(2022年10月2日)

ニュージーランド遠征中の女子15人制日本代表合宿にて、9月30日に選手1名に体調不良を確認し、抗原検査を実施した結果、新型コロナウイルス感染症陽性と診断されましたことをお知らせいたします。
陽性者は宿泊先にて既に隔離療養を始めており、現地政府方針および大会規定に準じ、症状がない場合は10月8日より活動に戻る予定です。
引き続き、合宿参加者の健康状態を注視の上、感染症対策の徹底に取り組みながら活動を続けてまいります。


(2022年9月13日)

公益財団法人日本ラグビーフットボール協会(会長:土田雅人、東京都港区)は、2022年9月15日(木)から実施する女子日本代表ニュージーランド遠征の参加メンバーおよび選手のコメントをお知らせします。今回の遠征メンバーは、9月24日(土)に実施予定のニュージーランド代表戦に向けて活動する日本代表であり、また10月8日開幕のラグビーワールドカップ(RWC)2021ニュージーランド大会の登録メンバー32名です。

併せて、遠征中の移動スケジュールをお知らせいたします。

 

女子日本代表 ニュージーランド遠征メンバー                                            

⑰:ラグビーワールドカップ2017アイルランド大会参加選手

☆:ラグビーワールドカップメンバー初選出選手

◎:キャプテン

ポジション
Position
名前
Name
所属チーム
Team
在籍先
Company/School
身長
height
体重
weight
生年月日
DOB
キャップ数
caps

PR

加藤 幸子 ☆

Sachiko KATO

横河武蔵野アルテミ・スターズ

YOKOGAWA Musashino Artemi-Stars

早稲田大学

Waseda Univ.

164

89

2000/2/19

10

PR

北野 和子 ☆

Wako KITANO

MIE PEARLS

住友電装(株)

Sumitomo Wiring Systems

166

82

1999/9/8

6

PR

小牧 日菜多 ☆

Hinata KOMAKI

日本体育大学ラグビー部女子

Nippon Sport Science Univ.

日本体育大学

Nippon Sport Science Univ.

166

78

2001/5/9

3

PR

左高 裕佳 ☆

Yuka SADAKA

弘前サクラオーバルズ

Hirosaki sakura ovals

(株)青南商事

SEINAN Corp.

167

94

1994/11/2

12

PR

南 早紀 ◎⑰

Saki MINAMI

横河武蔵野アルテミ・スターズ

YOKOGAWA Musashino Artemi-Stars

横河レンタ・リース(株)

Yokogawa Rental & Lease

163

72

1995/11/18

25

PR

ラベマイ まこと ⑰

Makoto LAVEMAI

横河武蔵野アルテミ・スターズ

YOKOGAWA Musashino Artemi-Stars

凸版印刷(株)

Toppan Inc.

163

73

1997/7/2

17

HO

谷口 琴美 ☆

Kotomi TANIGUCHI

MIE PEARLS

住友電装(株)

Sumitomo Wiring Systems

163

73

1995/4/10

3

HO

永田 虹歩 ☆

Nijiho NAGATA

国際武道大学女子ラグビー部

International Budo Univ.

国際武道大学

International Budo Univ.

162

78

2000/12/6

8

LO

川村 雅未 ☆

Masami KAWAMURA

RKUグレース

RKU GRACE

(株)諸岡

Morooka Co.,Ltd.

173

75

1999/7/13

3

LO

佐藤 優奈 ☆

Yuna SATO

東京山九フェニックス

Tokyo Sankyu Phoenix

山九(株)

Sankyu Inc.

170

75

1998/9/11

6

LO

高野 眞希 ⑰

Maki TAKANO

横河武蔵野アルテミ・スターズ

YOKOGAWA Musashino Artemi-Stars

セコム(株)

SECOM Co.,Ltd.

170

76

1995/8/17

16

LO

玉井 希絵 ☆

Kie TAMAI

MIE PEARLS

(株)パソナグループ

Pasona Group Inc.

