第3戦 鈴鹿大会 当日情報

第2戦 静岡エコパ大会 当日情報

第1戦 熊谷大会 当日情報


公益財団法人日本ラグビーフットボール協会(会長・森 重隆、東京都港区)は、「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2022」の実施概要および大会参加チーム数について、下記の通りお知らせいたします。 

「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2022」は、4月23日(土)~24日(日)の熊谷大会に始まり、静岡エコパ大会、鈴鹿大会、弘前大会の全4戦を実施します。青森県弘前市で本大会を実施するのは今回が初めてとなります。

 

各大会とも有観客(入場無料)にて実施予定ですが、新型コロナウイルス感染状況により変更になる可能性がございます。

また、全試合JAPAN RUGBY TV(日本協会公式YouTube)にてLIVE配信予定です。各大会の配信URL等詳細は決まり次第お知らせいたします。


女子ラグビーの普及と発展の礎となっている本大会は2014年の創設以降、各年のシリーズ成績と入替戦の結果に基づく昇降格を以て参加チームを決定してまいりました。しかし、新型コロナウイルス感染症拡大による2020シリーズの中止、及び2021シリーズにおける入替戦の実施見送りにより、コアチーム12チーム以外の大会参加の機会が失われております。そこで下記の通り、2022シリーズの内2戦と、2023シリーズの全4戦の参加チーム数を16チームに増やして開催することを決定いたしましたので、併せてお知らせいたします。

国内における女子の競技登録者数はここ10年で倍増しており、また7人制・15人制ともに国際試合への日本代表出場機会が増え、草の根からトップレベルまで全国における女子ラグビーの活性化がますます期待されます。当協会は本大会の開催を通じ、更なる全国的な普及拡大と強化の両面で開催地のご協力のもと、女子ラグビーの更なる高みを目指してまいります。

 

試合会場での取材を希望される報道関係者の方は、下記取材申請フォーム内の【注意事項】を必ずお読みいただき、各大会の初日の3日前までにご申請ください。ご取材いただく方は試合当日に報道受付にて「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の症状チェック」(申請フォーム内からダウンロード可能)をご提出ください。

https://rugby.dweblink.jp/entry/2022_JRFU_game_application

 

■「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2022」実施概要                                       

大会名称:

太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2022

主催:

公益財団法人日本ラグビーフットボール協会

共催:

第1戦 埼玉県、熊谷市

第2戦 静岡県

第4戦 弘前市、弘前ラグビープロジェクト実行委員会

特別協賛:

太陽生命保険株式会社

協賛:株式会社青南商事
凸版印刷株式会社
吉見グループ株式会社(第1戦のみ)
住友電装株式会社(第3戦のみ)

後援:

朝日新聞社

第2戦 袋井市

第3戦 三重県、鈴鹿市

主管:

第1戦 関東ラグビーフットボール協会、埼玉県ラグビーフットボール協会

第2戦 関西ラグビーフットボール協会、静岡県ラグビーフットボール協会

第3戦 関西ラグビーフットボール協会、三重県ラグビーフットボール協会

第4戦 関東ラグビーフットボール協会、青森県ラグビーフットボール協会

実施大会:

第1戦 【熊谷大会】

日程:2022年4月23日(土)、24日(日)

場所:熊谷スポーツ文化公園ラグビー場Aグラウンド(埼玉県熊谷市上川上300)

第2戦 【静岡エコパ大会】

日程:2022年5月14日(土)、15日(日)

場所:小笠山総合運動公園 エコパスタジアム(静岡県袋井市愛野2300−1)

第3戦 【鈴鹿大会】

日程:2022年6月4日(土)、5日(日)

場所:三重交通G スポーツの杜 鈴鹿 サッカー・ラグビー場(三重県鈴鹿市御薗町1669)

第4戦 【弘前大会】

日程:2022年6月18日(土)、19日(日)

場所:弘前市運動公園陸上競技場(青森県弘前市大字豊田2-3-1)


※2022シリーズ終了後の入替戦は実施いたしません。

参加チーム:

第1戦と第4戦はコアチーム12チームにて開催、第2戦と第3戦はコアチームにゲストチーム4チームずつを加えた16チームにて開催する。


【コアチーム(カッコ内は2021シリーズ総合順位)】

・ながとブルーエンジェルス(1位)

・東京山九フェニックスラグビークラブ(2位)

・PEARLS(3位)

・チャレンジチーム(4位)

・ARUKAS QUEEN KUMAGAYA WOMEN'S SEVENS RUGBY FOOTBALL CLUB(5位)

・RKUグレース(6位)

・追手門学院女子ラグビー部 VENUS(7位)

・YOKOHAMA TKM(8位)

・日本体育大学ラグビー部女子(9位)

・自衛隊体育学校PTS(10位)

・四国大学女子ラグビー部(11位)

・北海道バーバリアンズ ディアナ(-)※2021年シリーズ全大会のうち半数未満の出場のため、年間総合順位は付きません。


 【ゲストチーム】

ゲストチームは、4月16日(土)、17日(日)に開催予定の「Regional Women's Sevens 2022(リージョナルウィメンズセブンズ2022)」での成績などを総合的に判断し、日本協会女子委員会にて選考する。4月中旬に決定し公表予定。対象チームが8チームを下回る場合、第2戦と第3戦のいずれにも参加するチームが発生する。


