平林レフリー「ワイカト長期レフリー派遣」活動報告3

平林泰三 日本協会公認 A級レフリー
ワイカトは、青空が覗く日が多くなってきましたが、朝霜が降り冬のまっただ中です。 いよいよITMカップ(NPC)が始まり、クラブラグビーシーズンはセミファイナルの週を迎えました。激しい試合と、過密スケジュールにより、非常に難しい大会となっています。ニュージーランドでの遠征期間もすでに半分を過ぎていますが、残り期間も充実した日々を送られるように努力を重ねたいと思います。 レフリー活動を以下の通りご報告します。 ○レフリー担当試合
1)プレミアシップ A
試合結果: オールドボーイズ 41-17 ティアムツ
オトロハンガ 51-3 テラパ
2)プレミアシップ B
試合結果: ハミルトンマリスト 16-13 オールドボーイズ
3)ワイカトドラフト プレート準決勝(プレミアA)
試合結果: ティアムツ 32-27 ハミルトンマリスト
4)プレミアシップ ディビジョン1A
試合結果: サザン・ユナイテッド 59-0 レーミントン
 
平林レフリー「ワイカト長期レフリー派遣」活動報告3
プレミアA、オールドボーイズ vs ティアムツ
 
平林レフリー「ワイカト長期レフリー派遣」活動報告3
プレミアA、ティアムツ vs マリスト
 
○ITMカップ アシスタントレフリートレーニング
7月の実施:6日、12日、27日、29日
講師: ポール・ホニス(元IRBパネルレフリー)
アシスタントレフリーグループ: ダミアン・ボサウェイ、アーロン・パターソン、グラント・スチュワート、グラント・コトレル、ポール・ヘッド、平林泰三 計6名
ITMカップ(NPC)の開幕と同時に、アシスタントレフリーの研修会が始まりました。トレーニングは、ワーキンググループ形式で行われており、試合映像を使ったビデオ検証や、お互いにアシスタントレフリーをアセスメントしながら後ほどインタビューをするやり方が取られています。
平林レフリー「ワイカト長期レフリー派遣」活動報告3
アシスタントレフリーセッション
  研修内容: ポジションニングについて
  • トライアングル・ポジショニング レフリーと2人のアシスタントレフリーが、常に三角形になるフォーメーションを取り、視野が重ならないように注意する。
コミュニケーションについて
  • リレーションシップ レフリーとアシスタントレフリー間、また、アシスタントレフリー間で、厳しい状況でもスムースに対応が出来るように、信頼関係を築く機会を多く持つ。試合前に、カフェに行く、宿泊があれば夕食を一緒に取る等。
  • インフォーメーション レフリーの必要な情報がいつでも入れる事が出来るように、常に良いポジショニングに気を使う。プレーの停止時に、フィードバックする。
  • シグナル はっきりとシグナルする。また旗を上げる/下げるタイミングも充分に気をつける必要がある。
○ニュージーランドスクールズ大会
開催日時: 2011年7月26日・28日
開催会場: セントポールカレッジ1
参加チーム: オークランドブルーズU18、ワイカトチーフスU18、ウェリントンハリケーンズU18、サザンU18
レフリー: ロバート・パークス(オークランド)
ライアン・ニクソン(ノースハーバー)
ジュリアン・シュツタク(ノースハーバー)
ポール・ヘッド(ワイカト)
アシスタント: ダミアン・ボサウェイ(ワイカト)
カイル・ハリス(オークランド)
アンガス・メイビ(オークランド)
平林泰三(ワイカト)
担当試合: 準決勝:ブルーズ 28-27 ハリケーンズ
3位決定戦:ハリケーンズ 20-7 サザン
 
平林レフリー「ワイカト長期レフリー派遣」活動報告3 平林レフリー「ワイカト長期レフリー派遣」活動報告3
ニュージーランドスクールズ大会 U18チーフス
  スーパーラグビーのアカデミーチームとして位置づけられている、18歳以下の代表チームによる全国大会が開催されました。光栄にも、2試合のアシスタントレフリーを担当させて頂き、将来のスーパーラグビーやオールブラックスで活躍する事が約束されている選手達の素晴らしいパフォーマンスを身近で感じる事が出来ました。 また、U18チーフスのトレーニングキャンプに帯同し、スクラムトレーニングやラインアウトトレーニング等を、他のリソースコーチ達と一緒に行ってきました。特に、スクラムトレーニングにおいては、エンゲージメントのタイミング、ボディシェイプ、ユニットとしての押し方の修正とパフォーマンス向上を目指しました。
○ハーレクインズ トライアル合宿
開催期間: 2011年7月21日から23日
開催会場: セントポールカレッジ
スケジュール: 21日 集合、ミーティング、スキルトレーニング
22日 ユニットトレーニング、シナリオトレーニング
ゲームストラクチャ/パターントレーニング
23日 セレクションマッチ
 
平林レフリー「ワイカト長期レフリー派遣」活動報告3
ハーレクインズトライアル
  1938年に創設された歴史のあるニュージーランド・ハーレクインズ代表のトライアル合宿が行われました。今年は、シニア代表が結成されないので、17歳以下の代表のトライアルが行われ、代表選手に選ばれたチームは、国内遠征が待っています。 約50名の選手達が招集をされ、25名へ絞られるトライアル合宿でしたが、期間中には、自分を含めての各分野でのエキスパートであるリソースコーチが招かれ、セッションが行われました。私は、主に、フォワードセッションと、シナリオトレーニング、セレクションマッチを担当しました。

RELATED NEWS