大学選手権決勝(1/9)マッチレポート(帝京大学 33-26 東海大学)

フォトギャラリーはこちら


時計は後半22分となっていた。スコアは帝京大19-19東海大と、両チーム一歩も譲らない接戦が続く。

試合開始直後から帝京大の選手に突き刺さるタックルを繰り返していた東海大CTB鹿尾貫太が帝京大CTB矢富洋則にタックルに入ったところで、起き上がれなくなった。心配する東海大ファンが注目する中、鹿野は起き上がりジャンプしてケガは何もないことをアピール、帝京大のラインアウトでプレーが再開した。

このラインアウトを帝京大LO姫野和樹がクリーンキャッチすると、FWでラックを繰り返し、アタックを継続する。ラックから出たボールを受けたSO松田力也に東海大LO李昇剛が突き刺さるが、松田はボールをFL飯野晃司にパス。鹿尾が再び飯野に突き刺さるが、ボールはNo.8ブロディ・マクカランにつながれ、さらに左サイドにフォローしたWTB吉田杏につながった。FW出身のWTB吉田は馬力ある走りでそのままインゴールに飛び込んだ。松田のゴールキックも決まり、帝京大26-19東海大と、後半24分に初めて帝京大がリードした。

その後、30分には、ラインアウトからの攻撃から帝京大SO松田が左コーナーへ大きくキックをすると、帝京大WTB竹山晃暉と東海大FB野口竜司がボールをチェイス。インゴールで2人が競り合いながらボールを押さえたが、戸田京介主審は竹山のトライを認定。ゴールも決まり、残り10分でリードを14点差に拡げ、帝京大の勝利が見えてきた。

しかし、最後まで勝利をあきらめない東海大は、最後の10分間、ゴール前に進むとスクラムでの攻撃にこだわり、35分にスクラムトライを取り、7点差まで詰める。 残り5分、観客席からの「トウカイダイ!」の応援の大歓声の中、同点のトライをめざし、東海大フィフティーンが敵陣に攻め込むが、帝京大も集中したディフェンスを見せ、東海大の追加トライを許さず、ノーサイドとなった。

この日、東海大は試合開始直後からFWでのスクラム勝負にこだわり、前半6分、17分と敵陣ゴール前スクラムからFWが2トライを連取。スコアを0-14とし、今年の帝京大に勝つには、この戦い方しかないだろうという思い通りのスタートを切っていた。しかし、帝京大フィフティーンはこれで決して下を向くことなく、SO松田の好判断によるキックを使ったアタックでトライチャンスをつかみ、34分にマクカランがトライ。39分には帝京大の好ディフェンスからターンオーバーで得たボールをフェイズを重ねてゴール前に持ち込み最後は矢富がトライ。ハーフタイムには「とても元気に帰ってきた」(岩出監督)フィフティーンに、岩出監督から「ダメージを楽しもう。しんどい時間を楽しもう」と声を掛け、その選手たちが「楽しみがチームの行動を変える」ことを実行できるメンタルな強さが、この試合の勝利につながったのだろう。

両チームとも突き刺さるタックルを繰り返し、無駄な反則はせず(反則数:帝京大6、東海大2)、素晴らしいラグビーを見せてくれた80分間だった。東海大にとっては残念な結果となってしまったが、この日13,776人の観客は80分間、気を緩めないプレーを続けた両チームのフィフティーンに大きな拍手を送りつづけていた。
帝京大はこれで、大学選手権8連覇。「短い練習時間の中で、スクラムの練習には時間をあまりかけていなかったが、来年はスクラムも強くする」(岩出監督)という帝京大に対して、他の大学チームの挑戦がまた1年続く。
(正野雄一郎)

RELATED NEWS