U-15ジュニアラグビー競技規則の改訂、並びに中学生選手の重複登録のガイドラインの変更について(通達)

下記の通り「U-15ジュニアラグビー競技規則」を改訂、並びに「中学生選手の重複登録のガイドライン」の変更をし、これを2018年4月1日から施行いたします。
関係者各位へ周知徹底いただけますようよろしく願い申し上げます。


U-15ジュニアラグビー競技規則の主な改訂箇所

  1. WORLD RUGBY競技規則2018と条文の番号、記号、文書の体裁を合わる。
  2. 競技規則第5条試合時間5.6延長時間を本則に統一のため削除
  3. 競技規則第10条不正なプレーを第9条不正なプレー【危険なプレー】30で記載。
  4. 競技規則第19条スクラム定義の記述を削除。
  5. 競技規則第19条スクラム【スクラムにおける危険なプレー、および、制限】において【Original⑨】a~f,hを本則に統一のため削除。
  6. 第22条その他規定【Original⑨】=7人制共通(原則)=を追加

中学生選手の複数登録のガイドライン(改正内容)

日本ラグビー協会規程「チーム登録等に関する規定」第3章チーム登録の手続き(重複登録の禁止)に基づく、中学生選手の複数登録ガイドについて下記のとおり改正を行う。

(改正内容)
「複数登録の制限については、男子・女子共に中学校1チーム、スクールまたはジュニアラグビークラブ2チームまで登録することができる」

※複数登録可能な最大チーム数を明確化。
※詳細は(公財)日本ラグビーフットボール協会公式ウェブサイト中のラグビーファミリーガイドを参照のこと。


RELATED NEWS