公益財団法人日本ラグビーフットボール協会(会長・岡村正、東京都港区)は、「太陽生命カップ2018 第9回全国中学生ラグビーフットボール大会」を開催いたします。

本大会は、中学生チームの競技の機会を増加させることで、チーム及び競技者の増加並びに競技力の向上に寄与すると同時に、U15世代ラグビーに携わる指導者の質の向上を図り、本大会を通して将来の日本ラグビー界を担う人材の育成を促進すること、さらには中学生プレーヤーをはじめ、関係する中学生が健全な社会を形成する者として必要な資質を得られるよう働きかけることを目的としています。

今後も、U15世代の選手にとってラグビーへのモチベーションが高まり、選手・指導者・U15世代のラグビーに携わる方々の希望となる大会を目指していきます。

 

■大会概要

名  称 太陽生命カップ2018 第9回全国中学生ラグビーフットボール大会

主  催 (公財)日本ラグビーフットボール協会

共  催 水戸市、(公財)水戸市スポーツ振興協会

主  管 関東ラグビーフットボール協会、茨城県ラグビーフットボール協会

特別協賛 太陽生命保険株式会社

協  賛 株式会社ヒト・コミュニケーションズ、株式会社シミズオクト、全国餅工業協同組合(予定)

後  援 スポーツ庁、茨城県、茨城県教育委員会、水戸市教育委員会、(公財)茨城県体育協会、    

     水戸市スポーツ協会、読売新聞社(予定)

期  日 2018年9月15日(土)・16日(日)・17日(月) 

〔9月15日(土)〕 代表者会議、≪大会第1日≫1回戦

〔9月16日(日)〕≪大会第2日≫ 2回戦、女子1回戦・2回戦

〔9月17日(月)〕≪大会第3日≫ 決勝戦・3位決定戦・順位戦、女子決勝戦・3位決定戦・順位戦

 

会  場 ケーズデンキスタジアム水戸(水戸市立競技場)、

     ツインフィールド(水戸市立サッカー・ラグビー場)

大会組織 ・本大会の開催に際しては、団体の業務分掌を設ける。

     ・大会実行委員会、大会運営委員会を組織し、それぞれ委員長、副委員長、委員を任命する。

     ・これ等の組織をもって円滑な大会運営を図ることとする。

ブロック制と参加チーム数

  • 第1ブロックは学校課外活動の中学校チーム8チーム、第2ブロックは社会体育のラグビースクール(及びジュニアラグビークラブ)8チーム、第3ブロックは都道府県等の女子代表8チーム、合計で24チームとする。
  • 出場チームの推薦枠を三地域ラグビーフットボール協会に下記のように割り当てる。

【 第1ブロック・中学校 】8チーム(関東3・関西3・九州2)

【 第2ブロック・ラグビースクール 】8チーム(関東3・関西3・九州2)

【 第3ブロック・都道府県代表女子 】8チーム(関東3・関西3・九州2)

 

競技規則及び競技方法

1.競技規則

(公財)日本ラグビーフットボール協会制定の平成30年度U-15ジュニアラグビー競技規則による。また、「U-15ジュニアラグビー競技ガイド」を準拠する。

2.競技方法

第1ブロック、第2ブロックは12人制、第3ブロックは7人制で実施する。


3.試合時間

第1ブロック、第2ブロックの試合時間は、20分ハーフとする。第3ブロックの試合時間は、7分ハーフとする。但し、大会日程に変更があった場合は短縮される場合がある。


4.大会形式

大会形式は、第1ブロック、第2ブロック、第3ブロックともに8チームによるトーナメント戦を行うほか、並行して敗者による順位戦を実施する。


5.試合の組合せ

試合の組み合わせは出場チームが決定した時点で、主催協会で決定する。


6.スターティングメンバーの背番号

各試合において登録選手の背番号とスターティングメンバーのポジション番号が同一であることとする。


7.引き分け・次回戦への出場権

試合において同スコアの場合は、引き分けとする。次回戦への出場については、

   ①トライ数の多いチームが次回戦に出場する。

   ②トライ数が同じ場合は、ゴール数の多いチームが次回戦に出場する。

   ③トライ数・ゴール数が同じ場合は、抽選によって次の試合への出場を決定する。


8.決勝戦、3位決定戦での引き分け

決勝戦での同点引分けの場合は両チーム優勝とし、3位決定戦も同点引き分けの場合は両チーム3位とする。


9.最低選手数の要件

登録選手が傷病などにより減少し、試合に出場できる選手数が第1ブロック、第2ブロックにおいては、11名未満になった場合(チーム)、第3ブロックでは7名未満になった場合、その時点で試合を中止し不戦敗とする。


10.出場停止(レッドカード)

