「東アジア競技大会」試合結果(男子・女子)

12月5日・6日(7人制ラグビー競技)、香港にて行われた「東アジア競技大会2009/香港」の7人制ラグビー日本代表(男子・女子)の大会2日目の試合結果をお知らせします。

男子は決勝戦で香港と戦い26対24で勝利、金メダルを獲得。女子は決勝戦で中国と対戦し12対34で敗れ、銀メダルを獲得しました。
7人制ラグビーは本日で全日程を終了し、男子・女子ともに明日帰国します。

男子参加チーム(6チーム) 日本、中国、韓国、香港、中華台北、グアム
女子参加チーム(4チーム) 日本、中国、香港、グアム
※総当たり戦で実施

【「東アジア競技大会2009/香港」2日目試合結果】

【男子】

7人制男子日本代表・村田亙監督
「嬉しいの一言。嬉しさを通り越して感動しています。最後まで選手たちを信じていました。今日の初戦の中国戦では負けてしまいましたが、今後アジアを牽引していくためにもアジアNO.1の地位を守り続け、更なる強化を進め、世界での金メダルをめざし戦って行きたいと思います」

7人制男子日本代表・和田耕二主将
「中国に負けましたが、目標であった金メダル獲得を達成したことは、我々日本代表にとって今後に繋がる結果だったと思います。今後は、今大会の課題を修正して、世界一を目指し更なるレベルアップを図って行きたいと思います。スリランカ、香港と2週連続で続く大会に肉体的・精神的な疲れはありましたが、チーム一丸となって金メダルを取れたことは、本当に嬉しく思います」

勝利を決定づけるトライをあげた築城昌拓選手
「とにかく金メダルを取ることしか、頭にありませんでした。みんなが繋いでくれたボールを、トライしなければならないと思い必死でした、最後はみんなの気持ちが背中を押してくれました。僕自身、途中から合流したので、みんなに迷惑をかけられなかったし、何としてでもチームに貢献したいと思ってプレーしていました。金メダルという最高の結果で大会を終えることが出来て嬉しく思います」

■第2日目  第4戦 12月6日(日)11:52キックオフ (日本時間:12:52キックオフ)

7人制日本代表
12
12-7
14
7人制中国代表
0-7
(前半2T1G)
 
(前半1T1G、後半1T1G)

メンバー 1.桑水流裕策、4.フォラウ愛世、5.藤谷淳(後半2分→2.笹倉)、7.和田耕二(キャプテン)、8.山本秀文(後半5分→6.友井川)、9.末松勇喜(後半1分→12.横山)、10.築城昌拓
リザーブ 2.笹倉康誉、3.夏井大輔、6.友井川 拓、11.鶴ヶ崎好昭、12.横山伸一

【スコア】
トライ: 5.藤谷淳 2T(前半3分、5分)
コンバージョン: 5..藤谷淳 1G(前半3分)

【カード】
イエロー:10.築城(前半5分)



■第2日目  第5戦 12月6日(日)13:35キックオフ (日本時間:14:35キックオフ)

7人制日本代表
41
24-0
7
7人制グアム代表
17-7

メンバー 1.桑水流裕策(後半0分→9.末松)、2.笹倉康誉、3.夏井大輔、6.友井川 拓、7.和田耕二(キャプテン)(後半0分→12.横山)、10.築城昌拓(後半2分→4.フォラウ)、11.鶴ヶ崎好昭
リザーブ 4.フォラウ愛世、5.藤谷淳、8.山本秀文、9.末松勇喜、12.横山伸一

【スコア】
トライ: 3.夏井大輔 2T(前半0分、後半5分)、7.和田耕二 1T(前半3分)、1.桑水流裕策 1T(前半5分)、11.鶴ヶ崎好昭 1T(前半7分)、6.友井川拓 2T(後半3分、7分)
コンバージョン: 3.夏井大輔 3G(前半0分、3分、後半5分)



■第2日目  1位・2位決定戦 12月6日(日)16:45キックオフ (日本時間:17:45キックオフ)

7人制日本代表
26
12-12
24
7人制香港代表
14-12
(前半2T1G、後半2T2G)
 
(前半2T1G、後半2T1G)

メンバー 1.桑水流裕策、4.フォラウ愛世(後半7分→2.笹倉)、5.藤谷淳(後半7分→12.横山)、6.友井川 拓、7.和田耕二(キャプテン)(前半8分→9.末松)、8.山本秀文、10.築城昌拓
リザーブ 2.笹倉康誉、3.夏井大輔、9.末松勇喜、11.鶴ヶ崎好昭、12.横山伸一

