高等学校の試合におけるマウス・ガード装着の義務化について(通達)

夏合宿で高校生ラグビー部員に重傷事故が発生するなど、安全対策の一層の推進はじめ指導者、大会運営の高等学校体育連盟、協会関係者にも安全確保に対する意識をさらに強く求めていかなければなりません。

従いまして、コンタクトに十分耐えうる体力づくりや体づくりはもとより、脳震盪の予防はじめ重傷事故を防止する観点からも、平成18年度から高等学校の試合に参加する選手は、マウス・ガードを装着することを義務付けることにいたします。(平成18年3月16日 理事会承認)

購入には経費が必要ですが、重傷事故阻止対策の観点から、実施いたしますので趣旨をご理解の上、ご協力よろしくお願いいたします。

RELATED NEWS