「セブンズ フェスティバル 2010 in TOKYO」JAPAN SELECTキャンプリポート

「セブンズ フェスティバル 2010 in TOKYO」
●4月24日(土)

いよいよ、明日25日、セブンズフェスティバル2010 in TOKYOが開催されます。
本日24日の、JAPAN SELECTの練習会場は、本番と同じ秩父宮ラグビー場。そして、7分ハーフの試合を2試合ずつこなす仕上げとなりました。
大会にはA、B、Cの3チームで出場となりますが、今日の練習マッチは急造含む4チームで実施。各チーム2試合ずつを行いました。

JAPAN SELECT Aで出場するコカ・コーラウエストの江藤選手の鋭いランニング、Bチームの神戸製鋼 今村、三洋電機 北川智といった15人制代表経験選手や、7人制日本代表の中心、コカ・コーラウエスト 築城選手の的確なプレーと周囲を鼓舞する大きな声。学生中心のCチームは正海、坂井らU20日本代表経験者が思い切ったプレーを見せ、Dチームでは体躯120kgの流経大 ヴァカウタ選手の重たい突進、大東大 テアウパ選手の柔らかいプレー、そしてトヨタ自動車 城戸選手の粘り強いディフェンスなど、その他選手もこれぞ「セブンズ」というプレーを随所で見せてくれました。

練習マッチ終了後の円陣では、
「今日の試合は、7人制の大会で言うと予選。明日が決勝になる。全チーム、優勝を目指そう」と、村田監督から一言。

7人制ラグビーが注目されるなか、明日のセブンズフェスティバルでは、男女ともにエキサイティングなプレーを見せてくれること間違いありません。大会は朝の10時から夜の19時過ぎまで。15人制とは違った、また別のラグビーの楽しさを、是非会場で味わってください。選手全員、最高のパフォーマンスで応えます。

古川リソースコーチ   松尾リソースコーチ
古川リソースコーチ 松尾リソースコーチ

岩渕コーチの指示に注目   村田監督を中心にレビュー
岩渕コーチの指示に注目 村田監督を中心にレビュー

接点の激しい攻防   120kgの巨漢! 流経大 ヴァカウタ選手。奥は神戸製鋼 小笠原選手
接点の激しい攻防 120kgの巨漢! 流経大 ヴァカウタ選手。奥は神戸製鋼 小笠原選手

7人制は、きつい!   試合後こそ、結束を
7人制は、きつい! 試合後こそ、結束を


●4月23日(金)

23日、2部練習実施

23日のJAPAN SELECTチームは、味の素ナショナルトレーニングセンターから近い、東京朝鮮中高級学校の人工芝グラウンドをお借りして、午前9時~11時過ぎまで練習。小雨の降る寒いコンディションの中でしたが、充実した練習を行うことができました。

ウォームアップで腕立てに耐える、早稲田の坂井選手   3対2のアタック・ディフェンス
ウォームアップで腕立てに耐える、早稲田の坂井選手 3対2のアタック・ディフェンス

選手たちは、味の素トレセンから東京朝鮮中高級学校までジョギングで移動し、体を温めて、ウォーミングアップを開始。
生徒の皆さんも、見たこともない大きな選手ばかりが現れたせいか、休みの時間に教室から顔を覗き込んで、声を掛けてくれたりしてくれました。

ウォームアップ後は、3対2のアタック&ディフェンスを実施。村田監督から「3対2の状況になったら、アタックの場合は、必ずトライをとりにいかなくてはいけない。ディフェンス側は抜かれないために詰めて、間合いを見なくてはいけない。まだラインが浅い」とこの練習の大切さを選手たちに伝えながら、自らボールを蹴り出し、声を掛けていました。

7人制日本代表のチームスローガンの一つは、『ハードディフェンス』。
『ディフェンス』を徹底的に叩き込んでいます。

続いて、FWとBKに分かれ、FWはスクラム練習とラインアウト。BKはキックオフの練習。ラインアウトの練習ではそれぞれのチームに分かれてサインやコンビネーションの確認を行っていました。
最後にチーム対抗でアタック&ディフェンスを行い、本日の午前中の練習は終了しました。

(トップリーグの中でも“イケメン"で有名な)トヨタ自動車ヴェルブリッツ所属の城戸選手と、法政大学所属の竹下選手の2名が昨晩、チームに合流。初めてのチーム練習にも関わらず、コミュニケーションも取れており、問題なく、チームになじんでいました。

昨日ご紹介させて頂きました大野選手も、1日おいて、すっかり他選手達になじみ、プレーでも積極的。トップリーグ選手に引けをとらず、スピード感溢れるプレーをしていました。

