応じたポイントが与えられ、シリーズを通じた総ポイント数でシリーズチャンピオンを決定する。

※詳しくはワールドラグビーの公式サイトをご覧ください。

アジア競技大会

1998年第13回(バンコク)からラグビーが正式競技として採用され、2002年大会までは15人制とセブンズともに正式競技だったが、2006年大会より、セブンズのみ実施。女子セブンズは2010年大会から実施された。
男子セブンズ日本代表は、2006年に初の金メダルを獲得し、2010年、2014年と3大会連続で金メダルを獲得した。女子セブンズ日本代表は2010年大会が5位、2014年大会は銀メダルを獲得した。

オリンピック

2009年10月の国際オリンピック委員会(IOC)総会で、2016年および2020年夏季オリンピックの追加競技として決定。