【スコア】
トライ: 1.桑水流裕策 1T(前半1分)、10.築城昌拓 2T(前半7分、後半10分)、4.フォラウ愛世 1T(後半2分)
コンバージョン: 5.藤谷淳 2G(前半7分、後半2分)、8.山本秀文 1G(後半10分)



【女子】

7人制女子日本代表・黒岩純コーチ
「残念な結果だったが、選手は一生懸命戦ってくれた。中国は強かったが、決して勝てない相手ではない。今後も継続的に強化を図り、強豪相手に勝利できるようしっかりと強化していきたい」

7人制女子日本代表・辻本つかさ主将
「負けたことは正直悔しいです。しかし、これが今後に繋げる試合が出来ました。この悔しさを忘れずに女子ラグビーの発展のために、これからも頑張って行きたいと思います」

■第2日目 準決勝 12月6日12:58キックオフ (日本時間:13:58キックオフ)

7人制女子日本代表
19
7-5
5
7人制女子グアム代表
12-0
(前半1T1G、後半2T1G)
 
(前半1T)

メンバー 2.直塚史子、4.鎌多春香(後半0分→9.加藤、5.長谷部直子、6.辻本つかさ(キャプテン)、7.高橋真弓、8.中村弥生(後半4分→3.岡田)、12.井上愛美
リザーブ 1.乾あゆみ、3.岡田真実、9.加藤慶子、11.山口真理恵

【スコア】
トライ: 12.井上愛美 2T(前半4分、後半4分)、9.加藤慶子 1T(後半6分)
コンバージョン: 5.長谷部直子 2G(前半4分、後半6分)



■第2日目 1位・2位決定戦 12月6日16:17キックオフ (日本時間:17:17キックオフ)

7人制女子日本代表
12
7-15
34
7人制女子中国代表
5-19
(前半1T1G、後半1T)
 
(前半3T、後半3T2G)

メンバー 2.直塚史子、3.岡田真実(後半5分→1.乾)、5.長谷部直子、6.辻本つかさ(キャプテン)、7.高橋真弓(後半8分→8.中村)、9.加藤慶子、12.井上愛美
リザーブ 1.乾あゆみ、4.鎌多春香、8.中村弥生、11.山口真理恵

【スコア】
トライ: 5.長谷部 1T(前半3分)、2.直塚史子 1T(後半8分)
コンバージョン: 5.長谷部 1G(前半3分)




12月5・6日(7人制ラグビー競技)、香港にて行われている「東アジア競技大会2009/香港」の7人制ラグビー日本代表(男子・女子)の大会1日目の試合結果をお知らせします。
男子は6日11:52より対中国戦が第1試合。女子は本日の結果により2位となり、グアムと12:58より準決勝に臨みます。

男子参加チーム(6チーム) 日本、中国、韓国、香港、中華台北、グアム
女子参加チーム(4チーム) 日本、中国、香港、グアム
※総当たり戦で実施

【男子】

■大会規定番号
1.桑水流裕策、2.笹倉康誉、3.夏井大輔、4.フォラウ愛世、5.藤谷淳、6.友井川拓、7.和田耕二(キャプテン)、8.山本秀文、9.末松勇喜、10.築城昌拓、11.鶴ヶ崎好昭、12.横山伸一



■第1日目  第1戦 12月5日(土)10:44キックオフ (日本時間:11:44キックオフ)

7人制日本代表
19
12-5
5
7人制中華台北代表
7-0
(前半2T1G、後半1T1G)
 
(前半1T)

メンバー 1.桑水流裕策、4.フォラウ愛世(後半6分→2.笹倉)、5.藤谷淳、7.和田耕二(キャプテン)、8.山本秀文(後半5分→6.友井川・出血交替)、9.末松勇喜(後半3分→12.横山)、10.築城昌拓
リザーブ 2.笹倉康誉、3.夏井大輔、6.友井川 拓、11.鶴ヶ崎好昭、12.横山伸一

【スコア】
トライ: 7.和田耕二 1T(前半1分)、4.フォラウ愛世 1T(前半3分)、9.末松勇喜 1T(後半2分)
コンバージョン: 5.藤谷淳 1G(前半1分)、8.山本秀文 1G(後半2分)