168

79

1992/10/24

13

LO

吉村 乙華 ☆

Otoka YOSHIMURA

ARUKAS QUEEN KUMAGAYA

/立正大学ラグビー部

Rissho Univ.

立正大学

Rissho Univ.

174

84

2001/5/15

5

FL

向來 桜子 ☆

Sakurako KORAI

日本体育大学ラグビー部女子

Nippon Sport Science Univ.

日本体育大学

Nippon Sport Science Univ.

167

70

2003/4/9

2

FL/ HO/No.8

齊藤 聖奈 ⑰

Seina SAITO

MIE PEARLS

住友電装(株)

Sumitomo Wiring Systems

164

73

1992/5/30

31

FL/HO

鈴木 実沙紀 ⑰

Misaki SUZUKI

東京山九フェニックス

Tokyo Sankyu Phoenix

(株)NTTファシリティーズ

NTT Facilities

164

66

1992/4/9

30

FL

長田 いろは ⑰

Iroha NAGATA

ARUKAS QUEEN KUMAGAYA

関東食糧(株)

Kanto Foods Co.,Ltd.

167

72

1998/12/21

15

FL

細川 恭子 ☆

Kyoko HOSOKAWA

MIE PEARLS

住友電装(株)

Sumitomo Wiring Systems Ltd.,

164

71

1999/7/8

7

No.8

永井 彩乃 ☆

Ayano NAGAI

YOKOHAMA TKM

横浜未来ヘルスケアシステム

Yokohama Mirai Healthcare System

168

84

1997/10/14

10

SH

阿部 恵 ☆

Megumi ABE

ARUKAS QUEEN KUMAGAYA

(株)アール・ディー・シー

RDC Co.,Ltd.

147

53

1998/4/28

10

SH

津久井 萌 ⑰

Moe TSUKUI

横河武蔵野アルテミ・スターズ

YOKOGAWA Musashino Artemi-Stars

(株)リベスト

LIBEST Corp.

153

54

2000/3/28

19

SO

大塚 朱紗 ☆

Ayasa OTSUKA

RKUグレース

RKU GRACE

茨城トヨペット(株)

IBARAKI TOYOPET Co.,Ltd.

163

65

1999/5/5

9

SO/CTB

山本 実 ⑰

Minori YAMAMOTO

MIE PEARLS

住友電装(株)

Sumitomo Wiring Systems

169

70

1996/12/9

21

SO/WTB

今釘 小町 ☆

Komachi IMAKUGI

ARUKAS QUEEN KUMAGAYA

/立正大学ラグビー部

Rissho Univ.

立正大学

Rissho Univ.

158

61

2002/1/6

9

WTB

名倉 ひなの ☆

Hinano NAGURA

横河武蔵野アルテミ・スターズ

YOKOGAWA Musashino Artemi-Stars

(株)NTTファシリティーズ

NTT Facilities

170

76

1997/3/22

10

CTB/WTB/FL

伊藤 優希 ☆

Yuki ITO

MIE PEARLS

住友電装(株)

Sumitomo Wiring Systems

163

64

1996/10/24

11

CTB

鈴木 彩香 ⑰

Ayaka SUZUKI

ARUKAS QUEEN KUMAGAYA

168

68

1989/9/30

18

CTB

中山 潮音 ☆

Shione NAKAYAMA

横河武蔵野アルテミ・スターズ

YOKOGAWA Musashino Artemi-Stars

三幸学園 東京リゾート&スポーツ専門学校

Sanko Gakuen Tokyo resort&sports

166

70

1999/1/18

7

CTB

古田 真菜 ☆

Mana FURUTA

東京山九フェニックス

Tokyo Sankyu Phoenix

(株)NTTファシリティーズ

NTT Facilities Inc.

167

70

1997/11/16

14

FB

庵奥 里愛 ☆

Ria ANOKU

MIE PEARLS

住友電装(株)

Sumitomo Wiring Systems

160

57

1996/10/2

7

FB

平山 愛 ☆

Ai HIRAYAMA

自衛隊体育学校PTS

JSDF Physical Training School

自衛隊体育学校

JSDF Physical Training School

156

62

1992/5/7

4

CTB/WTB/FB

松田 凜日 ☆

Rinka MATSUDA

日本体育大学ラグビー部女子

Nippon Sport Science Univ.