レッドカードを受けた選手は、原則としてその後の本大会の試合には出場できない。但し、最終決定は大会規律委員会の決定に委ねる。

 

表彰

第1・第2ブロックは、優勝・準優勝・3位チームを表彰する。第3ブロックは、優勝・準優勝チームを表彰する。

 

■太陽生命カップ2018第9回全国中学生ラグビーフットボール大会 出場チーム推薦対象試合(1stステージ)

地区

種類

1stステージ大会名

日程

場所

関東

中学

第69回関東中学校ラグビーフットボール大会

6月8日・9日・

17日

千葉県千葉市・千葉県総合スポーツセンター

埼玉県三郷市・三郷陸上競技場

中学

太陽生命カップ2018第9回全国中学生ラグビーフットボール大会 東北北海道地区中学校1stステージ

8月26日・27日

岩手県盛岡市・岩手県営運営公園

スクール

第12回東日本U15中学生ラグビークラブ大会

兼 太陽生命カップ2018第9回全国中学生ラグビーフットボール大会 ラグビースクール&女子の部 東日本地区1stステージ

6月9日・10日

千葉県習志野市・陸上自衛隊習志野市演習場内ラグビーグラウンド

女子

関西

中学

第39回関西中学生ラグビーフットボール大会

7月27日・28日・29日

岐阜県飛騨市・ひだ数河高原ラグビー場

スクール

太陽生命カップ2018第9回全国中学生ラグビーフットボール大会 関西地区1stステージ(スクールの部) 

6月30日・

7月1日

大阪府堺市・堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンター

女子

第6回関西女子中学生ラグビーフットボール(7人制)大会 兼 太陽生命カップ2018 第9回全国中学生ラグビーフットボール大会  関西地区1st.ステージ

6月9日・10日

大阪府茨木市・追手門学院大学グラウンド

九州

中学

平成30年度新島旗第31回九州中学校ラグビーフットボール競技大会 兼 太陽生命カップ2018 第9回全国中学生ラグビーフットボール大会  九州地区中学校1st.ステージ

8月1日・2日・

3日

大分県日田市・鯛生スポーツセンター

スクール

平成30年度新島杯第40回九州ジュニアラグビーフットボール競技大会 兼 太陽生命カップ2018 第9回全国中学生ラグビーフットボール大会 九州地区スクール1stステージ

8月3日・4日・

5日

大分県日田市・鯛生スポーツセンター

女子

平成30年度第1回九州女子中学生ラグビーフットボール競技大会 兼 太陽生命カップ2018第9回全国中学生ラグビーフットボール大会 九州地区女子1stステージ

8月3日・4日

大分県日田市・鯛生スポーツセンター

 

■過去の大会優勝チーム 

大会名

優勝チーム

第1回全国中学生ラグビーフットボール大会

第1ブロック(中学校)

秋田北中学校(秋田県)

第2ブロック(スクール)

つくしヤングラガーズ(福岡県)

太陽生命カップ2011 第2回全国中学生ラグビーフットボール大会

第1ブロック(中学校)

國學院大學久我山中学校(東京都)

第2ブロック(スクール)

春日リトルラガーズ(福岡県)

太陽生命カップ2012 第3回全国中学生ラグビーフットボール大会

第1ブロック(中学校)

天理中学校(奈良県)

第2ブロック(スクール)

かしいヤングラガーズ(福岡県)

太陽生命カップ2013 第4回全国中学生ラグビーフットボール大会

第1ブロック(中学校)

茗溪学園中学校(茨城県)

天理中学校(奈良県)

第2ブロック(スクール)

芦屋ラグビースクール(兵庫県)

長崎ラグビースクール(長崎県)

太陽生命カップ2014 第5回全国中学生ラグビーフットボール大会

第1ブロック(中学校)

京都市立伏見中学校 (京都府)

第2ブロック(スクール)

横浜ラグビースクール (神奈川県)

太陽生命カップ2015 第6回全国中学生ラグビーフットボール大会

第1ブロック(中学校)

天理中学校(奈良県)

第2ブロック(スクール)

伊丹ラグビースクール(兵庫県)

太陽生命カップ2016 第7回全国中学生ラグビーフットボール大会

第1ブロック(中学校)

京都市立西陵中学校(京都府)

第2ブロック(スクール)

筑紫丘ラグビークラブジュニアスクール(福岡県)

第3ブロック(女子)

東京都スクール選抜

太陽生命カップ2017 第8回全国中学生ラグビーフットボール大会

第1ブロック(中学校)

東海大学付属大阪仰星高等学校中等部(大阪府)

第2ブロック(スクール)

横浜ラグビースクール(神奈川県)

第3ブロック(女子)

神奈川女子代表