(公財)日本ラグビーフットボール協会はラグビーワールドカップ2019日本大会のためのレガシープログラム「Impact Beyond 2019」*1及びアジアラグビーの発展に向けた「アジアンスクラムプロジェクト(ASP)」*2に取り組んでいます。


このほど、毎日新聞社が主催する「毎日メディアカフェ」にて「ラグビーの可能性~国際協力を通して」と題したシンポジウムを開催します。
ラグビーに限らずスポーツに関心のある方、国際協力や社会貢献に関心のある方の参加をお待ちしています。

  • ●日時:1月16日(水)18:30-20:30(開場18:00)
  • ●会場:毎日新聞東京本社(竹橋:パレスサイドビル)B1「毎日ホール」
  • ●内容:ラグビーを通じた国際協力事業ASPの参加者による事例紹介とASPの可能性についての議論
  • ●登壇者:
    • ①青年海外協力隊ラグビー隊員OB 久留米 陽平
    • ②元女子日本代表 乾 あゆみ
    • ③大分県ラグビーワールドカップ2019推進課 秦 拓真
    • ④日本ラグビーフットボール協会普及育成委員会国際協力部門長 向山 昌利

事前申込制のため、参加を希望される方は毎日メディアカフェのホームページよりお申し込みください。


  1. 1. Impact Beyond 2019とは
    ワールドラグビー、アジアラグビー、日本ラグビーフットボール協会の三者のパートナーシップによる、
    アジア初開催となるラグビーワールドカップ2019日本大会のためのレガシープログラム。
    https://www.rugby-japan.jp/2017/05/27/impact_beyond_2019/
  2. 2. アジアンスクラムプロジェクトとは
    Engage, Asia ! 「ラグビースピリットを通して世界を奮い立たせろ!」をビジョンとし、
    ラグビーワールドカップ2019日本大会の開催国として、アジアラグビー発展のため
    日本ラグビーフットボール協会が2011年より取り組む活動。