日本体育大学

Nippon Sport Science Univ.

170

77

2001/12/5

5

 

 

■スタッフ

役職名前所属

ナショナルチームディレクター

National Team Director

浅見 敬子

Keiko ASAMI

(公財)日本ラグビーフットボール協会

Japan Rugby Football Union

ヘッドコーチ

Head Coach

レスリー・マッケンジー

Lesley MCKENZIE

(公財)日本ラグビーフットボール協会

Japan Rugby Football Union

アシスタントコーチ 

Assistant Coach

ルイース・ダルグリーシュ

Louise DALGLIESH

(公財)日本ラグビーフットボール協会

Japan Rugby Football Union

アシスタントコーチ 

Assistant Coach

ベン・モーエン

Ben MOWEN

(公財)日本ラグビーフットボール協会

Japan Rugby Football Union

総務 兼 RWCコーチングインターン

Team Manager/Coach Intern

中嶋 亜弥

Aya NAKAJIMA

(公財)日本ラグビーフットボール協会

Japan Rugby Football Union

S&Cコーチ

Strength & Conditioning Coach

平松 航

Wataru HIRAMATSU

東京サントリーサンゴリアス

 TOKYO Suntory Sungoliath

アシスタントS&Cコーチ

Assistant Strength & Conditioning Coach

齋藤 千晴

Chiharu SAITO

パフォーマンスゴールシステム(株)

Performance Goal System

分析

Analyst

竹内 佳乃

 Yoshino TAKEUCHI

三重ホンダヒート

MIE Honda HEAT

トレーナー

Athletic Trainer

木村 朱里

Akari KIMURA

(公財)日本ラグビーフットボール協会

Japan Rugby Football Union

アシスタントトレーナー

Assistant Athletic Trainer

小笹 由希子

Yukiko KOSASA

名古屋市立大学整形外科

Nagoya City Univ.

ドクター

Team Doctor

篠原 靖司

Yasushi SHINOHARA

立命館大学

Ritsumeikan Univ.

コンディショニングスタッフ

Conditioning Staff

網田 房子

Fusako AMIDA

あみだ針灸治療院

Amida Acupuncture and Moxibustion

パフォーマンスコーディネーター

Performance Coordinator

マイケル・プサラキス

Michael PSARAKIS

(公財)日本ラグビーフットボール協会

Japan Rugby Football Union

パフォーマンスディレクター

 Performance Director

宮崎 善幸 

Yoshiyuki MIYAZAKI

立正大学

Rissho Univ.

メディアマネージャー

Media Manager

ジェイソン・グラハム ナイ

Jason GRAHAM-NYE

HarpFynnity Pty Ltd.

総務 兼 通訳

Team Manager/Interpreter

伏見 麻矢

Maya FUSHIMI

株式会社BRICK's

BRICK's Corporation

 

 


ニュージーランド遠征メンバー 選手コメント 


南 早紀(キャプテン)

「いつも応援ありがとうございます。私にとっては2度目のワールドカップ。前回大会では悔しい思いをしましたが、この5年間勝利も敗戦も経験し、より強く成長したことを実感しています。ベスト8以上に入り、女子ラグビーの新しい歴史を創りたいと思います。応援よろしくお願いします!!」

 

加藤 幸子

「ラグビーを始めた頃から日本代表としてRWCでプレーすることが夢でした。初めてのRWCを目前に控えた今、ドキドキとワクワクな気持ちで一杯です。これまで本当にたくさんの方々に支えて頂いたので、感謝の気持ちをプレーで体現できるよう精一杯頑張ります!」

 

北野 和子

「私にとってワールドカップとは、ずっと目標にしてきた舞台です。日本代表としての自覚と責任を持ち、個人としてもチームとしても、たくさんの方の思いを背負い、今までやってきたことを証明できるようチャレンジし続けます。スクラムとボールキャリーでチームのモメンタムを作れるように頑張ります。支えてくださっている方たちに少しでも良い結果をご報告できるよう精一杯プレーします。応援よろしくお願いします!」

