(追加)日本ラグビー協会「新ビジョン」・「ブランドステートメント」・「戦略計画」

公益財団法人日本ラグビーフットボール協会(会長 岡村正、東京都港区、以下「JRFU」)は、ラグビーワールドカップ2019、2020年東京五輪に向けた新たなロゴやブランドステートメントを含む新戦略計画を決定いたしましたので、お知らせします。

戦略計画は当初2010年に策定しておりましたが、その後、ラグビーワールドカップ2019日本大会や2020年東京五輪の開催が決まるなど、日本ラグビー界を取り巻く環境の変化を鑑みて内容を見直したものです。今後は新しい戦略計画の目標達成に向けて、今まで以上に日本代表チームの強化、ジャパンラグビートップリーグの活性化、普及・育成の環境整備、新規事業の展開、レフリーの育成などを積極的に行い、ラグビーファミリーの拡大を目指していきます。

新しいロゴやステートメントにつきましては、こちらをご参照ください(PDFが開きます)。
また、「普及戦略2016-2020」については、こちらをご参照ください(新規ウィンドウが開きます)。

(以下、4月19日追記)

公益財団法人日本ラグビーフットボール協会(会長 岡村正、東京都港区、以下「JRFU」)は、2月20日に発表いたしました新戦略計画の追加事項として、「日本ラグビー戦略計画2016-2020」を4月19日に発表いたしましたので、お知らせします。

「日本ラグビー戦略計画2016-2020」については、こちらをご参照ください(PDFが開きます)。

RELATED NEWS