(追記)ゲストチームが決定しました。以下の通りです。詳細はこちら

・第2戦 静岡エコパ大会(5月14日~15日/小笠山総合運動公園 エコパスタジアム)

BRAVE LOUVE/横河武蔵野Artemi-Stars/アザレア・セブン/国際武道大学ラグビー部女子

 

・第3戦 鈴鹿大会(6月4日~5日/三重交通G スポーツの杜 鈴鹿 サッカー・ラグビー場)

ナナイロプリズム福岡/日本経済大学女子ラグビー部 AMATERUS/神戸ファストジャイロ/九州産業大学女子ラグビー部

大会フォーマット:

【予選プール(第1日)】

 <第1戦、第4戦(12チーム参加)>

・4チーム×3プール制(プールA/B/C)

<第2戦、第3戦(16チーム参加)>

・4チーム×4プール制(プールA/B/C/D)

<全戦共通>

・各プールで総当たり戦を行い、試合結果によって以下の勝点が与えられる。

・勝利:3点 引き分け:2点 敗戦:1点 棄権:0 (※棄権の対戦チームは勝利3点)

・予選プールでの獲得勝点数により、各プール内の順位が決定される。

・予選プールが終了した時点で、2チームの勝点数が同じ場合、予選プールでの当該チームの対戦で勝利した方が上位となる。

・予選プールでの当該チームの対戦結果が引き分けの場合、もしくは3チーム以上の勝点数が同じ場合、下記の基準と順序に従って順位を決定する。

(ⅰ)予選プール全試合の得失点差が大きいチームが上位となる

(ⅱ)予選プール全試合のトライ数と被トライ数の差が大きいチームが上位となる

(ⅲ)予選プール全試合での得点数が大きいチームが上位となる

(ⅳ)予選プール全試合でのトライ数の多かったチームが上位となる

(ⅴ)上記基準でも順位が付けられない場合、抽選で順位を決定する

 

【決勝トーナメント(第2日)】

<第1戦、第4戦(12チーム参加)>

・各プールの上位2チームと、各プールの3位チームのうち上位2チームで1~8位トーナメントを実施する。

・各プールの3位チームのうち下位1チームと、各プールの4位チームで9~12位トーナメントを実施する。

<第2戦、第3戦(16チーム参加)>

・各プールの1位で1~4位トーナメントを実施する。

・各プールの2位で5~8位トーナメントを実施する。

・各プールの3位9~12位トーナメントを実施する。

・各プールの4位で13~16位トーナメントを実施する。

<全戦共通>

・前後半終了時点で同点の場合は、サドンデス方式の延長戦により勝者を決定する。

・延長戦は、試合終了の2分後に始まり、5分間のピリオドで行われる。

・各ピリオド終了後はエンドを入れ替え、インターバルはとらない。

・どちらかのチームが得点(ドロップゴール、ペナルティゴール、またはトライ)するまで5分間のピリオドを繰り返す。

・延長戦開始前にはコイントスを行う。

 

【シリーズ総合順位決定方法】

・各大会の最終順位に基づき、参加チームには下記のシリーズポイントが付与される

<第1戦、第4戦(12チーム参加)>

1位…20ポイント/2位…18ポイント/3位…16ポイント/4位…14ポイント/

5位…12ポイント/6位…10ポイント/7位…8ポイント/8位…6ポイント/

9位…4ポイント/10位…3ポイント/11位…2ポイント/12位…1ポイント

<第2戦、第3戦(16チーム参加)>

1位…20ポイント/2位…18ポイント/3位…16ポイント/4位…14ポイント/

5位…12ポイント/6位…11ポイント/7位…10ポイント/8位…9ポイント/

9位…8ポイント/10位…7ポイント/11位…6ポイント/12位…5ポイント/

13位…4ポイント/14位…3ポイント/15位…2ポイント/16位…1ポイント

 

・シリーズポイントの合計数が大きいチームを上位とする

・2チーム以上のシリーズポイントが同点だった場合は下記の順序で上位を決定する。

(ⅰ)シリーズ総得失点差が大きいチームを上位とする。

(ⅱ)シリーズ総得失トライ差が大きいチームを上位とする。

(ⅲ)上記基準でも順位が付けられない場合、抽選により決定をする。

表彰:

・大会毎に、各大会の1~3位のチームを表彰する。(2022シリーズ以降は9位チームの表彰は廃止とする)また個人賞として各大会のMVP1名を表彰する。

・全大会終了後に、シリーズ総合順位の1~3位のチームを表彰する。また個人賞として年間MVP1名を表彰する。

・第4戦終了後、同会場にて年間表彰式を実施予定。

 

 

■今後の参加チーム数について                                                      

今後の参加チーム数については、下記の通りといたします。

2022シリーズ:

第1戦および第4 戦はコアチーム12チームにて、第2戦および第3戦はゲストチーム4チームずつを加えた16チームにて開催する。

2023シリーズ(予定):

2022シリーズのコアチーム12チームと、2023シリーズ開始前に実施予定の大会で選抜した4チームの計16チームにて、全4戦を開催する。

2024シリーズ以降:

決定し次第改めてご案内いたします。(2023シリーズ開始までに決定)