 

小牧 日菜多

「まず、サクラフィフティーンの一員としてワールドカップという大きな舞台に挑戦できることを嬉しく思います。両親やチームメイト、コーチなどここまで支えて下さった方々に感謝しています。自分らしく強気でプレーすることで感謝を伝えたいです。今までの想いを胸に全力で戦い抜きます。応援宜しくお願い致します」

 

左高 裕佳

「私の目標であったワールドカップの舞台で戦うチャンスをいただけたのは大変嬉しく思います。この様なチャンスを自分が最大限に生かしてSAKURA WAVEを作っていきます。私のこの4年間には、夢であった教師という仕事を辞めたこと、大好きだったチームを移籍したこと、家族と離れて暮らすことなどの変化がありました。私はこのワールドカップに自分の人生を犠牲にするほどの価値があると思っています。自分だけではなく、周りの選手、世界中の選手もワールドカップのピッチに立つためには犠牲を払ってきたと思っています。一戦一戦、日本代表としてプライドと責任を持ち戦っていきます」

 

ラベマイ まこと

「いつも応援ありがとうございます。たくさんの支えでここまで来ることができました。1つ1つ目の前のことに向き合って丁寧にプレーします。自分の強みにフォーカスしながら、苦手なところはコーチやそれが得意な選手たちにアドバイスをもらい、最後まで細かいところにこだわります」

 

谷口 琴美

「いつも皆様の熱い応援と心強いサポートがとても励みになっております。心から感謝しております。まずは選出していただいたこと、素直に嬉しくありがたく思います。私は昨年、右膝前十字靱帯を損傷し手術、今年の8月に代表復帰戦となりました。復帰が直前になってしまい間に合うかずっと不安でしたが、ここに戻ってこられたのは、リハビリをしている間もサクラフィフティーンと繋がりを持たせ続けてくださったチームのスタッフとそれを受け入れてくれたチームメイト、支えてくださった全ての方のおかげです。たくさんの感謝の気持ちを胸に、応援しサポートしてくださっている方々に恩返しができるよう、必死で闘います!」

 

川村 雅未

「いつも応援ありがとうございます。サクラフィフティーンのメンバーの一員としてワールドカップに挑戦できることに大変嬉しく思っています。支えて下さった方々や応援してくださる皆様に、勇気や感動を届けられるように頑張りますので、応援のほどよろしくお願いします」


佐藤 優奈

「まずは、ニュージーランド遠征メンバーに選出していただいたこと、すごく嬉しいですしワクワクしています。私がここまで来ることができたのは、本当にたくさんの方々の支えがあったからだと感じています。試合では、この感謝の気持ちを込めて、ひとプレーひとプレーを大切に最後まで全力でやり切ります。そして、遠征中に感じたことや、経験、全てを思いっきり楽しんできたいと思います。応援よろしくお願いいたします」

 

高野 眞希

「まずはこのような素晴らしい機会をいただき感謝しています。今までたくさんの合宿を積み上げてきて、星が輝けるために夜空の暗いところをより深く、地道にトレーニングをしてきました。RWCでは自分の役割をしっかり果たして、ビッグウェーブの一部になれるよう頑張っていきたいと思います。応援よろしくお願いします!」

 

玉井 希絵

「今回RWCニュージーランド大会のメンバーに選出されたこと、大変光栄に思います。自身初めてのRWCで、特別な高揚感を感じていますが、試合での役割はいつも通り冷静で丁寧なプレーを心がけていきたいです。サクラフィフティーン全員で大きなSAKURA WAVEを起こし、プレーや結果を通してまさに『日本の女性は強い』ことを体現します。サクラフィフティーンへの沢山の応援をよろしくお願いします!」

 

吉村 乙華

「私にとってワールドカップは一度諦めかけた目標です。私は2020年に前十字靭帯断裂を経験して、まず代表合宿に呼んでもらえるようなプレーをするということが出来なくなりました。しかし、たくさんの人のサポートやレスリーヘッドコーチをはじめとするスタッフの方々のおかげで合宿に参加することができ、ニュージーランド遠征メンバーにも選出されることができました。レスリーヘッドコーチたちが与えて下さったチャンスだと思うので、自分の強みを活かしてプレーしていきたいです」