午後は、体育館で軽く練習。そして明日、前日練習を行い、試合に臨みます。
明日は実戦形式で2本ずつ練習ゲームを行い、本番を迎えたいと思います。

引き続きご声援のほど、宜しくお願い申し上げます。

★平日の午前にも関わらず、快くグラウンドをお貸し頂きました、東京朝鮮中高級学校さまに厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

3対2のアタック・ディフェンスの説明をする村田監督   スクラム練習
3対2のアタック・ディフェンスの説明をする村田監督 スクラム練習

キックオフは大事です。神戸製鋼・アンダーソン選手   マッサージを受ける神戸製鋼・今村選手
キックオフは大事です。神戸製鋼・アンダーソン選手 マッサージを受ける神戸製鋼・今村選手

トヨタ自動車・城戸選手(左)と法政大学・竹下選手。無事合流です   東海大学メンバーと法政・竹下選手
トヨタ自動車・城戸選手(左)と法政大学・竹下選手。無事合流です 東海大学メンバーと法政・竹下選手


●4月22日(木)

JAPAN SELECT参加メンバーが、22日に味の素ナショナルトレーニングセンターに集合。合宿スタート

4月25日に開催される「セブンズ フェスティバル 2010 in TOKYO」に向け、「JAPAN SELECT」のメンバーが22日より、東京都・味の素ナショナルトレーニングセンターに集合し、合宿が始まりました。

7人制日本代表 村田監督から挨拶   集まった選手たち
7人制日本代表 村田監督から挨拶 集まった選手たち

集合した選手の中には、昨年の「IRB TOSHIBAジュニアワールドチャンピオンシップ2009日本大会」に参加した安井選手や豊島選手(共に東海大学)、正海選手(同志社大学)、ハベア選手(天理大学)なども参加。
また、学生中心の選手の中、7人制日本代表選手の築城選手などもおり、若手と7人制ベテランが入り混じった、これからが楽しみな選手たちばかりが集合しました。

まずは、7人制日本代表の村田監督よりご挨拶。
「やるからには勝ちにいく。トップリーグ選手たちにチャレンジしていこう。一緒に戦いましょう」とこれから共に戦う選手たちに熱いメッセージを伝えました。

合宿初日、味の素トレセンのハンドボール場をお借りして、フィットネステストと軽い練習を実施しました。

まずはフィットネステストから開始。
種目は、立ち幅跳びと40mスプリント、ビープテストの3項目。
フィットネステストの結果は、村田監督の推薦でクラブチーム、タマリバクラブより参加している大野孝義選手(信州大学医学部)が、立ち幅跳び2m95cm、40mスプリントが4.9秒と、3項目のうち2項目で他選手達を抑えてトップの結果。他選手たちは、大野選手の成績を聞いて、驚きと拍手で大野選手を盛り上げていました。

大野選手は、信州大学の医学部に通い、今年の春にタマリバクラブ入りし、YC&ACジャパンセブンズ大会に参加。その高い能力が村田監督の目にとまり、今回の合宿に参加することとなりました。
練習後、大野選手は、「テレビでプレーを見ている選手がいたりと、緊張してしまいましたが、高いレベルでの練習で、いい経験となっています」とコメント。初日ということもありまだまだ緊張した面持ちでした。

フィットネステスト後は、3チームに分かれて、チーム内でのコミュニケーションをまずは図るため、アタック&ディフェンスを実施。急造チームということもあり、まずはコミュニケーションが最重要。今回、全体のキャプテンを務める築城選手(コカ・コーラウエストレッドスパークス)からは、「とにかく、恥ずかしがらずに声を大きく、たくさん出していきましょう!」と若い選手たちに激を飛ばしていました。

選手たちは、シーズンオフやシーズン初めにも関わらず、疲れた表情を見せず初日のメニューを終えていました。

JAPAN SELECTのメンバーは、25日の大会に向け、明後日24日まで合宿を行います。
25日(日)には、秩父宮で熱いご声援を宜しくお願いいたします。

ボールを使った練習もしました   コミュニケーションをとるウォームアップ
ボールを使った練習もしました コミュニケーションをとりながらのウォームアップ

立ち幅跳びの測定   ビープテスト
立ち幅跳びの測定 ビープテスト

現在、タマリバクラブ所属の大野選手   全体のキャプテンは、築城選手
現在、タマリバクラブ所属の大野選手 全体のキャプテンは、築城選手

JAPAN SELECT Bチーム、サインの確認です   小笠原選手(神戸製鋼)と北川選手(三洋電機)
JAPAN SELECT Bチーム、サインの確認です 小笠原選手(神戸製鋼)と北川選手(三洋電機)


RELATED NEWS