■第1日目  第2戦 12月5日(土)13:06キックオフ (日本時間:14:06キックオフ)

7人制日本代表
17
5-0
5
7人制香港代表
12-5
(前半1T、後半2T1G)
 
(後半1T)

メンバー 1.桑水流裕策、4.フォラウ愛世(後半3分→2.笹倉)、5.藤谷淳、7.和田耕二(キャプテン)(後半3分→6.友井川)、8.山本秀文、10.築城昌拓、12.横山伸一(後半4分→3.夏井)
リザーブ 2.笹倉康誉、3.夏井大輔、6.友井川 拓、9.末松勇喜11.鶴ヶ崎好昭

【スコア】
トライ: 7.和田耕二 1T(前半6分)、4.フォラウ愛世 1T(後半1分)、12.横山伸一 1T(後半3分)
コンバージョン: 5.藤谷淳 1G(後半3分)



■第1日目 第3戦 12月5日(土)15:28キックオフ (日本時間:16:28キックオフ)

7人制日本代表
19
7-12
12
7人制韓国代表
12-0
(前半1T1G、後半2T1G)
 
(前半2T1G)

メンバー 1.桑水流裕策、4.フォラウ愛世(後半6分→2.笹倉)、5.藤谷淳、7.和田耕二(キャプテン)、8.山本秀文、9.末松勇喜(後半1分→12.横山)、10.築城昌拓
リザーブ 2.笹倉康誉、3.夏井大輔、6.友井川 拓、11.鶴ヶ崎好昭、12.横山伸一

【スコア】
トライ: 10.築城昌拓 1T(前半6分)、12.横山伸一 2T(後半3分、4分)
コンバージョン: 5.藤谷淳 2G(前半6分、後半3分)



【女子】

■大会規定番号
1.乾あゆみ、2.直塚史子、3.岡田真実、4.鎌多春香、5.長谷部直子、6.辻本つかさ(キャプテン)、7.高橋真弓、8.中村弥生、9.加藤慶子、11.山口真理恵、12.井上愛美



■第1日目 第1戦 12月5日10:00キックオフ (日本時間:11:00キックオフ)

7人制女子日本代表
0
0-17
24
7人制女子中国代表
0-7
-
 
(前半3T1G、後半1T1G)

メンバー 3.岡田真実(後半2分→8.中村)、5.長谷部直子、6.辻本つかさ(キャプテン)、7.高橋真弓、9.加藤慶子(後半2分→4.鎌多・出血交替)、11.山口真理恵、12.井上愛美(後半2分→2.直塚)
リザーブ 1.乾あゆみ、2.直塚史子、4.鎌多春香、8.中村弥生

【スコア】
トライ: -
コンバージョン: -



■第1日目 第2戦 12月5日12:00キックオフ (日本時間:13:00キックオフ)

7人制女子日本代表
50
24-0
0
7人制女子グアム代表
26-0
(前半4T2G、後半4T3G)
 
-

メンバー 4.鎌多春香、5.長谷部直子、6.辻本つかさ(キャプテン)、7.高橋真弓、8.中村弥生(後半0分→1.乾)、11.山口真理恵(前半6分→2.直塚)、12.井上愛美
リザーブ 1.乾あゆみ、2.直塚史子、3.岡田真実、9.加藤慶子

【スコア】
トライ: 4.鎌多 1T(前半0分)、5.長谷部 1T(前半1分)、12.井上 3T(前半3分、4分、後半0分)、2.直塚 2T(後半3分、7分)、3.岡田 1T(後半6分)
コンバージョン: 5.長谷部 5G(前半0分、1分、後半0分、3分、6分)



■第1日目 第3戦 12月5日14:22キックオフ (日本時間:15:22キックオフ)

7人制女子日本代表
7
7-5
5
7人制女子香港代表
0-0
(前半1T1G)
 
(前半1T)

メンバー 2.直塚史子、3.岡田真実、5.長谷部直子、6.辻本つかさ(キャプテン)、8.中村弥生(後半0分→7.高橋)、9.加藤慶子、(後半0分→4.鎌多)、12.井上愛美
リザーブ 1.乾あゆみ、4.鎌多春香、7.高橋真弓、11.山口真理恵

【スコア】
トライ: 4.鎌多 1T(前半4分)
コンバージョン: 5.長谷部 1G(前半4分)



RELATED NEWS