 

向來 桜子

「コロナが流行している中、世界最高峰の大会に参加できることを心から嬉しく思います。メンバーに入れたのは今までずっと応援してくれた人達、家族、一緒に努力してきたチームメイトのおかげです。まだフランカーの仕事を完璧にできるようになったわけではないですが、サクラフィフティーンのお姉さん方が色々なことに挑戦できる環境を作ってくれたこと、指摘してくれたことで前よりも成長し、ここまで来れました。まだまだ未熟ですが、今までやってきた事を信じて、チームを信じて全ての行動に責任を持ち頑張ります」

 

齊藤 聖奈

「いつも皆さんのご声援に感謝しています。私たちサクラフィフティーンがRWC2021へ良い準備をして大会を迎えることができるのも、日頃の皆さんのサポートのおかげです。また、ここまでどんな時も一緒に切磋琢磨してきたチームを誇りに思います。世界の舞台でいっしょにBig waveを起こしましょう!!」

 

鈴木 実沙紀

「ニュージーランド遠征のメンバーに選出していただきとても嬉しいです。私にとってニュージーランドは思い出の地です。留学時にたくさんの人に支えられ、ラグビーが大好きだということを日々感じなら学んだ時間があったからこそ今の私がいると思っています。感謝の気持ちとこのチームの一員でいられることに誇りをもって、1日1日を大切に、戦い続けたいと思います!」


長田 いろは

「目標にしていたワールドカップのメンバーに選ばれたことは素直に嬉しいです。個人的には2度目のワールドカップで、再挑戦したいという気持ちが大きかったので、そのチャンスを無駄にしないように5年間で培った経験を活かして大きな舞台で思いっきりプレーしたいと思います。あとはチームのみんなと大会を楽しみたいです。応援よろしくお願いいたします」

 

細川 恭子

「いつも応援していただきありがとうございます。ワールドカップでは、3年半用意してきた事を全部出します。私は、コンタクトプレーを強みとしています。タックルで大きい相手を仰向けに倒すことやジャッカルなどで、相手にプレッシャーをかけたいです。私の強みを生かして、今までで一番大きなSAKURA WAVEを起こせるように頑張ります」

 

永井 彩乃

「いつも応援ありがとうございます。私個人としては、生まれて初めてのRWC出場になります。嬉しい半分楽しみ半分、少しだけ緊張もしています。いつも遠征や試合の中では、自分の力がどこまで世界に通用するかというチャレンジャー精神で臨んでいます。今回もRWCでどこまで通じるかとても楽しみです。チームとしては、ベスト8を目指して頑張ります。応援よろしくお願いします!」

 

阿部 恵

「私はラグビーワールドカップに出場することが初めてです。大きな舞台で試合ができることが楽しみなので、たくさんのチャレンジをしたり、自分らしいプレーをしたりして、チームの勝利に貢献します。また、これまで私に関わってくださった方々への感謝の気持ちも込めて一戦一戦を全力で戦い抜きます。応援よろしくお願いいたします」

 

津久井 萌

「ニュージーランド遠征メンバーに選ばれ非常に嬉しいです。ここまでラグビーに打ち込める環境を作ってくださった会社の方々をはじめ、家族、チームスタッフ、チームメイトに感謝の気持ちでいっぱいです。この感謝の気持ちを忘れず、1つでも多く勝って女子ラグビーの価値を上げられるよう頑張ります!応援のほど宜しくお願いします!」

 

大塚 朱紗

「本当に嬉しく思います。私にとっては夢の舞台だったので、しっかり役割を果たし、チームを勝利に導けるように頑張ります。応援よろしくお願いします!」

 

山本 実

「ここまで支えてきてくれた全ての方に感謝の気持ちでいっぱいです。ワールドカップには一緒に行けなくとも、今までの活動の中でサクラフィフティーンとして共に汗を流してきたチームメイト全員のおかげで、このチームのスタンダードがあります。日本の女子ラグビーに携わってきた方々の想いをワールドカップという舞台で体現することができる一人として、全身全霊で頑張りたいと思います。応援のほど、宜しくお願いいたします」
 

今釘 小町

「私にとってワールドカップとは、大きな目標のひとつでした。ラグビーを始めた時から、日本代表として桜を背負い世界で活躍したいと思いプレーしてきました。様々な国の代表選手と試合ができるという経験を無駄にしないように自分らしさを忘れず、全力で戦っていきます!」


名倉 ひなの

「いつもサクラフィフティーンを応援していただきありがとうございます。また、ここまで支えてくださった方や今まで一緒に乗り越えてきた選手への感謝の想いを力に変えて、SAKURA WAVE旋風で世界を驚かせたいと思います」

 

伊藤 優希

「いつも応援ありがとうございます。RWCのメンバーに選出されたこと、嬉しく思います。今までやってきたことに自信を持ってプレーし、チームに貢献できるよう精一杯頑張ります。引き続きサクラフィフティーンへの応援よろしくお願いします」

 

鈴木 彩香

「SAKURA WAVEのモメンタムを作れるように、また日本の女子ラグビーがさらに発展していくように、日本代表として結果にこだわってプレーしてきます」

 

中山 潮音

「RWC開幕まで期間はまだあるので、サクラフィフティーンのラグビーができるよういい準備をしていきたいです。どんなにきつい練習でも乗り越えてこれたのはサクラフィフティーンの選手、スタッフのお陰です。今まで支えてくれた周りの人への感謝を忘れず、ニュージーランドでSAKURA WAVEを巻き起こします!日本からそして現地での応援よろしくお願い致します」
 

古田 真菜

「小さい頃から憧れていたワールドカップのメンバーに選出していただいたこと、とても嬉しいです。これまで一緒に切磋琢磨してきたチームメイトや影響を与えて下さった選手やコーチ、サポートしてくださる方々に感謝の気持ちを持って、思いっきりチャレンジしたいと思います。チームで積み上げてきたものを体現できるように頑張ります。応援よろしくお願いいたします」

 

庵奥 里愛

「今回、ワールドカップニュージーランド大会のメンバーに選出されたことを嬉しく思っています。自分の強みを活かし、後悔のないよう思い切り大舞台を楽しみます。また、今回のワールドカップでの試合を通して日本の皆さんに感動を届けたいです。そして日本の女子ラグビーの価値を向上出来るよう、精一杯戦ってきます」

 

平山 愛

「今回ワールドカップのメンバーに選ばれた事を嬉しく思っています。それと同時に、今までの過程を乗り越えてきた仲間達に感謝し、支えてくれたスタッフの皆様に恩返しするチャンスだと思っています。私の持っている力を余す事なく、全力で戦います。引き続きサクラフィフティーンの応援よろしくお願いします!」

 

松田 凜日

「ワールドカップメンバーに選出されて嬉しい気持ちと責任感を感じています。大会に向けてしっかりいい準備をして、試合を通しても成長し続けたいです。サクラフィフティーンのラグビーで、見ている人を魅了できるような試合ができるように頑張ります」

 

※コメント未達の選手については、コメント到着し次第追記いたします。

 

ニュージーランド遠征移動スケジュール

日程

9月15日(木)~16日(金)

成田空港→オークランド空港、オークランド→パイヒアへ移動

9月16日(金)~18日(日)

パイヒアに滞在

9月18日(日)~10月3日(月)

オークランドに滞在

9月24日(土)ニュージーランド代表戦

10月3日(月)~10月17日(月)

ワンガレイに滞在

10月9日(日)RWC2021プール戦第1戦 カナダ代表戦

10月15日(土)RWC2021プール戦第2戦 アメリカ代表戦

10月17日(月)~10月25日(火)

オークランドに滞在

10月23日(日)RWC2021プール戦第3戦 イタリア代表戦

以降、ラグビーワールドカップのプール戦戦績により決定